こんにちは、マモルです。

引き続き、「F49+、浄化とリボーン・リスタートの光セッション」で、私がやったことの報告、その3です。

24日(土)の夜に、セッションのメインでもあった、「浄化とリスタートの光」を、早々にお送りさせていただきまして、もうこの後は、事後の調整の遠隔を送っていけばいいかな、と考えたりしていたのです。

が。

翌25日の明け方、私が見た夢が。

「大きな祭壇に向けて、私が読経をしている夢」でした。

私の家は、両親ともに長男長女ではなく、どちらも実家を継ぐ立場ではなく、いわゆる「本家」の仏壇は、親戚の家にあります。

で、どうやら、父方の本家にある仏壇にむけて、私が読経をしているシチュエーションなのですが、それにしては、実物より、かなり大きい。

部屋も、本家の仏間というより、どこかのきちんとした葬祭場・ホールのような感じ。

そこで気づきました。

「あ、これ、お申し込みの皆様のご先祖様の分も引き受けての、合同先祖供養だ」と。

では、なんでこんな夢を見たのかを考えてみると。

どうやら、ここから第2チャクラをさらに活性化させていくためには、そのポテンシャルを大きく引き出していくためには、やっぱり、「先祖供養」も、必要な部分があるようで。

一昨日のブログでも少し触れましたが、第2チャクラには、一皮むくと、「ご先祖様のネガティブ体験」も、しっかり受け継がれて、入り込んでいたりします。

ですので、ここの部分のケアを無視したままだと、やっぱり、ある程度のところで、「頭打ち」になるような感じがするのですね。

それをふまえて、見えない世界の方で、「合同先祖供養会」的なものが行われ、それを私が代表して、夢で知覚した、ということだったようです。

いや、びっくりしました。

そして、「たぶんこれ、実際にやれということでもあるんだろうな」と思いましたので、この25日(日)のお昼は、ごく簡単なしつらえではありましたが、自宅でお線香とロウソクを用意し、私の方で、お受けいただく皆様のご先祖様に向けて、実際にお経をあげさせていただきました。

お供物こそはありませんが、「ミニミニ先祖解除セッション」という感じになりましたね。

これで、第2チャクラの浄化が、さらに進んだはず。

それをふまえて、3日目の25日(日)の夜は、その状態を、さらに大きく広げていくために、基本となる「F49+、浄化と変化変容促進の光」をお送りすることにしました。

すると翌日、いかにも「先祖解除セッション」の際に見そうな夢のご報告を、いくつかいただきました。

 

●『これまでとは違うパターンの夢を見ました。

お散歩を終えて、外から家に帰ると(帰った家は婚家の実家)、親戚を含め、知らない人も、たくさん集まっていました。

居ずらいな〜と思いながら、人と関わらなくてもよさそうな、ピアノの前に座っていると、「夜の宴会用に、クイズを用意してくれる?」と頼まれました。

「自分には出来ない!」と思って、固まってしまいました。

また、場面が切り替わり、今度は、自分の父親が死ぬ、という夢を見ました。

これは細かいところまでは覚えてなくて、父が死んでしまった、と思ったら目が覚めました』

 

 

●『毎晩、いくつもの夢を見てる!!とは感じているのですが、起きると何も覚えていません。

ただ1つだけ覚えているのが、お仏壇なのか、祭壇なのか、誰かが拝んでいる後ろ姿を、私が少し斜め後ろから見ている…というもの。

母方の誰かかな?主人実家の誰かかな?知ってる人みたいだけど、誰だろう?と、モヤモヤした気持ちが残った夢でした』

 

●『早朝の夢が、虫ばかりで、気持ち悪かったです。

私の実家の台所、流しの前の窓辺のスペースに、蟻がいっぱい歩いていて、よく見たら、ある場所が、穴か巣みたいで、そこから、蟻がどんどん泉みたいに湧き出ていました。

場面変わって、今の自宅の洗面所の下の収納スペースを開けたら、また、蟻がたくさんいて、さらに、胴体が緑で羽が長めの大きな蚊トンボみたいな虫も、たくさん張り付いてぶら下がっていました。

掃除機でそれを吸ってみるが、掃除機の先のT字型のところに、べちゃーとその虫たちがへばりついて、吸わないし、取れない。

気持ち悪いーと思っていたら、なぜか、亡くなった母がいて、「イヤー大変ねー」みたいに見ていました。

今までにも、たくさんの「虫が出てくる夢」は見てきましたが、今回は、数が最も多かったです。

でも、これまでのような、暗い怖い感じ、というよりは、私の方が、「もー、何よー、やっつけるからねー」と、戦うモードになっていました』

 

・・・はい、それぞれの方には、すでにメールで返信済ですので、細かい夢の紐解きは控えますが、いかにも「先祖解除」的な夢ですね。

特に、3番目の方の夢は、「呪術解除」的なところも含まれています。

ただ、その夢を見て、それまでの「怖いモード」から、「撃退モード」になっているあたりが、この方の大きな変化を感じました。

第2チャクラの活性化により、「前進」のエネルギーが強くなっていることで、このように、「立ち向かう」ということが、できるようになってきたのだと思います。

終わってみれば、2日間かけて調整していた第2チャクラの状態を、さらに大きく「底上げ」したんだな、という感じの3日目となりました。

というわけで、ここまで、けっこう大きなエネルギーを、3夜連続でお送りしてきたこともあり、ラスト4日目の翌26日(月)の夜は、もう事後調整の祝詞浄化でいいな、と思ったのですが・・・いや、なかなか、そうは問屋がおろしません。

続きます。

きょうも明るいほうへ  マモル