こんにちは、マモルです。

「8/17先祖解除セッション」本日いっぱい、お申し込み受付中です。こちらのブログをご確認いただき、よろしければどうぞ。

相変わらず、「セッション連動での解除・解放の夢」も続いています。

昨日の夢は、こんな感じ。

建物の2階か3階あたりの部屋の中から、女子野球?女子ソフトボール?の練習を見ている。私は指導者なのか、マネージャーなのか、グラウンドにはいないが、何らかの関係者らしい。

練習が終わり、選手が引き上げ始める。

すると、用具を片付けるつもりなのか、選手達が放り投げたバットが、自分のいる部屋に、窓ガラスを割って、次々に飛び込んでくる。危ない。

選手たちが集まってきたところで、「危ないじゃないか」と注意するが、選手達は、「え、何がいけないの?」と、まったく気にする素振りすらない、悪いと思っていない、謝りもしない・・・というもの。

おそらくこれは、「自分は信頼している、大事に思っている身内や仲間に、理不尽に不当な扱いを受ける、ないがしろにされる」という呪術の解除。

もしくは、「ダークサイド的な身内や仲間に、いいように扱われる、気にも留められない」という状況からの解放を示す夢ですね。

そして、おそらくは、「そういう扱いを受けて、無念の思いを抱きながら亡くなっていったご先祖様達の思い」の解除・解放、なんでしょう。

ここに出てきた身内や仲間は、今を生きている皆様の現実の中での、家族だったり、親族だったり、友人関係や仕事上での人間関係を、シンボリックに現わしているのかも?しれません。

まだまだ他にもテーマが出てくるかもしれませんが、おそらくそういうところに手をかけていくセッションになるかと思いますので、気になる方は、どうぞお申し込みくださいね。

では、引き続き、前回の「6/24先祖解除セッション」にて、いただいたご感想です。

私の他のセッションはよくお受けいただいていたのですが、「先祖解除セッション」は、このときが初めてとなった、T子様。

セッション前からいろいろありましたが、セッション後は、いいこともたくさん起きてきた!とのこと。

最初は、ちょっと怖いです。

 

【T子様から、セッション前日に事前報告としていただいたメール ※一部略】

『申し込んでから、ずっと眠くて眠くて、とにかく寝てしまいます。

ご報告させてください。

今朝も、朝食の後、ぐーっと眠くなって、寝てしまいました。

そのときに見た夢です。

————

私は、友人が営む銅板(陶器?)を作るような工場で、働いているようです。

すると、私の右手の甲が、パッカリ取れました。

手の甲形(指以外の部分)で、こげ茶色のもろい陶器のように、力を入れれば、手で砕けるような硬さです。(以降、これらを「パッカリ」と呼びます・笑)

「パッカリ」は、親指の付け根(指の部分が穴が開いてる)と、他の部分で、大小2つに分かれていました。

面白くなって、工場の休憩場所のテーブルに座っている女性に、それを見せに行きました。

その女性の顔を見たら、少し痩せた、長い髪を後ろで縛った顔色の浅黒い、美しいのですが、少し埃っぽいような清潔にしていないような脂の残る肌のアジア人女性で、「あ、見たことない人だけど、この人は私のお母さんだ」と思いました。

その女性は、私の差し出した2つの「パッカリ」のうち、親指の方のパッカリを手にとって、自分の首に当てました。

そして、こう言ったのです。

「この…、この手で、あたしの首を絞めたよねえ…」って。

そう言いながら、パッカリを、ぐっと砕いたのでした。

————

ああ〜〜〜、私、お母さんにひどいことをして、恨まれたことがあるのでしょうか。

だから、実母や義母や、娘との関係が、精神的にややこしかったのでしょうか?

なにかしら、やらかしながら、生きてきているのですね。

謙虚になろうと思いました』

 

【T子様から、セッション5日後の6/29にいただいたメール ※一部略】

『セッション後は、「こんなこともあるんだな」という、驚きパレードの数日です。

一方で、これは!という夢も見ています。

ご報告します。

●セッション翌日から、人付き合いがわっと広がるきっかけが、3つ、ポンポンと発生しました。

繋がれないと思っていたような人を紹介されたとか、ふらりと映画に誘われたとか、まだ会って2回目のチャーミングな人に、一緒に活動をしたいと言われたとか。

●一昨日、ちょうど訪ねてきていた人が、めっちゃ明るいおしゃべりとともに、私のことを褒めて認めてくれて、あらためて、自分の仕事のことを、認めることができました。

それまでは、「ただのがんばりすぎ」って、思ってたのですが。

その後は、すごく眠くなって昼寝をしました。

●仕事での、滞っていた入金がありました!スッキリ!

男性(全般)に、親しみを抱く夢を見ました。

夢に出てくる男性が、ちっとも怖くないのです。

優しく寄り添ってくれたり、スポーツの技を教えてくれたり、応援してくれるのです。

私の中に長年ある、男性全般を恨むような嫌うような深層意識には、以前から気がついていましたが、それが解けていくといいなあ、と思います。

 

●そしてけさ、これは!という夢を見ました。

———–

場所は明るい白い部屋。一昔前の軽井沢のような。

オレンジ色や水色や鮮やかな蛍光色の、ニャラニャラ動く気持ち悪い生き物が、10匹ぐらいいる。

体長は5~20㎝ぐらいで、ミミズや殻のないエビのような感じ。

床にポトポト落ちている(もしかして、私から落ちた?)のを掃き集めて、白い窓枠の窓から、外に向かって投げ捨てました。

うまく払えず、何回か箒を振りました。

外は、明るいのどかな木々の生える遊歩道で、ベンチに座ってる男性が、振り返ってこっちを見ていました。

少し前に亡くなった、親族の男性に、似ていたような気がします。

———–

●そして、けさの現実です。

起きてすぐに、スマホに間違い電話がありました。

「〇〇さん?〈清掃工場〉のどこに、資材を持っていけばいい?」

おお清掃工場!!ということは、浄化完了の合図でしょうか?

 

・・・T子様、ご報告ありがとうございます。いや、すごいですね。

まず、事前の報告の夢は、まさしく、T子様とお母様の間にある「カルマ」でしょう。

おそらくは、過去世で、何度か、お互いに殺したり殺されたりしているのだろうと思います。

でも、それが解放されてきたことを、夢で知覚したのだと思います。

実際のところ、夫婦や家族は、過去世で何度も立場を変えながら、結びついているケースが多いです。

殺したり殺されたりを繰り返す、憎しみ合うというパターンもよくあって、それを解消していくことが、今世でまた出会わされた意味だったりするのですね。

そして、T子様がお母様との間のカルマを解消したことは、いずれ、T子様と娘さんの関係、そして、家系全体の母娘に連動して起きてきていた様々なネガティブな影響力を、同時に解除・解放していくことに、つながります。

T子様、大きな前進でしたね。

そして、その解放を経たからこそ、セッション後の、「いいこと尽くし」につながってきて。

T子様が、対外的に大きく認められていく流れが、いよいよ始まってきています。

一方で、まだまだ「呪術」の影響が残っているところもありますが、これもどんどん、ほどけていっていますから。

T子様からは、実はこのメールの後にも、たくさんの「呪術解除の夢」のご報告をいただいておりますが、その分だけ、どんどんよくなってきている、ということ。

この先が、本当に楽しみですね。

T子様は、クリエイティブなお仕事をなされていますので、これからどんな風に大きく世に出ていかれるのか、私も大変楽しみにしています。

T子様のこれからのご活躍・ご発展を、応援しておりますね!

そして、「8/17呪術解除セッション」、本日まで、お申し込みを受け付けておりますよ。

今回は、お盆期間中の「読経」等も予定しておりますので、ちょっと特別な感じになってきそうです。

よろしければ、どうぞお受けくださいませ!

きょうも明るいほうへ  マモル