あなたが変われば、現実は変わる!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 先祖供養

先祖供養

夢でみた「過去世」のシチュエーションに、囚われる必要はありません。

夢やヘミシンクでみえてくるものは、本当にそのものズバリの実際にあった過去世かというと、必ずしもそうではありません。あくまで、そういうシチュエーションの映像を見させることで、その過去世で味わった感情を追体験する、ということが、メインです。だから、夢の中で、自分が「大金持ちだった、犯罪者だった、ひどい奴だった、神様だった」としても、それをそのまんま、「自分はそうだったんだ」と信じる必要はないんですよ。

ブロック解除での「こわい夢」をみたら、手放そう!

昨日のブログで、エネルギーワークを受けてからみる「こわい夢」は、ブロック解除の夢だから、喜んでください!とお伝えしましたが、といっても、こわいもんは、こわいですよね。気分も悪いですよね。なので、もしよかったら、ちょっと自分のガイドに向って、あるアファメーションをしてみてください。そうすることで、「夢で思い出す」だけでなく、「受け入れて手放す」ことになりますよ。

【告知】31日(木)、マモル版の「先祖解除セッション」をやりますよ!

1/31(木)に、私の「先祖解除セッション」を行います。若干名のみ、まだ受付可能ですので、もしご希望の方がいらっしゃいましたら、お申込みくださいませ!

「先祖供養セッション」3回目のご報告 その2 そして年末のご挨拶

私の3回目の「先祖供養セッション」、6人の方からお申込みをいただきました。全員ではありませんが、いただいたご報告をおつたえさせていただきますね。一応、皆様、それなりに「効果を感じた」とのご感想をいただくことができましたので、それはそれでよかったかなと。そして、今年も一年、ありがとうございました。皆様、よいお年をお迎えください!

「先祖供養セッション」3回目のご報告 その1

今月20日(水)、私としては3回目となる「先祖供養セッション」を、またまた白金台サロンにて、執り行わせていただきました。今回お申込みいただいた方は6人。同席の方はおらず、事前準備から本番まで、まったく一人でやらせていただきました。さすがに一人でやるとなると、お供物の買い出しや手配、飾りつけ・盛り付け、お線香の扱いなど、いろいろ手が回らないことが多く、これまでより時間がかかりましたね。これを最初から一人でやっている、あべけいこさんは、あらためてスゴイ!

「先祖供養セッション」0.1回をやってみた その3・感想

「先祖供養セッション」0.1回を終えてみて、依頼者からの反応はどうだったか?お2人からいただいた感想を、ちょっとご紹介させていただきます。やっぱり、当日や前後での体調不良、家族間でのケンカや争いごと、家族・親族が出てくるメッセージ性の強い夢など、典型的な「先祖供養」に伴う作用が、皆さんあるようですね。

「先祖供養セッション」0.1回をやってみた その2

「先祖供養セッション」0.1回。見えるわかる方によると、でっかい半人半獣のようなカエルの化け物が、お供物の上に、どっかり座り込んでいて、私の方をずっとにらみつけて、今にもとびかかろうとしてたそう。でも、なんとか上げることには成功したようです。よかったよかった。疲れました。

「先祖供養セッション」0.1回をやってみた その1

先日、こっそり、「先祖供養セッション」0.1回を開催しておりました(笑)。今回は、9人の方から依頼を受け、今月14日(水)に開催。基本的な流れは、先月の「ゼロ回」と同じです。前日の夜から、けっこうな襲撃を受けましたが、身請けをお願いした3社のうち、愛宕神社の勝運地蔵菩薩様についてきていただくことができました。貴重な援軍でした。

「先祖供養セッション」の後日談 何?この”タケダ”つながり

初めての「先祖供養・先祖解除セッション」を終えたわけですが、その後日談。お一人の方は、武田信玄の家系とのつながりがあるそうですが、それがついに現実世界にも現れてきて?もうお一方は、パワーフードを食べようとケーキ屋さんに入ったらまさかの・・・という展開でした。いろいろあるもんですねぇ。

「先祖解除セッション」の御礼詣り、おやおやまたまた?

初めての「先祖供養・先祖解除セッション」、翌日は疲れてぶっ倒れておりましたが、その後、なんとか回復し、身請け神社の三社、愛宕神社・赤坂氷川神社・白金氷川神社に、御礼詣りをしてきました。それぞれにまあ、ダメ出しは食らわなかったようで、とりあえずほっとしました。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © マモル堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.