こんにちは、マモルです。

「8/17先祖解除セッション」の詳しいご報告はまたあらためてとさせていただきまして、引き続き、事前からいろいろあった話。

これも「あるある」ですが、夢や現実での「G」の登場について、今回は、けっこうたくさんのご報告をいただきました。苦手な方は、ごめんなさい。

まずは、H子様から、セッションお申し込み時の8/5にいただいたメール。

H子様は、「5/25浄化・前進S」「6/24先祖解除セッション」と続けてお受けいただいておりますが、そのときのご報告を書き添えてくださったのです。

『前回の6/24の当日は、大きなGが出て、慌てました。

実は、5/25の夜にも、大きなGが出て、殺すのも嫌だし、そのままにするのも嫌で、悩んだのでした。

アパートのオーナーが変わって、ペットOKになったからなのか?ゴミのリサイクルビンなどのせいなのか?

ずっとここに住んでいて、Gに悩んだことはなかったので、ちょっと気になりました

そして、H子様からは、セッション当日の8/17にも、追加でご報告をいただきました。

その後も、何度かGを見ました。

昨日は、働いてるお店の前に死んだGが…。

そして、そして家に帰ったらバスルームにBabyのGが…』

 

続いては、I子様から、8/11にいただいたメール。

『何日頃だったかは忘れましたが、申し込み後しばらくしてから、母がお風呂に入ろうと思った時に、風呂場でGに遭遇しました。

どこから出てきたのか、気がついたら、ドアの下に、いつの間にか、いたようです。

母はGが怖くない人なので、ティッシュでくるんで捨てておりましたが、私だと、かなり大騒ぎしていたところでした(苦笑)

そして、J子様から、8/14にいただいたメール。

『数日前に見た夢です。

子供の頃の自分の部屋にいると、Gが2匹、上から落ちてきました。

そのうちの1匹が、子馬のような大きさ、形態に変わり、部屋から逃げていきました。

残りの1匹は、虫の息でした』

最後は、ご主人の名義でお申し込みくださったK子様。

まずは、8/13にいただいたメールです。

『ここ1~2週間以内の話だったと思うのですが、たまたま、夫と一緒に(たぶん、私は洗濯物の取り込みに、夫はお風呂場に用事があって)風呂場、脱衣所にいたときに、「あ!!」と、夫の叫び声が。

なになに!?と聞くと、G出現!とのこと。

小さなGが窓のところにいた、とのこと。

この夏、初G・・・G忌避剤を設置しました。その後、姿を見ていません。

夫と一緒の時に、Gを見かける、ということが、本当に珍しかったので、夫名義でセッションを申し込んでいることもあり、何かあるかな・・・と思いました

このK子様からは、セッション前日8/16にも、続けて、こんなメールが。

『息子が、「おかあさーん!玄関にG!」と、先ほど叫んでいたので、急いで処理しました。

息子、自分でできないのが情けないです・・・。

ひっくり返って動けなくなっていたので、なんだか気の毒に思ったのですが。今思うと、外に逃がしてあげればよかったかもです。

なんだか、Gばかり出る家のようですが、先日のものと、今回で、今年2回目です

さらに、セッション当日17日の朝にも。

『当日のお忙しい中、すみません。

今朝、5時ちょっと前に起床して、階段を上ろうとパッと電気を点けたら、小さいGが、階段でフリーズしていました・・・。

2日連続で出たので、これはも、セッションの影響であろうな、とは思いつつ、ただ単に、Gの出る家になってしまったのだろうか、と不安でもあります。

でも、しっかり(セッションのエネルギーが)動いているんだと、自分に言い聞かせております!

・・・いや、皆さん、大変でしたね。なんだか、すみません。

で、これは、あくまで私個人の見解になりますが、Gが出てくるのは、「浄化」のサインだと思っています。

「G」は、汚い場所にいる存在ですから、その汚い場所がお掃除されて、そこに隠れていられなくなって、表に出てくる、そんな風に捉えてもらえばいいかと。

そして、「見えない世界」のことに敏感なタイプの方の場合は、「夢」に登場してきて、逆に、夢はあまり見ない、覚えていられない、というタイプの方の場合は、現実に登場してくる(視界に入る)ケースが多いように思います。

でも、たいていの場合、あまり元気じゃないというか、すでに死にかけているケース、もしくは、J子様の夢のように、外に逃げていくケースも多いようで。

だからこそ、「浄化がきっちり進んでいる」というサインとして、受け取っていいんだと思います。

ご紹介させていただいた皆様、どうぞご安心くださいね。

ただ、現実に見た場合は、「Gは一匹いたら100匹いると思え」ということわざ(?)もありますんで、現実に何らかの対策は、取られた方がいいかもしれませんね。

しかし、よく考えたら、これだけふんだんにイラストを使っていたら、「G」と伏せ字にする意味も、あまりなかったかもしれませんね・・・「G」が苦手な方、大変、失礼致しました。お許しくださいませ。

きょうも明るいほうへ  マモル