こんにちは、マモルです。

本日、『11/8 先祖解除セッション』、予定通り行わせていただきます。

昨日まで、「事前の読経」を4日間続けさせていただき、これだけでも、けっこう大きなエネルギーが動き、多くのご先祖様にお上がりいただけたかな、と思っているところです。

正直申しあげて、募集を始めてから約2週間、大きなこと小さなこと、いろいろたくさんありました。ただ、全部終わってみないと、その意味合いが正確につかめないことも多く、またあらためてのご報告とさせていただきますね。

やり方も、これまでとはまた少しブラッシュアップして取り組みますし、とにかくきょうは、セッションに集中させていただきますね。

では、もう一つだけ、「8/17先祖解除セッション」にていただいたご感想、その7を。

思いがけず、家族が揃った、というY美様から。

 

【Y美様から、9/2にいただいたご感想 ※一部略、一部文言整理】

『大雨の中での先祖解除セッション、ありがとうございました。

なかなか報告できずにすみません。

今回は、7月の「リボーン・リスタートS」と、かなり連動しているような感じを受けました。

まず、7月の「リボーン・リスタートS」に一緒に申し込んだ母が、今回、ギックリ腰になりました。

その後のアフターフォローの「F49+、浄化と変化変容促進の光」を受けて、だいぶ痛みもひいてきたようです。

以前にも、けいこヴァールハイトさんの「先祖解除セッション」を受けたときに、母がギックリ腰になったことがあるので、母方のご先祖様の、何らかの解除・解放が進んだことに伴う「膿み出し」だろうと、思っています。

そして、今回のセッションから、3日後のこと。

結婚して他家に嫁いだ妹が、いつも子どもを預けて面倒をみてもらってばかりで、お盆もちゃんと帰れなかったからと、「お給料が出たから、夕飯おごるね!」と、家に来てくれました。

近所に住んでいるのですが、久しぶりに話をすることができて、嬉しかったです。

そして、その夜は、なんと、夢に、両親と、いま海外へ赴任中の弟が出てきたのです。

両親とは、今一緒に住んでいるので、「父方・母方双方の先祖の代表」という形で、夢に出てきたのかな、と思っています。

弟は、現実には会えないので、夢に出てきて、妹は、現実に会いに来てくれた、ということなのかも。

夢と現実とで形は異なりますが、「同じ日に家族全員が揃った」ということなのかもしれないと思うと、嬉しいです。

あと、ご先祖さまへの感謝のご挨拶を教えてもらってから、朝夜実践していますが、効いている感じがします!

大難が小難になる感じだったり、守ってもらっている感覚になります。

何より、挨拶の中で、名前をあげている両親について、ケンカをしないとか、何となく機嫌がいいとか、ちょっとした変化がわかってきて、過ごしやすいです。

これからも、続けていこうと思います。

ありがとうございました

 

・・・Y美様、こちらこそ、ご報告ありがとうございました。

夢と現実の合わせ技ではありますが、離れて暮らしている家族が、とある一日に勢ぞろい、というのは、なかなか面白い体験でしたね。

まあ、あまり解除・解放とか浄化とかいう感じの話ではありませんが、こんな風に、家族のつながり、血のつながりというものを、明確に意識できるようになる、というのも、またセッションの効果の一つです。

家族を大事にする⇒家系・親族を大事にする⇒ご先祖様を大事にすると、意識がどんどん広がっていくと、それによって、ご先祖様・家系の中にある「良きもの」が、流れ込んできやすくなります。「護り」も強くなります。

そのベースの状態が、しっかり構築されつつある感じですね。

お伝えしたご挨拶も、地道に続けていくと、悪いことが減っていく感じというか、不安や心配ごとが減って、だんだん自分が落ち着いていく感じが、次第にわかってくると思います。

すぐ終わって時間もかかりませんし、道具も何もいりませんので、まだやってみたことがないという方は、よかったら、ぜひ一日の習慣の中に、とりいれてみてはいかがでしょうか。

そして、いただいているご感想・ご報告、まだまだたくさんあるのですが、もうそのときからだいぶ時間が経過していることもあり、ブログでご紹介させていただくのは、一応これまで、とさせていただきますね。

それでは、本日、「11/8 先祖解除セッション」本番です。

しっかり取り組んで参りますね!

きょうも明るいほうへ  マモル