こんにちは、マモルです。

『1/30先祖解除セッション』、あさって、とりくませていただきます。お受けいただく皆様、どうぞよろしくお願い致しますね。

事前のご感想・ご報告も、不思議な夢の話を中心に、たくさんいただいております。

もうけっこう、お腹いっぱいです(笑)。

そちらについては、またあらためてご紹介させていただくとして、引き続き、前回の『11/8先祖解除セッション』でいただいたご感想・ご報告、その6です。

こちらのブログ「シコリが消えた?」で、ご紹介させていただいたC子様。

時系列がちょっと前後しますが、その「前日譚」と「後日譚」みたいな話になります。

ご紹介させていただきますね。

 

【セッションから約20日後にいただいたメール】

『感想とお礼が大変遅くなってしまいましたが、「先祖解除セッション」、そしてアフターフォローとしての、2回の「F49+、浄化と変化変容促進の光」も、ありがとうございました。

私事ですが、体調不良で色々検査をした際、子宮に異常あり、ということでした。

婦人科の病院で診てもらったところ、お腹の上から触診しただけでも、しこりが解るみたいで、12月初旬に、精密検査をすることになりました。

先生曰く、「もう年内の手術は無理だから、するにしても来年かな?」ということで、手術前提なのかなと、モヤモヤしております。

では、2回目の「浄化の光」の後に見た夢を、報告させていただきます。

その前日に見た夢が、本当に気持ち悪かったのですが、壁一面に小バエと小バエの卵(白ゴマみたいな)がびっしりついていて、大量の卵から、次々に小バエが孵化してる最中でした。

私は気持ち悪くて、夫に駆除を頼んでるのですが、夫はなかなか動いてくれなくて、喧嘩してしまいました。

夢ですが、思い出すだけで、鳥肌ものです。

これは、呪術解除的なものなのかな、と思いました。

そして、「光」を送っていただいた日は、部屋が雨漏りしていて、お気に入りの洋服が、全部びちょびちょになった夢でした。

そして、一昨日、見た夢です。

子宮に溜まった、ドロドロした膿の塊を、トイレで排泄していました。

これは、今回の子宮のシコリと、関係があると思います』

 

・・・うーん、たっぷり、「呪術解除」の夢が続きましたね。

で、このメールの数日後に、「新祝詞浄化」のモニターテストをさせていただいて、例の「シコリが消えた?」という話につながっていくんですが。

それはそれとして、実は、ここからが本筋です。

その後の話になります。

 

【セッション1か月後にいただいたメール】

『実は、子宮のシコリの話の前に、大腸のポリープも見つかっていて、切除をしていました。

その際、先生から「保険申請したら、お見舞い金程度のお金はおりると思うから」と言われて、保険会社に電話をしました。

というのも、夫の度重なる入院手術を経験して、保険の見直しをして、自分の保険に、特約を付けて補充していたんですね。

その保険の特約が保証されるのが、9月の大腸胃カメラの検査数日前からだったんです。

私はそのことを忘れていたので、保険会社に確認をしたところ。

「本来なら特約がついた金額がおりますが、今回は、保証開始からすぐの請求なので、審査になります。審査によっては、特約前の金額になります」と言われてしまいました。

私も、自分が保険会社の立場なら、このタイミングは怪しむよなあ、と思い、出たとしても、たぶん本契約のお見舞い金程度のお金だろうと、予想していました。

そして、「11/8先祖解除セッション」から1ヶ月後の、12月9日。

保険会社から、私宛に封筒が届いていました。

そして、中を見てみたら。

「えっ!」と、思うほどの金額が、振り込まれていました!

夫の手術でおりた保険金よりも、多い金額でした!

しかも、おりたのが、「先祖解除セッション」の一か月後ですよ!

すぐに、ご先祖様に手を合わせました。

普通に特約がついたとしても、計算してみたら、こんな金額には、ならない感じなのです。

え、どんなからくり?

ありえない形でご褒美がくるんだなぁと、しみじみと感じました。

ありがとうございました』

 

・・・C子様、よかったですね。

おそらくですが、これ、たぶん、保険を見直して特約をつける、というタイミングのところから、すでにご先祖様のサポートが、始まっていたんだと思います。

そのようにして、「11/8先祖解除セッション」に申し込んでいく流れを、すでに作られていたんでしょうね。

そこから、夢で知覚した数々の「呪術解除」、そして実際の「シコリの消失」へと、つながっていったんだと思います。

おりた保険金も、「ちょっとこうはならないはず」というほどの予想外の金額だったようですが、ご先祖様からのご褒美として、ありがたく受け取っておけばいいのではないでしょうか。

こんな風に、思ってもみない形で、サポートが入ってくるのも、また「先祖解除セッション」らしい出来事だったかと思います。

今回お受けいただいている皆様にも、必要な方には、こういうことが起こっていくように、しっかりとりくませていただきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル