こんにちは、マモルです。

「11/8 先祖解除セッション」、すでにたくさんのご感想・ご報告をいただいておりますが、まだまだ途中経過だと思いますので、ブログでのご紹介については、慎重に様子を見ております。

一方で、同じようにどんどん送られてくるのが、直接受けたわけではないのに、いかにも、「余波が飛んでいる」としか思えない方々からのご報告

中には、「こりゃ、本番を受けたのと、ほぼ変わらないぐらいの“膿み出し”だわ」と思われるレベルのものも多いです。

というわけで、C子様からいただいたご感想です。

 

【C子様からのメール ※一部略、一部文言整理】

『もしや私も?と思ったので、メール致しました。

体調面について、時系列でまとめますと、こんな感じ。

・11月1日⇒膀胱炎のようになり、病院へ

・11月8日⇒眠くて仕方がない

・11月9日⇒8日から9日に日付が変わった夜中に、すごく頭痛がして起きる。終日調子が悪い。

・11月10日・11日⇒2日続けて、突然お腹が下る

・11月12日⇒外の給湯機が故障し、タンクからダラダラ水が漏れる

感情面では、上司に対して、めちゃくちゃ「怒り」の感情が湧き出てきて、同僚と会話するたびに、わーわーひたすら吐き出していました。

今までも嫌いでしたが、ここのところの感情の昂りは、激しかったです。

「余波」としての膿み出しだったのでしょうか。

そうであれば、思わず便乗しちゃってすみません』

 

・・・C子様、ご報告ありがとうございます。大変でしたね。

膀胱炎、頭痛、お腹くだし、水回りトラブル、「怒り」の噴出・・・いずれも、いかにも「膿み出し」的な現象ですね。

実際にお受けいただいた方からも、膀胱炎はじめ、同様の報告をたくさんいただいているので、「余波」を受けたということで、間違いはないかと思います。

で、最近気づいたのですが、「余波」として、特に「怒り」が出てくる現象が目立つのは、10月の「自分を好きになるセッション」をお受けいただいた方に、多いようで。

たぶんこれ、「私はそのような不当な理不尽な扱いを受ける人間ではない」という意味での「自己愛」が育ってきているからこそ、生じているものだと思うんですね。

これまでだったら、「不満には思うけど、我慢して泣き寝入りする」「黙って内側に溜め込む」「自分を責める」傾向が強かったのが、「自分は何も悪くない」と思えるようになってきて、それを溜め込むことなく、外に向けて吐き出せるようになってきた。

それはそれで、よくなっていくための流れの、ひとつの段階なのだと思います。もちろん、まだまだ、その先がありますけどね。

なお、こういう「セッションの余波」は、決して私が意図して行っているものではなくて(私もそこまで無償奉仕の人ではないので)、本当に勝手に起こっているものです。

ただ、それが、「そのタイミングで、それが必要な方に起きている」ということは、間違いないと思います。

ですので、「ラッキー」と思って、受け取っていただければ、それはそれでいいとは思うんですが。

「先祖解除セッション」の「余波」が飛んでいくということは、逆に言えば、やはり、「ちゃんとした先祖供養が必要だよ」というメッセージでもあると思うんですね。

それは、私や、私のガイド存在がというより、「余波」が飛んだ皆様のご先祖様たちが、求めていることなのかもしれません。

ですので、別に私の「先祖解除セッション」でなければいけないとは言いませんが、「余波」が飛んできたと自覚されている方は、ご自身のできる範囲、できるタイミングのところで、何らかの「先祖供養」は、手がけていかれるといいかと思います。

そして、先日のブログでの「親指=先祖」の話についても、これまた「私も!私も!」というご報告が相次いでおりまして・・・もうちょっと集まるようだと、その部分だけを抜き出してのブログでのご報告をさせていただくかも?しれません。

よかったら、またそのときにはご一読くださいませ。

きょうも明るいほうへ  マモル