こんにちは、マモルです。

昨日、「6/24先祖解除セッション」の御礼詣りに、まず「地域の神様」のところを回りました。

珍しくヘリコプターが飛んでいてうるさいなあ、と思ったら、なんと、すぐ近くで、海上からの吊り上げ救助訓練をしていました。

海面から要救助者を引き上げて・・・

無事、収容完了!

これ、間違いなく、「ご先祖様達の御霊の救助、無事完了、引き上げ終了、のサイン」として、見せられたものですね。

神様方からの、粋なはからいだなあと思いました。感謝です。

さて、昨日のブログの続きです。

お母様を亡くされたことがきっかけで、私の各種セッションをお受けいただくようになった、S子様。

「4/24先祖解除セッション」を経て、5/25の「F49+、浄化と大いなる前進の光セッション」をお受けいただき、その翌日にさっそくいただいたメールの内容は。

ちょっと、、、怖いですよ。

 

【S子様から、5/26にいただいたご感想 ※抜粋です、一部整理しています】

『今朝、自分比で、今までにないぐらい、怖くて悲しい夢で、目が覚めました。

亡くなった母と、リゾートホテルの部屋みたいな、薄暗い自然光の部屋に、一緒にいる。

TVには、何か綺麗な映像が流れているほか、水が飛び出すアトラクション?みたいなものが映しだされている。

母は、青い手作りのワンピースを着ていて、他にも、手作りの青い洋服が掛けてあり、服に飾りをつけたり裁縫をしたりしていて、私はそれを見ている。

場面が変わって、日本家屋の中にいるようで、母はピンクの服を着て、私の方を見て、ニコニコと笑っている。

誰だかわからないが、近くにもう1人女の人がいて、私はその人に、「ママは生きてるんやね!」と話しかける。

その人は「ウン」とうなづく。

すると、母の笑顔がだんだんと崩れていったので、「どうしたの?」と思って、近づいていって、右側からぎゅーっと抱きついてみる。

母は座っている、私は立っている。

そうしたら、私の腕の中にいた母が、一瞬で髪が抜け、白目をむいて口がガバーと開き、真っ白な硬い蝋人形みたいな亡骸に変わる。

同時に、部屋の蛍光灯が、ばっと明るくついて、その様子がハッキリといろいろ見えてきて。

「いやーーーーー!」とか、「ギヤーーーー!」と、夢の中で長い絶叫をして、目が覚めました。(画像はネットからお借りました)

起きた後、現実の腕の中にも、硬く骨々とした感触が、はっきり残っていました。

確かに、母が、ここにいたのに、と。

それが、朝5時ぐらいのことでした。

実際には、叫んではいないです。

しばらく気持ちを引きずりそうになりましたが、今日はよく晴れて、洗濯やアイロン、料理など、朝から次々動いていたら、少し元気になってきました。

夢は夢、現実は現実として、出来ることをちゃんとして、これからの内側の変化を楽しみに、自分自身ともっと向き合い、掘り下げていきたいです』

 

・・・S子様、ありがとうございました。怖かったですね、しんどかったですね。

これまでも、何度も何度もシチュエーションを変えて、繰り返して見ることが多かった、「お母様」がらみの、怖い夢、悲しい夢、別れの夢、死の夢。

その中でも、今回は、これまでになく、恐ろしい夢となったようです。

でも、今回、セッション直後のタイミングで、これまでにない恐怖を伴ってこの夢を見た、ということは。

「とてつもなく大きな膿み出し」を経験した、ということでもあり。

であれば、それは、当然ながら、「大きな解除・解放」と、実はイコールです。

おそらく、この夢をもって、S子様の内側に根深くあった「亡き母への思い」、そして「ついつい悲しみに引きずられがち、悲しみに浸りがちなエネルギー」が、浄化され、大きく解除・解放されたのではないか、と思います。

その証拠に、これまでだと、こういう夢を見たら、ショックでしばらく寝込むぐらいだったのに、あまり引きずることもなく、日常に復帰できている。

夢は夢、現実は現実と、ちゃんと切り分けることが、できるようになってきている。

素晴らしいと思います。

そして、S子様は、さらにこの後、より大きな「解除・解放」につながっていく夢を見ます。

この話、明日に続けますね。

きょうも明るいほうへ  マモル