こんにちは、マモルです。

「11/28・29 ZOOM浄化グループセッションver2(無料)⇒略してZGS」をお受けいただいた方からいただいたご感想、その5です。

今回は、「裏テーマ」の「ダークサイドとのエネルギーコードの断ち切り」に関しての知覚や気づきがあったとみられるメールを中心に、ご紹介しております。

昨日のブログの続きです。

Y子様から、その後に見たという、夢のご報告です。

 

【Y子様から、セッション5日後にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

『小さなことですが、久しぶりに、はっきりと、「呪術解除だ」とわかる夢を見ました。

セッションの影響だと思います。

夢の内容です。

職場の女性の先輩から、「これ、預かってて」と、タッパーを渡されました。

よく見ると、中にはゴキブリやゾウリムシが、沢山詰まっていました。

「なぜ、あの人は、これを私に渡したのだろう?」と考えている間にも、タッパーの中の虫が、どんどん増えていきます。

フタが開きそうに動いて、思わずタッパーを落としてしまいました。

すると、下には、コンクリートでできた水道の排水溝があり、そこに、落ちたタッパーから、たくさんのゴキブリ、ゾウリムシが、蓋を押しのけて、どんどん溢れ出してきました。

虫の感じが、妙にリアルでした。

その先輩は、少し離れた所から見ていて、「あー、溢れちゃったんだ(中身が外に出て、バレてしまったんだ)」と思っている様子。

一方、私はまだ、「何であの人がこんなものを持ってたの?」と、起きていることに、実感が湧かないでいます。

ハッと起きた途端、「それは、彼女がダークサイドだから」と、唐突に気づきがやってきました。

それでもまだ、「いやいや、そんなはずはない。確かに自分の都合がよくなるために、仕事を私に押し付けたり、陰で何かしていたりしたけれど、相談にものってくれたりしたし・・・」と、思っている自分がいます。

本当はダークサイドの存在なんだと分かっていても、ただ取られる為に動いて働き、気づいてもなお、取っていた相手を、いい人だと思おうとしてしまう。

これが呪術なのかと、愕然とします。

でも、今回のセッションで、気づけました。

気づいたら、呪術が外れたら、こんなに軽くなるんですね。

嬉しいです!ありがとうございます!

そして、このセッションの影響が、この先もあると感じるのは、現実に起こっている上司との人間関係に、また動きや展開があるからです。

夢での先輩は、職場のダークサイドとの関係の象徴のようです。

人間関係での膿み出しには、落ち込むこともありますが、全て一時的なものと俯瞰して見つめ、これからも変化や気づきを感じていきたいと思います』

 

・・・Y子様、メールありがとうございます。

うん、他に解釈のしようもないぐらいの夢でしたね。

上司や先輩が「ダークサイドそのもの」とまで言い切れるかはわかりませんが、かなり「ダークサイドもどき」「ダークサイド的傾向が強い」状態にあることは、確かだろうと思います。

セッションでは、その上司や先輩とつながるエネルギーコードそのものを断ち切るととともに、そもそもの、Y子様の中にある、「ダークサイド的存在とつながりやすい原因の核」みたいなものを、浄化し、解除・解放したつもりです。

言葉を代えれば、「呪術を解いた」ということですね。

まだまだ、多少膿み出し的なことも起きてくるかもしれませんが、これからは、そういう方々とは徐々に縁が切れていく、離れていくと思いますし、今後は、そういう被害にあったり、不当な扱いを受けたりすることも、かなり減っていく、無くなっていくと思います。

もう、Y子様は、気づいて、わかっていますからね。

ここから、人生、だんだんと変わっていくと思いますよ。

そうなっていくように、引き続き、サポートさせていただきますね。

では、明日もまた、いただいたご感想等、ご紹介していきます。

きょうも明るいほうへ  マモル