こんにちは、マモルです。

昨日は、「6/24先祖解除セッション」の御礼詣りとして、「十種の瑞宝様」ご縁の神社に、ご挨拶してきました。

しかし、実は昨日の明け方も、いろいろと、明らかに浄化、解除、解放だなあ、という夢を見せられておりまして・・・まだまだ、見えない世界の方では、動きが活発なようですね。

直接お受けいただいた方々も、なんとなく余波を感じておられる皆様も、アフターフォローの光をお送りする6/30頃までは、何かしらの自分自身の変化、周囲の変化に気づくことがあるかも?と思いますので、何かあったら、遠慮なくメールしてくださいね。

さて、それでは、昨日のブログ、そして一昨日のブログの続き、S子様の話の後編です。

きょうでラストです。

昨日の解説部分のような内容を返信させていただいた上で、またあらためていただいたメールがこちら。

 

【S子様から、6/3にいただいたメール ※抜粋です、一部整理しています】

『先日のような、いま思い出しても怖かった夢の後は、そういう怖い夢は、一度も見ていません。

これが、解除・解放につながっていた、ということでしたら、ありがとうございます。

もう「悲しみに引っ張られるエネルギー」には、戻らないようにしなくては、ですね。

その後の夢は、怖くはないですが、連日、母が登場してきました。

普通に一緒に食事に行ったり、私が若い時の設定で、「今から帰るね」と電話してきたり。

何気ないシーンの夢で、ただ「懐かしい」という感じでした。

でも、もう一つ、印象的な夢を見ました。

たぶん、江戸時代のお城の廊下。

私と、誰かわからないけど、もう1人いて、それぞれ武士で、お殿様?に平伏している。

頭を下げた目線の先に、廊下の木目が、至近距離で見えている。

どうやら、全く自分に責任のないことで、処刑?か自害?かを、申し渡されたよう。

私は、自分は何も悪くないのになあ、死ぬ時の苦痛はどうなのかなあ、痛いのは嫌だなあ、とか思いつつ、でも「ここは淡々とすべきだしね」みたいな感じで、そのことを受け入れている。

「無実なのになぜ?」とか、そういうことは、思ってはいるけれど、何も思わないように諦めている、という感情だけを、いまも実感しています。

そういう、無気力な気持ちの夢でした』

 

・・・S子様、ありがとうございました。

実は、これもまた、「大きな解除・解放」の夢です。

実際に、ご自身の過去世か、ご先祖様にあった出来事なのではないかと思います。

というのも、これはこれで、当時の「侍」の感覚としては、ありうることで。

というのも、武士道とは、「死ぬことと見つけたり」ですから。

しかも江戸時代というのは、戦は、実際にはもうないのに、戦わない武士(=公務員)があふれている世の中であって。

そういう武士の中には、何のために生きているのかよくわからない、主君に死ねと言われたなら、死ぬことだけが人生だ、主君の命で死ぬ日のためだけに、ただ生き続けるだけなのだ、みたいな感覚の人も、それなりにいたと思います。

そういう、ある意味、無気力」「生きることにあえて執着しない」「自分なんて別にいつ死んでもいいや」、「むしろ死んだ方が楽かもなあ」と思いながら、「ただ死ねないから生きている」というような、『諦め』の感覚の解除・解放が、この夢を通じて、行われたのでしょう。

実際、長らくS子様の内側に居座っていた「悲しみ癖」には、極端なことを言えば、「もうさっさと自分も死んでしまって、早くお母さんのもとに行きたい」というような思いにも、つながりかねないところがあった。

その部分に手をかけて、解除・解放が行われたことを示していると思います。

・・・と、そういう内容の返信をお送りしたところ、翌日にS子様からいただいた返信が、こちら。

 

【S子様から、6/4にいただいたメール ※抜粋です、一部整理しています】

『武士の夢のこと。

「別にいつ死んでもいいや」、「もうさっさと死んでしまって云々」の言葉を読んだ時に、ドキッとしました。

ここまでは、自分の中で言語化してなかったのに、まさにそういう感じだったと、気づいたんです。

実は、物心ついた時から、ずっとそうでした。

そこからの解放だろうとのことで、安心しました。

これからも、できることを続けていければと思います。

ありがとうございました』

 

・・・S子様、本当に大きな解除・解放、よかったです。

それは同時に、「今この世に生きていられるということは、なんと素晴らしいことなんだ」、「せっかく生きているのだから、毎日を楽しんで生きよう」という気持ちを、より高めていくことにも、つながっていきます。

ここからは、ぜひ人生を、大いに楽しんで、おすごしくださいね。

それが、S子様の「REBORN」なのだろうと思います。

 

そして、S子様が果たしてきた変化変容は、きっと、このブログをお読みの皆様にも、連動して、起きているはずですから。

これからも、皆様の大きな変化変容を、後押しさせていただければと思います。

引き続き、どうぞよろしくお願い致しますね。

きょうも明るいほうへ  マモル