こんにちは、マモルです。

「11/28・29 ZOOM浄化グループセッションver2(無料)⇒略してZGS」をお受けいただいた方からいただいたご感想、その4です。

今回は、「裏テーマ」の「ダークサイドとのエネルギーコードの断ち切り」に関しての知覚や気づきがあったとみられるメールを中心に、ご紹介しております。

Y子様からのご感想。

実は、セッション前に、トラブル発生のメールをいただいておりました。

そこからご紹介させていただきます。

 

【Y子様から、セッション当日の朝にいただいていたメール ※一部略、一部文言整理】

『やはり、「清算」が、私にも起きているんでしょうか。

上司のミスを私がフォローしたがために、私と顧客の関係が、悪化する出来事がありました。

その気性の激しい顧客に、一対一で会ったりしたら、私は刺されるのではないだろうか?

他人の不始末を押し付けられ、いつも矢面に立たされるという呪術でもあるのだろうか?

恐怖と不安、諦め(むしろこっちが呪術?)で頭がいっぱいになり、不眠に陥っています。

セッション直前に、長々とすみません。

この現状も改善されていくといいな、と思いました』

 

【Y子様から、セッション翌日の夜にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

『始まってすぐは、緊張していたのか、何かを感じることはなかったのですが、後半になると、ウトウトと寝そうになり、夢と現実の狭間にいるような感覚になりました。

しばらくすると、夢の方へ意識が傾いていきました。

暗雲が立ち込める濃いグレーの空を背景に、ハリー・ポッターのデスイーターのようなフードを被った人たちが円陣を組み、何かをぶつぶつ呟いて、儀式を行っているかのような場面が見えてきました。(※画像はこちらからお借りました)

中世ヨーロッパ風の家々が、少し遠くに見える、広い荒れ地です。

フードを被った人達の1人が、こちらを振り返ろうとします。

でも、その顔は、フードに隠れて、影になり、見えません。

嫌な感じがして、その場から去ろうとすると、風景ごと、消えてしまいました。

・・・また、直前にお伝えした上司、そして顧客との関係ですが、周りの方に相談して、解決の見通しがつきました。

完全解決ではないものの、一対一の対応は、しなくて済みそうです。

そして、上司の見切り発車で私に指示されていた仕事も、さらに上の上司の判断で、私がやることではないということで、やらずに済むことになりました。

全て1人でやらなければ、と思っていた重荷がおりて、かなり気持ちが軽くなりました。

問題が起こった日から今日までの間にあったことといえば、このZOOM浄化セッションだけです。

ありがとうございました』

 

・・・Y子様、こちらこそ、ありがとうございました。

まず、セッション中に見えたヴィジョンですが、どう考えても、その中世ヨーロッパの時代に暗躍したダークサイド的グループでしょうね。黒魔術というか、悪魔崇拝というか。

たぶん、Y子様は、過去世の中で、このグループとのつながりがあった。

何らかの呪術を、かけられていたのかもしれません。

でも、そのコードを、今回のセッションで、しっかり断ち切ったのだと思います。

「風景ごと消えた」というのは、まさしく「つながりが断たれた」という感じですしね。

そして、翌日には、お仕事のトラブルもあっさり収まったということで、よかったです。

その全てをセッションの効果と言うつもりはありませんが、それなりの影響は、あったのではないかと思いますよ。

Y子様は、たぶんこれまで、「自分が背負うべきではないものまで背負わされる、なぜか責任をとらされる」という出来事が、けっこうあったのではないかと思います。

それこそ「呪術」のせいだったのだと思いますが、そこはもう、だいぶ、ほどけてきている感じがします。

これからは、お仕事でもプライベートでも、自分のやるべき範囲のことだけにしっかり集中して、とりくんでいくことができるのではないでしょうか。

と思っていたら、また追加のご報告をいただきます。

そちらは、また明日のブログで。

きょうも明るいほうへ  マモル