こんにちは、マモルです。

そろそろ最後にしようかと思っていますが、「3/13無料遠隔」にて、いただいたご感想です。

きょうは、いろいろな「膿み出し」的現象について。

 

【MI様からいただいたご感想 ※一部略】

『1回目の時は、お腹下して辛かったのですが、2回目は、ブログで紹介された方と同じく、感情的に落ちて、辛かったです。

ブログの方ほどひどくはなかったですが、やはり過去の自分の体験が思い出され、涙が出てしまったり、憎悪をいだいたりしました。

ブログでの説明内容に納得しました。

最近では、自分に無理させないようにしていたのですが、まだまだですね』

 

【MM様からいただいたご感想 ※一部略】

『2回目の遠隔、ありがとうございました。

当日は、軽く目眩がありました。夜、睡眠は浅かったです。

その時の夢は、普段は優しい先輩が、きつい口調で数学を教えてくれたり。

とある場面では、パソコンが20台くらいあって、そこで満席状態で皆が作業をしている。

でも、私のパソコンはないし、何をしていいかも、分からない。

そこへ、勢いの良い女の先生が登場し、教えてくれる。

そういう夢でした。

二度寝をしましたが、その時は、円満解決した感覚で、目覚めました。

でも、翌日曜日は、いつもは温厚な旦那の口調が とてもトゲトゲしかったです。

結局、夜、怒られました。

コントロールされるのが嫌いな私が、知らぬ間に、旦那をコントロールしようとしていて、怒鳴られた、って感じです。たぶん。

ただ、成長したなと思うのが、冷静に、「この現象は、いったい何で起こっているんだろう?」と思えるようになってきたことです。

昨年の秋頃も、地球の急上昇はあった、と聞いています。

その時の私は、ネガティブな現象に囚われ、「だから自分はいけないんだ、このっ!このっ!消えてしまえ」と、自分を責めることを繰り返していました。

散々、マモルさんや、けいこヴァールハイトさんのブログや動画を見ているのにもかかわらず!

この3月頃から、病気、怪我、物が壊れる、困り事、色々起きました。

だけど、「あぁ、これがエネルギー変わってくるってことなのか」と、思えるようになっています。

そして、〈豊かな現実を創る〉って、豊かな状態を自分に作ってあげて味わえば、豊かな気分になって、さらに豊かな現実がやってくるのか!と、本当に今更ながら、腑に落ちました。

だから、嫌な事は極力しないのかと!!

散々、散々、ブログ、動画、見まくっていたのに、この“腑に落ち感”。

これまで、わかってなかったんだなぁと、驚いております。

ブログで紹介される方のご感想も、激しく共感する部分が多々あり、勉強になっています』

 

【NS様からいただいたご感想  ※一部略】

『遠隔当日は、午後から、右側背中〜腰にかけて痛みがあり、22時直前には、右目の痙攣もありました。

遠隔中の体感としては、頭や顔のまわりに、ヒンヤリとした風のような気を、ずっと感じていました。

終わった後は、悪寒がありましたが、それはすぐに治まりました。

その後、すぐに眠れるかと思いきや、逆に目が冴えてしまって、なかなか寝付けない夜でした。

次の日、目覚めたら、腰などの痛みは、なくなっていました。

それから、次の日は、夫婦喧嘩が起きました。

今までも、幾度も同じようなことで喧嘩をしては、改善されないままで。

それでも、自分なりに出来る対応はして、やり過ごしていて、ここ最近は少し落ち着いて、いい感じかも?と思っていたところでの感情爆発だったので、やっぱり残っていて、越えられていないのねって、再確認できました。

あぁ、流れに乗りたい・・・心と身体、両方に痛みを伴うパターンでした』

 

【KK様からいただいたご感想  ※一部略】

『感想というか、状況報告です。

遠隔当日は、休みだったので、兄に半ば強引に誘われて、中心街に出かけて、遊びと食事に付き合ったのです。

すると、駐車場のおばさんと、兄が喧嘩をして。

兄が一方的に、「馬鹿」だの、「なめんな」だの、大声で叫ぶこと、10分程。

その駐車場は、私がいつも仕事で停めているところなので、おばさんに対し、申し訳ない気持ちで、いっぱいです。

無職で不安定な兄は、完全に先祖からの呪いやら期待やら、てんこもりなんだろうと思います。

もういい加減、私がぶちキレそうです(笑)

キレたらコロされますけどね(笑)我慢我慢。

変な報告メールですみません』

 

・・・皆様、ありがとうございます。いろいろ大変でしたね。

すでにご紹介済のものも含め、たくさんの「膿み出し」的現象のご報告もいただきまして、私自身、「こんな出方もあるのか」と、驚かされております。

で、「膿み出し」ということが、どういうメカニズムで起こるのか、ということについては、何度かこのブログでも、説明させていただいておりますが、きょうはまた一つ、違う例えで、話をしてみたいと思います。

人間の心や体の中には、「マイナスの感情を溜めておくダム」みたいなものがあって。

これまでの人生の中で、辛い、苦しい、しんどい、いろいろなマイナスの感情やネガティブなエネルギーを、そこに溜め込んできている。

その溜まっているものに対して、ダムの容量にまだ十分余裕があれば、なんとか、毎日をやり過ごしていけるけれども。

でも、容量を完全にオーバーして、ダムが決壊してしまったら、大惨事が起きますよね。

だから、あまり溜め込みすぎないよう、毎日少しずつ、放流はしておいた方がいいし、底にゴミや沈殿物がたまらないように、毎日お掃除をして、見える範囲、手に届く範囲のゴミは、さらっておいた方がいい。

これを、日常の個人レベルで取り組める範囲の「浄化」だとすると。

今回の遠隔で行ったような“浄化”は、日常の「浄化」レベルではなかなか手が及ばない、ダムの底や壁面にしっかりこびりついてしまっている、さらにとった後も、専門的な処理が必要なゴミや沈殿物を、お掃除しているようなもの、あわせて、ダムだけではなく、ダムに流れ込んでくるネガティブエネルギーそのものが減るように、ダムの上流の方で、いろいろ別の工事もしているようなものだと、思っていただければいいのではないかと思います。

で、「膿み出しがきつい」というのは、そのゴミや沈殿物の質や量に比例する、と思ってもらえばよくて。

ゴミや沈殿物は、トラックに乗せて、別の場所にある処分場へ運んでいくわけですが、トラック何台分もの量があったりすると、それはやっぱり、荷台からちょこちょここぼれ落ちる分もあるし、ひどい悪臭がしたりしていると、それがある程度空気中に広がっていくのは、なかなか避けられない。

そうしたこぼれ落ちた分が風雨で流されたり、悪臭が完全に収まってくるまでには、やっぱり、数日かかったりします。

また、流れ込んでくるネガティブエネルギーそのものを減らすために、ダムの上流の方でいろいろ工事をしていれば、一時的に周囲の木を伐ったり草を刈ったり、地表面をはがしたり掘削したりもするわけですから、それなりに負荷がかかる。

これらのことは、「目に見えない世界」で行われている作業ですが、その作業の中で、ちょっとだけゴミがこぼれ落ちた分、洩れだしてきた悪臭、上流での工事の負荷による影響が、「目に見える世界」の方に反映されて、「膿み出し」という現象として、起こってくる、そして、ひどい場合には、数日間にわたって続く、というわけです。

「膿み出し」のメカニズムは、そういう風にとらえてもらうのも、ありかと思います。

で、それはそれとして。

いま、「アセンション」「地球の急上昇」が続き、どんどん「目に見える世界」と「目に見えない世界」の壁が薄くなっていくと、「目に見えない世界」で起きていること・動いていることが、もうあまり時間差なく、ほぼダイレクトに、「目に見える世界」にも、反映されてくるようになっていきます。(※ご存知だとは思いますが、これは、「目に見えない世界」の方がメインで、「見える世界」は、それを反映する”仮想現実”だからですね)

言葉を代えれば、「具現化が早くなる」ということでもありますが。

それは、いいことも、悪いことも、全てにおいて、です。

だから、いろいろネガティブな思いを自分の内側に抱え込んでしまっている人の場合、ネガティブな思いの方が、どんどん「具現化」していってしまいかねない。

それはいわば、これまでなら、まだ十分な余裕があったはずのダムが、ふと気づいたら、もう今にも決壊してしまいかねないような状況になってきてしまっている、と考えてもいいわけです。

だから、どんどん「ダムの大掃除、上流での改修工事」をしていかないと、正直、間に合いません。

今回、「大きな膿み出し現象」があった方は、それなりの大掃除、大改修工事が急いで行われたからこそ、そうなったのだと思っていただけると幸いです、

そして、今回、大掃除・大改修工事が行われたから、もうこの先は心配ない、ということではなくて。

やっぱり、人間は、潜在意識的には、「変化を恐れる」「変わりたがらず、未知のことを恐れる」「今がどんなにひどい世界でも、知らない世界よりは、知っている世界の方が安心」というところがあって、せっかく大掃除・大改修工事が行われても、また“元の状態に戻ろう、戻そう”としてしまいがちです。

そういう意味では、定期的にこういう「大掃除」を続けていくこと、あわせて「目に見える世界」での自分の生活様式や考え方・価値観を、ある程度意識的に変えていくことも、けっこう大事です。

変えていくというよりも、「手放していく」という表現の方が、伝わりやすいかもしれませんね。

で、ご紹介させていただいた4つのご感想のうち、最初の3つの方は、なんらかの「気づき」を伴っているので、それはそれで悪くないと思いますが。

最後のKK様は・・・とにかく、「我慢」して暮らすのは、やめた方がいい。

「お兄さんに対してぶちキレていい」と言っているのではなくて、苦しいのなら、逃げてもいい。

いろいろ家庭内・家族間のご事情はあるでしょうが、まず自分自身が、毎日をラクに、リラックスして過ごしていける環境づくりを、模索していかれた方がいいように思います。

長くなってしまいました。失礼しました。

他にもいろいろとご感想・ご報告はいただいているのですが、ちょっとキリがないので、ご紹介の方は、いったんここまでにさせていただこうかと思っております。

あらためまして、「3/5・3/13無料遠隔」をお受けいただいた皆様、本当にありがとうございました。

皆様からいただいたご感想・ご報告を、また次のセッション内容等に活かしていければと思っておりますので、引き続き、どうぞよろしくお願い致しますね。

きょうも明るい方へ  マモル