こんにちは、マモルです。

まず、お知らせです。

今週・来週とちょっと個人的にいろいろとりくんでいく予定で、ブログ更新の方は、ちょっと滞りがちとなります。とはいえ、2~3日おきには更新するつもりですので、しばしの間、お許しいただければ幸いです。

なお、いただいたメール等への返信は、できる限りさせていただきますので、そこはどうぞ、引き続き遠慮なくお寄せくださいませ。

さて、きょうの本題ですが、各種セッション等を受けていただいた後で見る、いわゆる「解除・解放の夢」に関して。

けっこう多くの方から、「いかにも解除・解放の夢だな、という夢を見ている気がするんですが、たくさんの夢を見ている気はするんですが、起きたらすぐ忘れてしまって、覚えていられないんです」というご感想をいただきます。

中には、「朝起きるとぐったり疲れていて、なんだか“寝疲れ”みたいな感じがするので、きっと何らかの夢を見ているとは思うんですが・・・」という方も。

もちろん、それぞれの方のエネルギー状態や知覚力等については、やはり大きな個人差があるのは、事実です。

でも、ヘミシンク等ではいろいろなヴィジョンが見えたりわかったり、ふだんは直感も鋭い方なのに、セッションを受けての「解除・解放の夢」に関してはどうも・・・という場合は、何らかの「ストッパー」「安全措置」が、働いている可能性があります。

何でかと言うと、「解除・解放の夢」は、えてして、「怖い夢・嫌な夢」だったりします。

で、その内容が、エグすぎたりひどすぎたり、下手なホラー映画など及ばないほどのグロテスクな物だったり、もしくは、自分の家族や大事な人を失うとか、自分にとって、非常にショッキングなテーマを含むものだったりすると。

無意識に、「その夢の内容」を、記憶から抹消してしまう、そういうケースが、けっこうあるんですね。

というのも、その夢の内容を思い出してしまうと、とてもそれに耐えられなくなって、メンタルをやられたり、体調を崩したりして、日常生活を送っていくのに、大きな影響が出てくるかもしれない。

ならば、夢は見ているにしても、その記憶にストップをかけ、思い出せないようにしてしまえばいい。

そういう、「ストッパー」「安全装置」が、無意識に作動している可能性がある、ということなんですね。

もしくは、それぞれの方のガイド存在が、「この解放については、記憶に残させない方がいい、直視させない方がいい」と判断して、そのようになっているのかもしれません。

なので、「確実に夢は見ている、でも覚えていられない」という方は、実際には、それだけの「非常に怖い夢・とても嫌な夢→大きな解除・解放につながるの夢」を見ている可能性がある、ということでもあります。

ですので、「夢を覚えていられない」ことについて、自分の知覚力が鈍いんだ、たいしたことないんだと、残念がってしまう人も多いようですが、実はそれこそ、「水面下で大きな解除・解放」が進んでいるんだ、と受け止めていただけると、少しは気持ちもラクになるかと思いますよ。

それに、ずっとその状態が続くというわけではなくて、その方のエネルギーボディがたくましく育ってきたり、メンタル面で大きく成長して、少々のことでは動じなくなってきたりすると、そのうち、夢の内容を、しっかり覚えていられるようになるかもしれませんし。

ただ、そうすると、現実生活の中で、かなりの恐怖感・嫌悪感のある夢の記憶と向き合うことになるので、ある意味、「覚えていられない方が、実は幸せ」なのかもしれません。

いずれにしても、「夢をまったく見ていない」状態よりも、「夢を見ているのは確かだけど、覚えていられない状態」の方が、ある意味、「ちゃんと解除・解放が進んでいるのは間違いない」ということでもあるので、そこは安心していただければいいかと思いますよ。

そして、「夢をまったく見ていない」という方も、実は見ているんだけれども、「見た」という事実自体を、忘れさせられているのかもしれませんね。

そういう方は、その方が、より解除・解放が、進みやすいのかもしれません。

いずれにしても、いまのその状態が、自分にとってのその時点でのベストの状態なのだと、受け取っていただけるといいかな、と思います。

人と比べるのは、意味がありません。自分にとってのベストな形で、進んでいきましょう!

きょうも明るいほうへ  マモル