こんにちは、マモルです。

『F49+、自分を好きになる徹底浄化の光セッション』、引き続き、とりくんでおります。

とはいえ、そちらの報告は、また後程にさせていただき、本日も、事前の「祝詞浄化」のご感想を。

7月の「リボーン・リスタートS」もお受けいただいた、U子様から。

昨日のブログに続き、こちらもまた、「ご夫婦」に関係する出来事でした。

 

【U子様から10/3にいただいたメール ※一部略、文面多少整理】

『前回の申し込み時にも、セッション前からいろいろありましたが、今回もまた、ハプニングが起きています。

申し込みの翌日、我が家の玄関の鍵の調子が悪くなり、何と、2か所同時に、正常にかけられない状態になってしまいました。(今は修理してもらい、大丈夫です)

と、同時に、30年近く前のことになりますが。

夫が、マンションの鍵穴に、鍵を差し込んだまま外出してしまい、10時間以上もその状態だったことを、久しぶりに思い出しました。

そのときの深夜、妊娠中の私が、トイレに起きたところ、目の前で鍵が回って扉が開きかけ、(鍵を開けようとした誰かと)鉢合わせしかけたのです。

その後、鍵は換えてもらったけど、2日後から夫は、海外出張へ。

3歳の長女と2人だけで残され、大パニックになり、大変でした。

私は、そのときのトラウマで、鍵や戸締りに関することにものすごく神経質になってしまい、一方で、夫の方は、昨年まで、まだまだしばしば、やらかすことがありました。

潜在意識にアプローチするセラピーや誘導瞑想で、そのときに戻って恐怖心・不安を解放するワーク等を受け、今では、もう克服できていると思います。

そのような中、久しぶりに、夫がまた、やらかしてしまいました。

が。

今までみたいに、パニックになったり、怒る気にもならず、「え~、また〜」と軽く言うだけで、済ませることができました。

珍しく、夫も、素直に謝ってきました。

恐怖心や不安は出てこなかったけど、なんでダメ出しみたいに、昔のことが、また再現されたのか?

鍵、そして安全・安心に関する問題が、私と夫の間にあるのかなあ?と、思ってしまいました。

夫を許すことができるのかどうか、試されたような気もします。

その他には、現実に、蜘蛛を見ました。

また、夢の中で、職場で誰かの大変な仕事を代わりにやらされそうになっていたり、家の前の道が汚れていて、その掃除をしたりしていました。

本番前から、いろいろ動き出していて、準備を着々と整えて頂いているようで、ありがとうございます』

 

・・・U子様、こちらこそありがとうございます。

この鍵の出来事。

あくまで私の解釈になりますが。

正確なところはわかりませんが、不安・恐怖心は一応収まっていたにしても、実は、ハートにつけられていた心の傷は、まだまだ、癒えていなかったのだと思います。

そこを、「浄化」した。ハートを癒した。

また、そこにはたぶん、自分を怖い目に遭わせたご主人に対する「怒り」もまだありましたが、そこもあわせて浄化し、解除・解放した。

それに伴う現象(膿み出し)として、鍵の調子が悪くなる出来事があり、さらに、ご主人がまたやらかした。

でも、しっかり、ハートの傷が癒され浄化されたU子様は、もうそんなことで動揺することはありませんから、淡々と鍵を修理してもらうことができ、ご主人のやらかしも、あっさり許すことができた。

それを受けて、ご主人も素直に謝れた。

ご自身でも「試されたような気もする」と仰っていますが、そういう側面も、確かにあったのかもしれませんね。

いずれにしても、今回の出来事は、ご夫婦の間にまだ癒し切れずに残っていた鍵を巡るトラウマを、完全にほどくことにつながったのではないかな、と思います。

これもまた、今回のセッションの裏テーマ、「家族」「結婚(パートナー)」に関係する出来事でしたね。

その他にも、「蜘蛛」を見たということから、何らかの「呪術」の解除が行われていること、夢を通じては、自己卑下・自己否定の気持ちの解除・解放、自分の内側の全体的なお掃除が行われていることが、伺えます。

セッションを終えたとき、U子様にどのような変化変容が起こっていくのか、私も今から楽しみです。

またのご報告を、楽しみにお待ちしておりますね。

きょうも明るいほうへ  マモル