こんにちは、マモルです。

「6/24先祖解除セッション」、昨夜をもって、いったん申込締切とさせていただきましたが、まだ枠には余裕がありますので、ちょっと延長して、一応、本日22時まで、追加でお申し込みを受け付けることにしました。昨夜の締切の時点で、「やっぱり申し込んでおけばよかった・・・」と思っている方がいらっしゃったら、よかったらぜひどうぞ。詳しくは、こちらのブログをご確認くださいませ。

さて、前回の「4/24先祖解除セッション」で、私がどういうことをしたかについてのご報告は、すでにお話させていただきましたし、順番としては、この後、いただいているご感想等をご紹介していく、という流れになるところなんですが。

実は、けっこう多くの方が、その後も、「ZOOM浄化個人セッション」を受けてくださったり、「F49+、浄化と大いなる前進の光セッション」を受けてくださったりして、その時点から、さらにまた、大きな変化変容を果たしていらっしゃったり、現実が進んだりしておられるんですね。

その後の変化がすでにわかっているのに、わざわざ2か月近く前の時点でのご感想を、遡ってご紹介していくのもなあ・・・というところもありまして。

ですので、その時点でいただいていたご感想はたくさんあるのですが、かなり興味深いエピソードだけに絞った形で、ご紹介させていただきます。

ご主人様の名義でお申し込みしてくださった、H子様。

小学生の息子さんが、やや「不安」になりがちということで、そこが少しでもよくなっていけばという思いと、あわせて、家族全体の状況もよくなっていけば、という思いから、お申し込みいただきました。

 

【H子様からいただいたご感想 ※一部略、若干整理しております】

『先日は、セッションありがとうございました。

息子は、夜うなされたりもしていますが、朝聞くと、何も覚えていないそうです。

学校には、なんとか行っています。

学校の体育館で放課後行われている空手教室に興味を持ち、「やりたい!」と言い出したので、応援しようと思っています。

そして、主人の方で、とても良いことがあったので、お知らせします

主人の母は、もう80代ですが、毎日1時間かけて、山間部の自宅から市街地へ車で出勤し、事務職をまだ続けています。

元気でいいのですが、これまでに、自損事故を、何度も起こしています。

でも、車がひっくり返っても、本人は、奇跡的に、ケガ一つしたことはないのです。

ところが先日、義母が他の車に乗っているのを、義妹が偶然見つけました。

そのときは、義母は、「車検で、代車よ」と答えたそうなのですが、別の日にあらためて問いただしたところ、どうやら、居眠りをして、何かにぶつけたらしいのです。

このため、義妹から主人(兄)に対し、「事故を起こして人に迷惑をかける前に、もう仕事を辞めるように話をしてくれ」と、連絡が来ました。

すぐに主人が、説得の電話をかけました。

すると、これまでは、「職場の方から辞めてくれと言われない限り、自分からはやめない!」と言い続けていた頑固な義母が、「引継ぎがあるからすぐは無理だけど、もう次の誕生日で辞めるわ」と、決めてくれたそうです。

まだ誕生日まで3か月ほどあり、その間はちょっと心配ですが、今回、すんなり辞めてくれる気になったのが、不思議です。

これは、きっと、ご先祖様が助けてくれたのだと思います。

ありがとうございました』

 

・・・H子様、ご報告ありがとうございます。

まずは、息子さん、いろいろ心配とのことでしたが、だいぶ元気になられてきているようで、よかったです。

「やりたい!」ということをトコトンやらせてあげれば、それが「生きる力」「自信」になっていきますから、とにかくどんどん自由にやらせてあげてみてください。

そして、お義母様の件、タイミングを見ても、まさしく、ご先祖様からのサポートだと思います。

もちろん、これまでも、ご先祖様からの強い「護り」があったからこそ、「事故は起こしても、ケガはしない」という結果につながっていたのだと思いますが、年齢的なことを考えますと、さすがに、そろそろ「限界」なのかもしれません。

「これ以上は、ちょっともう護りきれないよ」ということを、直近の事故を通じて伝えて、ここからは、「護り」の方向性を変えていく、ということなんだろうと思います。

ただ、これまでずっと現役で働いてこられたということで、仕事が「生き甲斐」になっておられたところもあるでしょうから、気落ちされないように、フォローはしてあげたいですね。

でも、そこも含めて、いろいろご手配があるはずですから、自然に対応していけば、大丈夫だと思います。

そして、息子さんが「空手をやりたい」と言い出したのも、お義母様が「仕事を辞める」ことを受け入れたのも、ちょっと方向性は異なるとはいえ、セッションのテーマであった、「行動・前進」のいい流れに、しっかり乗っておられると思います。

あとは、H子様が、しっかり落ち着いて「何が起きても大丈夫!」という気持ちでいれば、たいていのことは、きっと「大丈夫」ですからね。

H子様、そしてご家族皆様のご多幸を、引き続き応援しておりますね。

 

そして、このタイミングで、もう一つ。

実は、今年1月22日の「先祖解除セッション」をお受けいただき、今度の「6/24先祖解除セッション」にもお申し込みいただいているM子様から、昨日、事前の状況報告として、こんなメールをいただきました。

 

【M子様からいただいたメール ※抜粋です、一部整理しています】

『1月の先祖解除セッションを経て、仕事の進退(非正規雇用の講師)について、意識の変化・解放が、夢に出てきたことをご報告させていただいておりましたが、その後、現実的にも、大きな変化がありました。

現在の勤務場所は、私の地元から車で40分くらい離れた小さな自治体で、隣接する市町村とは、やり方・考え方がかなり異なり、「総代」と呼ばれる権力者の方々の意向が、強く働きます。

4月、新年度になり、新しい方(私と同様に、非正規雇用の講師)が職場に入ってきたのですが、GWを過ぎたあたりから、いろいろあってお休みされ、5月には辞めてしまいました。

その後、定期的に行う上司との面談で、その講師の人が辞めたことが、私の人事にも影響があること、ついては、今年度で、私もこの自治体での来年度からの仕事はわからない(やめてもらう可能性がある)、ということを、言い渡されました。

「辞めたい、辞めたい」と常々考えていて、切り出し方を模索していた私には、「渡りに船」です。

そして、今の仕事について、ずっと続けていくつもりはなく、自分の人生を大事に考えていきたいと思っていることなど、進退についての考えを、上司に伝えることができました。

不思議と、辞めたときの不安などが頭をよぎることもなく、思ったよりも、自分の考えを、きちんと聞いてもらえた感じがしました。

今までは、自分の考えを言おうとしても、上からの強い発言力に負け、言い含められ、そのうち、自分の思いを表現することを、諦めていましたから、変化の流れを確かに感じます。

今回もよろしくお願いします』

・・・M子様、1月のセッションから約5か月と、ちょっと時間はかかりましたが、気がついてみたら、ご自身の意識も変わり、恐れずに自分の意見をきちんと表明できるようになったほか、一番の懸念だったお仕事の状況についても、非常にいい形で展開されていっているようで、何よりです。

こういう、自分としては全く想定外の、でも結果として、自分にとって非常にいい形での状況変化が起こってくるのは、「見えない世界からの護り・後押し」が篤くなってきているからこそ、起こることで。

まさしく、「先祖解除セッション」らしい、効果の現れ方だと思います。

もちろん個人差はありますので、かなり時間がかかることもありますが、このように、ゆるやかでも確実に何らかの”いい変化”が起こってくるのが、「先祖解除セッション」です。

M子様、今回の「6/24先祖解除セッション」では、ここから先のステージが、より充実し、いい流れに導かれていくように取り組ませていただきますので、どうぞよろしくお願い致しますね。

そして、「6/24先祖解除セッション」、当初予定を延長して、本日22時まで、お申し込みを受け付けております。入金等は事後でもかまいませんし、まだ間に合いますので、よかったらどうぞ!

きょうも明るいほうへ  マモル