こんにちは、マモルです。

あす、『11/8 先祖解除セッション』、予定通り行わせていただきます。

昨日は、私自身の体験としては、もうがっつり「呪術解除」の夢を見まして、もう全身、アリやカブトムシに這いまわられました。ひー。

私がしんどい思いをするほど、お受けいただく皆様に、それだけ大きな解放が行われるという仕組みは重々承知しておりますが、やっぱりしんどいものはしんどいですね(涙)

それでは、前回の『8/17 先祖解除セッション』でいただいたご感想、その6です。

たくさんのご感想や気づきを送ってくださった、I子様から。

その中で、一番大きな気づきだったのではないかな、と思われるメールを、ご紹介させていただきますね。

 

【I子様から、8/23にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

『昨夜の寝入りばなの夢のようでしたが、Tさん家族が登場しました。

Tさんは、あるスピリチュアルの講座で、ご一緒していた方です。

講座が終了してからも、出身地が近いという共通点もあり、しばらくご縁が続いていました。

でも、その後、私が遠くへ転居した際に、その伝え方が悪かったのか、どうも気分を害されたまま、音信不通の状況になっていました。

しかし、夢の中では、そんなことも、すっかり忘れていて。

Tさんの旦那さんに頼まれて、Tさんと息子さんに同行して、どこかに出向くような夢でした。

飛行機で行くようなところらしく、「チケットは妻(Tさん)に預けてあるから、宜しく頼むね~」と、旦那さんから、会議室のような部屋で、丁重に説明を受けました。

いざ空港に向かい、一度チェックインしようとするも、忘れ物をして取りに帰るとかドタバタして、また再びチェックインしようとすると、今度は、プロゴルファーの稲見萌寧(東京五輪の銀メダリスト)がチェックインカウンターの係で、「チケットがないと搭乗できません」と、無表情にキツク言われました。

思えば、チケットはTさんが持ったままで、私はもらっていないことに気づき、Tさんを探して、ようやく封筒に入ったチケット1式をもらい、チェックインする…という展開でした。

夢のストーリーが云々というより、ここにきて、Tさんが登場したことで、私の中で引っかかっていたことが、ようやく解消されたように感じました。

2019年の春先から音信不通ですから、もう2年が経ちます。

当時一緒にやりかかっていたことが、中途半端になったまま別れてしまったことが、私の中で過剰な責任感のように膨れ上がり、果たせなかった申し訳なさから、バッシング…みたいな流れになっていたのだと、思い至ります。

この時、Tさんのみならず、私が転居していくことを快く思っていない人は、数人いました。

なので、「なんでいまここに居るんだ??」との問いかけも、自分の中でずっと続いていて、移動した際の方位的にも大凶だったので、だからやっぱり…と結び付けて、あーだこーだと、グルグルとした世界を創っていたのだろうと思います。

どうにもこうにも、いまここでの暮らしを、自分に赦して、心の底から楽しむことができていない……早く戻って取り返さなくては!!え、何を???

全くもって、「今ここ」に居ない状態でしたね。

これも自分が創っていた世界なんだ、と気づきました。

全ては、根深い「申し訳なさ」が、根底にあったんだと思い至ります。

仕事が中途半端で申し訳ない。

サポートができなくて申し訳ない。

期待に応えられなくて申し訳ない。

誇れる経歴が無くて申し訳ない。

突出した才能が無くて申し訳ない。

親孝行できてなくて申し訳ない。

・・・数え上げればキリがないほど、全てが「申し訳ない」に繋がっているなあ、と。

「これでよくぞ生きてこれたもんだ!」と思ってしまいますが、これもまた「呪術」なのでしょうか。

どうでもよいことを、後生大事に握りしめたままだったんだなあと。

でも、大きくエネルギーを動かしていただいたことで、ご供養と同時に、その感覚が、ポロっと、とれていった感があります。

焦らない、慌てない、右往左往しない、不安にならない。

そんな感覚を、今朝がたの朝日に照らされた散歩の際に、受け取りました。

全ては自分の意識から…わかりかけてきたような、そんな経過にいます』

 

・・・I子様、ありがとうございました。

大きな気づきでしたね。

そしてこれも、ひとつの「清算」でしたね。

そもそも、その「申し訳ない」という感情が、なぜ湧き上がってくるかというと、要は、「他者の気持ち」の方を、とても気にしすぎているから。必要以上に、大事にしすぎているから。

でも、その「他者の気持ち」は、直接伝えられたわけでもなく、あくまで自分が勝手に想像して、勝手に不安になって、勝手に罪悪感を感じて、勝手に「申し訳ない」と思っているだけ、なんですね。

本当にTさんが「怒り心頭」なのなら、現実的に、何らかのリアクションを起こしてくるはずです。

それがないということは、仮に怒っていたとしても、Tさんとしては、わざわざ連絡してまで伝えるようなことではない、縁が切れたならもうそれでいい、というぐらいに、考えているのかもしれません。

それを勝手に、思い悩んでしまっているだけ。

全部、自分で創っているだけ。

実際のところ、ほとんどの悩みなんて、そういうものだったりします。

ただ、その「悩みを生じさせる」メカニズムのところに、何らかの「呪術」が、入り込んできている可能性はあります。

でも、こういう夢を見て、こういう気づきをしたということは、そこにかかっている「呪術」は、もうしっかり、解除・解放されてきているのだと思いますよ。

そして、I子様には、この後、「ZOOM浄化グループセッション」や、「自分を好きになるセッション」等もお受けいただき、だいぶ「他者の気持ちではなく、まず自分の気持ちを大事にする」ということが、できるようになってきておられます。

「いまここ」を、かなり生きられるように、なってこられています。

その上で、ご先祖様全体のことも含めた、「大きな清算」にとりくんでいくタイミングを、迎えてきておられるような感じです。

ぜひしっかりご自身と向き合い、「やるべきこと」に気づいたら、それにまっすぐ取り組んでいただけるといいなあ、と思っております。

もちろん、そのサポートは、引き続き、しっかりとさせていただきますからね。

 

・・・それでは、いよいよ、あすはセッション本番です。

今日は一日、じっくり準備の日とさせていただきますね!

きょうも明るいほうへ  マモル