こんにちは、マモルです。

『新祝詞浄化・年末年始SP~2022年をエネルギーMAXでスタートするために』、単発での『お年玉企画』の分も含めて、さっそくたくさんのご感想・ご報告をいただいております。ありがとうございます。

特に、昨日のブログの「女性性の抑圧」に関する部分については、たくさんの共感の声をいただいております。このテーマについては、また回をあらためて、ご紹介させていただきますね。

その前に、そもそも、今回のセッションのメインは、「身体的・肉体的パワーチャージ、エネルギーチャージ」というところにありましたので、ちょっとそこに沿ったようなご報告を一つ。

ご主人様と一緒にお受けいただいた、S子様。

ご主人様は、ちょうど昨年末に、肩の手術をされて、その術後の痛みが続く中での、5回のセッションとなっていました。

ご主人様の部分だけ抜粋した形で、ご紹介させていただきます。

2回に分けて、メールをいただきました。

 

【S子様から、1回目(12/26)翌日にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

『夫の報告です。

昨日、夫が退院で、迎えに行きました。

これまでにもいろいろ手術を受けていて、今までの中では一番早い退院だったし、抜糸の予定も早いので、そんなに前ほどは、心配はしていなかったのですが。

会ってみると、一番しんどそうで、しかも右手が全く使えない状態(来年1月末まで完全固定)で、かなり不自由で、お箸でご飯を食べるのも、かなり苦戦しております。

術後は、痛みで、ほぼほぼ、眠れていないようです。

この手術、術後は、体を起こしているときよりも、横になったときの方が、痛みが何倍も増すのが、特徴なんだそうです。

睡魔に襲われて横になるのですが、痛みが酷くて目を覚ます、という感じで、昨日も、30分位横になっては、体を起こして椅子に座って痛みに耐える、という動作を、何度も繰り返しておりました。

ここ数日間、ずっとこんな、刻んだ睡眠をしてきたそうです。

で、昨夜のセッションの話になります。

私は、開始1時間前の22時頃から睡魔がきて、横になっていたのですが、夫もその後、睡魔がきたらしく、痛み止めを飲んで、寝ていました。

横になって、初めて3時間、まとめて寝られたみたいです。

ただその後、やはり痛みで目が覚めて、それ以降は目が冴えて、ずっと起きていたらしいです』

 

【S子様から5回目(1/11)翌日にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

5回目にして、やっと夫が、朝まで布団で、眠ることができました!(術後退院以来です)

しかも、6時間以上も、寝ていました。

これまで、セッションがある日は、布団で3時間くらいは寝られていたんですが、それが過ぎると、また元に戻っていたんです。

そして、前回の4回目(1/7)のときの話なんですが。

夫は、最初、両肩に重い石が乗っかってるみたいな感じになったそうで、「肩が重い痛い」と、言い出しました。

さらに、「身体の左半分が重だるいし、頭が痛い」と言い出し、私に、「あまりにもキツいから、さすってくれ」と言ってきました。(※ちなみに手術した肩は右です)

そして、寝ている時に、今度は、「手のひらが熱い」と言い出して、「こんなのは初めてだ」とか、一人で喋っていました。

私は眠いので、適当に返事をして、寝ていました。

翌朝、夫に、「夜、手のひらが熱いと騒いでたけど、何だったの?」と、あらためて尋ねてみると。

「最初に肩がズンと重くなった時、何か悪いものに憑かれたような感じになって、それから左側が痛み出して、“今回のセッションはキツい〜”と思いながら寝ていたら、急に手のひらが、“熱い!熱い!なんか出てきてる!”っていう感覚になって、一人で騒いでた」とのことでした。

夫曰く肩から悪いものが下っていって、手のひらから出て行った、という感じがした、とのこと。

とにかく、手のひらだけ熱かった、と話してくれました。

その翌朝は、夜に痛かった左側は、もう治っていたようです。

今回、夫は、見事にセッションにハマっていたと思いました。

最後の5回目のセッションで、やっと布団で朝まで眠ることまでできたなんて、昨日まで椅子に座って寝ていた人がねぇ…と思いました。

ありがとうございました』

 

…S子様、ご報告、ありがとうございました。

ご主人様、なんとか眠れるようになってきたとのことで、本当によかったです。

4回目のセッションで、「左肩から悪いものが下ってきて、手のひらから出ていった」というご感想ですが。

仰る通り、ご主人様の内側に入り込んで、肩に悪さをしていた何らかのものが、もう中に居続けることができなくなって、逃げだしていったのでしょう。

実際のところ、今回、多くの方が、「自分の身体から、何かが出ていく、抜けていく」というような体験をしています。

それは、「浄化」によって、内側が浄められたことで、もうそこに「ネガティブな存在」が居続けることができなくなって、逃げていかざるをえなくなってしまって、起きてきた現象なのだと、受け止めていただければ幸いです。

ただ、そのプロセスに関して、ひどい痛みを伴うことは、けっこうあるみたいですね。

今回、「膿み出し」として身体の苦痛がかなりあったという方は、明確な知覚はできていないにしても、同じようなことが起きていたのかもしれませんね。

なお、出ていった後のぽっかり空いた部分には、エネルギーチャージをしたうえでしっかり塞いだつもりですので、おそらく、ご主人様、ここからの回復は、けっこう早くなるのではないかなと思います。

そう祈念しておりますね。

なお、ここではご主人様の話だけご紹介しましたが、実は、S子様も、セッションを通じて、かなりの不思議体験をされております。

長くなるので割愛しましたが、そちらはまた機会をあらためて。

では、また明日も、いただいているご感想等、ご紹介していきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル