こんにちは、マモルです。

『11/8 先祖解除セッション』に向けていろいろ事前のとりくみをしておりますが、今回は、これまでにも増して、申し込んでいない人へも、その「余波」がたくさん飛んでいるようです。

そちらはまたあらためてご紹介させていただければと思いますが、ぜひ、そういう『余波』を感じられた方は、遠慮なく私にメールしてくださいね。

それがまた、全体の状況を、さらによくしていくことにも、つながっていきますからね。

それでは、前回の『8/17 先祖解除セッション』でいただいたご感想、その5です。

このセッション当日に、コロナのワクチン接種の2回目を受けたという、A子様。

セッションによる「膿み出し」とワクチンの副反応があわさって、しばらく大変だったようですが、それが落ち着いてきたところで見たという、夢の話です。

 

【A子様から、8/24にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

『セッションありがとうございました。

17日以降、ガッツリと、ワクチン接種の副反応の高熱・頭痛・腰痛・接種部分の赤みと痒みが続いていました。

膿み出しも加わってか、もう、「寝かされているのかな?」と思うくらいに、何も夢も見ずに、ずーっと寝続けていました。

でも、接種部分の痒みも、あと少しかな?というところまで、落ち着いてきました。

そして、夕べ、ようやく、夢を見ました。

独身時代に働いていた銀行で、仕事している夢でした。

重い金庫の扉を開けては、7~8メートルの廊下を進み、それを3回繰り返して、やっと職場に入れました。

私は窓口業務から事務職に異動してきているようで、上司?らしき人から、「もっと違う人かと思っていたけど、(そうではなくて)良かった」と言われました。

どういうことなのか聞くと、私のことを、「もっと雑な人だろう」と思っていたそうで。

それに対して、私は、「前の部署は忙しいのにフォローも無く、ただ目の前の事を処理するので必死だったから」と答えていました。

その後、仕事を終えた人が、何人か帰っていきました。

その時に、何故か、「今日は年末だ」と思いました。

そして、その上司みたいな人から、おつまみのような、お菓子なのか、お土産なのか、そういう袋を2つ貰いました。

その後、その上司はどこかに行ってしまって、「もう帰ったのかな?」と思っているところで、目が覚めました。

これが何かの解除・解放の夢なのかと言われると、「???」という感じですが、銀行にある大きな金庫の重い扉を、3回も開けて進んでいったのが、なぜか気になりました』

 

・・・A子様、メールありがとうございました。

まずは、膿み出しと副反応のダブルパンチ、大変だったかと思いますが、無事回復されたようで、よかったです。

そして、一見、あまりわけのわからない夢のようですが、これもまた、「けっこうスゴイ解除・解放の夢」ですよ。

「重い金庫の扉を3回開ける」・・・これこそ、まさに、自分にかけられていた、何らかの「厳重な封印」が、解かれてきていることを、示しています。

「封印」=「呪術」と考えてもらってもいいですが。

その結果、これまで見えていなかった、わかってもいなかった、自分の内側のより深いところにあるものが、開かれてきた。

そして、そこで、上司らしき人から「思っていたようなダメな人ではなくて、実はいい人だった」という評価が与えられたということは、封印が解かれた結果、呪術が解除された結果、これから、「様々な人間関係が、徐々に改善していく」ということを示しています。

自分が他者を見ている目線、相手が自分を見ている目線に変化が生じてくることで、これまでネガティブな方向にばかり進みがちだった人間関係が、少しずつよくなっていくことを暗示しているのだと思います。

そして、ご褒美のように、袋を2つもらった。

おそらくですが、これはたぶん、ご自身の分と、ご主人の分ですね。

そして、「年末だ」と思ったのは、これまでの「古い年」が終わって、これから「新しい年」がスタートしていく、新しい人生がスタートしていくことを、暗示しています。

ここからまた、ご夫婦の関係性をはじめ、ご家族やご近所づきあいも含めた、様々な人間関係が、変化していくと思いますよ。

・・・と、こんな感じの紐解きをメールでお送りしたところ、いただいた返信がこちら。

 

【A子様から、翌8/25にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

『返信、ありがとうございました。

確かに、私には、人と話をしていても、自分の中で違和感があって、人と馴染めないというか、人の輪の中に入って行くのを、躊躇ってしまうところがあったりしました。

今はコロナで、人との接触が難しいですが、そのことを「逆に良かった」と思っていたりして。

そんなことも解けていくのかと、返信を読んだ後にウォーキングしていたら、2回も続けて、トカゲに遭遇しました。

一緒にいた主人は、1回目は気づかなくて、2回目の時に、「何でこんなところに?」と、驚いていました。

前にもお伝えしましたが、私は、蛇とトカゲが、大大大の苦手です。

とっても怖くて、足が同じ地面についているのも怖くて、できたら浮いていたいくらいです。

過去世で何かあったのかと思うくらい、怖いです。

でも、2回も続けて見たので、これは、「呪術が解けたサイン」でもあるのかなと思っています。

蛇やトカゲに遭遇するのは怖くて嫌ですが、明るく軽く、楽しんでいこうと思います』

 

・・・はい、しっかり、現実的にも、「呪術解除」のサインを受け取っておられたようで、何よりでした。

A子様は、この後も、たくさんの「いかにも呪術解除」という夢を見られているご様子。

まだまだ解除・解放の途中、というところはありますが、一番最初にやりとりをし始めた頃のことを思うと、もう格段によくなって落ち着いてこられているのは、間違いありません。

A子様には、今回の「11/8 先祖解除セッション」も、続けてお受けいただくことになっておりまして、すでに、事前の夢のご報告も、いただいております。

さらに大きな解除・解放が進んでいくように、今回も、しっかり務めさせていただきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル