こんにちは、マモルです。

今週末まで予定しております「ZOOM浄化個人セッション」、引き続きお申し込み受付中です。こちらのブログをご確認いただき、よろしければどうぞ。

9日(金)までの平日も、細かい枠設定はしておりませんが、ご要望いただけば、できるだけ調整して対応させていただきますので、遠慮なくどうぞ。夜10時頃までにご連絡いただければ、翌日の対応も、一応可能ですよ。

それでは、昨日のブログの続きです。

N子様に、セッション前から、私が見ていたもの、感じていたものについて、お伝えしていきます。

そのやりとりは、こんな感じ。

 

【3段階での浄化が済んでからのやりとり】

(私)『さて、N子様の中の“怒りのもと”の、さらにおおもとになっていた思い込みは何かというと、、、それは、“自分は役立たずだ”という思いです』

(N子様)『あー、それは、すごい、思っています、そうなんです』

(私)『で、私に見えたものとしては、N子様の過去世なのか、それとも、N子様がつながってしまっている他の存在のものなのかわかりませんが、いわゆる“女工哀史”みたいな世界です(画像はネットからお借りしました)』

(N子様)『・・・』

(私)『もしくは、昔、飢饉のときとかに、口減らしのために、親に殺されたとか、そういう思い』

(N子様)『はあ・・・』

(私)『要は、私は役に立たないから、殺されるんだ、捨てられるんだ、役に立たないから、ひどい目に遭わされるんだ、クビになるんだ、というような思い込みがある。

すると、それは、現実世界では、私は役に立たないから、この職場から、いつクビを切られてもおかしくないんだ、捨てられてしまうかもしれないんだ、ひどいことをされてしまうかもしれないんだ、という“恐れ”につながっていきます。

そして、そこから出てきているのが、「怒り」

例えば、犬が、やたらキャンキャン吠えたり、噛みついたりする理由の一つは、「恐怖心」からだったりすることが、ありますよね。

それは、「こっちに来るな」「あっちに行け」みたいな感じで吠えているんですけど、それと同じような感覚で、職場の上司や同僚とかに、怒りが沸いてきているんですね。

根っこには、“恐れ”があるんです

(N子)『あー、私、どうしても、人に対して「囲い」を作ってしまって、普通にすーっと、人の輪の中に、入っていけないところが、あるんですよね、そういうことなんですね』

(私)『でも、きょう、そういう根本のところを浄化して、取り去ってありますので、今後は、職場でもあんまり「怒り」も出なくなり、自然体でいられて、やたら身構えたり、不用意に敵対したり、ということも、だんだんなくなっていくと思います。

すぐそこまでいかなくても、今度出勤したら、何かしら、違う感覚があると思いますので、その感覚を、ぜひ維持できるように、がんばってみてください』

(N子様)『はい、ありがとうございます』

 

・・・N子様、やりとりをご紹介させていただき、ありがとうございました。(本当はもう少し詳しく話し込んでますが、かなり端折っています)

で、この後、N子様からいただいたメールがこちら。

 

【N子様から、約1週間後にいただいたメール ※一部略】

『その後の私は、会社内では、怒りというより、「呆れている」感じで、自分、こんな会社に、よく居るな、と思っていたりします。

でも、そこは恐れと不安が邪魔して、なかなか辞められずにいます。

なぜか、こういうセッションを受ける度に、「会社辞めたい病」にかかるんですよね。

だんだん、会社の方針が、あわなくなってきた様に思います。

それから、以前好きだった人に対して、「なんでこんな人好きだったんだろう?」と思ったりとか。

そのせいか、夢の中でも、今まで敬遠していた様な人を、好きになる夢を見たりしました(笑)』

 

・・・なるほど、一気によくなったわけではないにせよ、まずは、大きな気持ちの変化が出てきているようです。

特に、好きな人の「好み」、好きな異性の「タイプ」が変わっていくのは、実はけっこう大きくて。

というのも、異性関係に関しても、「恐れ」や「怒り」を抱えている場合、本来、「まったく自分とは合わない人」なのに、それが魅力的に見えて、好きになってしまって、でも結局うまくいかなくて、自分で自分を傷つけさせる、というケースが、実はけっこうあるんですね。

でも、「恐れ」や「怒り」が取り外されていくと、そこが修正されて、ちゃんと「自分に合う人」が、「自分の好みの人、好きなタイプ」として認識されるようになっていき、そうすると、とんとん拍子にうまくいく、ということが、けっこうあったりします。

まずまずいい流れかなあ、と思っていたところ、N子様には、続けて5月の「F49+、浄化と大いなる前進の光セッション」も、あわせてお受けいただきました。

その後に、感想としていただいたメールがこちら。

 

【セッション翌日にいただいたご感想 ※一部略】

『夢の中で、私は古民家の広い畳の部屋で、目覚めました。

起き上がると、突然、天井から水が落ちてきて、古いから雨漏りしてきたんだと思った途端、あっちこっちから雨漏りがして、畳は水浸しに。

私は大声で「お父さん!お父さん!」と叫んでいました。

呼ぶと、父が隣の部屋から来てくれて、何故か敷いたままの布団を片付け始めたので、私も手伝っている所で、目が覚めました。

「あ~また古いボロ家に住んでる夢か」とガッカリはしたのですが、10年前に亡くなった父が来てくれた事を思い、いつでも困った時に呼べば助けに来てくれるのだな、と嬉しくなりました』

 

・・・これは、天井から水、ということで、思い切り「浄化」の夢。

そして、お父さんを呼んだらすぐ来た、ということが、自分の中に、「自分は守られている、だから大丈夫」という安心感が育ってきたことを、示しているんですね。

そして、さらにその後、追加でいただいたメールがこちら。

 

【セッションから一週間ほど後にいただいたメール ※一部略】

『受けた日から調子が悪くて、きょうは、起きているのが辛くて、会社を休みました。

毎日、いろいろな夢を見ています。

そして、先週から、産休で休んでいた人が、私の隣になりました。

私は、その人が、実は、ずっと苦手で、嫌でした。話しかけられるストレスが半端なくて、毎日が苦痛でした。

しかし、以前の私なら言えなかったことが、今は言えるようになり、苦手意識も、少し緩和されてきた気がします。

それと、先程、私の体調を心配して、会社の人が来てくれました。

最近、調子が悪いのを知ってたからでしょうか、社内でも話が大きくなってしまっていてビックリでしたが、あらためて皆さんの優しさを感じることができて、本当に有り難く、嬉しかったです。

ありがとうございます』

 

・・・はい、体調を崩されてしまったのは、誠に申し訳ありませんでしたが、それだけ大きなエネルギーを動かしたからということで、お許しいただければと思います。

そして、気がついたら、会社が、「居づらい」場所では、なくなってきている。

ましてや、これまで「怒り」ばかり抱いていた会社の人達が、実は優しかったんだ、ということに気づけるようになってきた。感謝ができるようになった。

それこそ、N子様ご自身が、変化してきたからこそ、の結果です。

おそらく、このまま少しずつ少しずつ、仕事や人間関係が、ラクになっていくと思います。

気がついたら、2~3か月前の自分とは、全然違う自分に、なってきているはずですよ。

N子様のこれからのご発展を、引き続き応援させていただきますね。

・・・というわけで、N子様の場合、「F49+、浄化と大いなる前進のセッション」を経ての変化ではありますが、やっぱり、最初に、「ZOOM浄化個人セッション」で、ピンポイントにいろいろ浄化させていただいたことが、かなり効いていると思います。

一度お受けいただくと、今後、他の遠隔解除セッション等を受けた際にも、効果の出方がこれまでとかなり違ってくると思いますので、よかったらご検討くださいね。

きょうも明るいほうへ  マモル