こんにちは、マモルです。

あの日から、10年ですね。

いま思えば、私がこの世界に導かれていく、全ての始まりでした。

気持ちを新たにして、またこれから進んでいきたいと思います。

そして、告知です。

3/5(金)に引き続き、2回目の「無料遠隔・祝詞浄化セッション」、やることにしました。

なんでかというと、3/7から始まった、「地球の急上昇」のエネルギーに、うまく乗れている人もいれば、なかなか乗り切れていない人もいるようで。

基本的に、「3/5無料遠隔」をお受けいただいた皆さんは、そこにうまく乗れるように下準備をさせていただいたつもりですが、それでも、やはり、個人差はあるようです。

ですので、現状、うまく乗れている人は、ますますいい感じになっていけるように、そうでもない人は、うまく浮上していけるように、という思いを込めて、もう1回、やります。

日時は、大変急ですが、あさって3/13(土)22時~、とさせていただきます。

そして、お申し込み締め切りは、明日3/12(金)22時まで、とさせていただきます。

なお、「3/5無料遠隔」をお申し込みの皆様には、ご家族分含めて、続けてお送りさせていただきますので、再度のお申し込みは不要です。今回は受けないとか、さらに家族分を追加したい、とかのご希望がありましたら、その旨、ご連絡ください。

ですので、あらためて、「3/5無料遠隔」は受けられなかったけど、今回の「3/13」分は、ぜひ受けたい、とご希望の方は、どうぞお申し込みくださいね。

お申し込み要領等の詳しいことについては、前回の「3/5無料遠隔」と全く同じですので、そのときの告知記事をご参照いただき、「3/13無料遠隔希望」として、お申し込みくださいね。

また、ご友人の方、お知り合いの方等に、「ぜひ受けさせたい」と思う方がいらっしゃるようでしたら、ぜひその方に、このブログのことをお伝えいただき、よかったら、ご検討いただけると幸いです。

というわけで、新規お申し込み、お待ちしておりますね。

そして、これまでにいただいているご感想から、なんとなくわかってきたことがありますので、ひとつ、変更・修正です。

それは、「膿み出し」

この祝詞による遠隔、基本的には、「膿み出しはありません」とお伝えしてきましたが、、、人によっては、「かなり強い、深い浄化が行われた」ことに連動して、「これはもう膿み出しと言ってもいいよね」というレベルの現象が、起きたこともあったようです。

きょうは、「感想その5」として、いくつかご紹介させていただきます。

 

【TO様からいただいたご感想 ※一部略】

『体調的には、今日(6日)は、久々に肩凝りがひどく、頭が痛いです。

花粉飛散の今の時期によく起きる症状なのですが、右瞼が重く、垂れ下がった感じとなり、目が開きにくい状態です。

たまたまセッションとタイミングが重なっただけのことかもしれませんが。これも、浄化の結果なのでしょうか?』

 

【MI様からいただいたご感想 ※一部略】

『ちょっと困ったことが起きました。

私は、花粉症持ちなのですが、昨日(5日)の夕方も、今朝(6日)も、薬を飲んだにも関わらず、セッションのあった後から、鼻水やくしゃみ、目がムズムズするなどの、花粉症特有の症状が治まらなくなったのです。

このメールを書いている今も、改善しておりません。

なんとなく、いつものように薬が効いていないような・・・これも、セッションの何らかの影響でしょうか?』

 

 

【CO様からいただいたご感想 ※一部略】

『セッション前日と当日に、荷物が届きました。

でも、不良品だったり、汚れていたり、、、と、膿み出し?のような出来事がありました』

 

【MI様からいただいたご感想 ※一部略】

滅多にお腹を下さない私が、2日ほど、苦しみました。

また、眠かったことが、自覚できました。

浄化だったのでしょうね』

 

【HS様からいただいたご感想 ※一部略】

『遠隔当日、朝からずっと眠くて、遠隔1時間前から体もだるくなり、キタキタ、って感じで、このまま眠るんだろうなと思ってましたが、遠隔時間22時になったら、目が冴えました。いつもなら、もう寝ます、ってなるのに…。

今までとは違うパターンです。夫も私と同じだったみたいです。

夫は、2月の最後の週から、遠隔前日(4日)まで、謎の悪寒がありました。

風邪でもなく、急に悪寒に襲われるという、なんだか膿み出しみたいな症状が続き、「貼るホッカイロ」を背中に貼っていました。

あと、ちょうど、悪寒と同時に、歯茎が腫れて、右のほっぺも、めっちゃ腫れてました。

歯医者にいっても、虫歯とかでもなく、痛み止めの薬のみって感じでしたが、これも、セッション前日には腫れが引いて、歯茎はまだ痛みが少し残ってるみたいですが、どう考えても膿み出しだよなーって思ってましたが、いつのときの膿み出しだろう?みたいなふうに、考えてました。

とりあえず、もう今(6日)は、夫は、悪寒もなくなり、歯茎の痛みもまだ少しありますが、良くなりました。

私は、当日は、目が冴えてしまい、結局眠れず、朝まで起きてました。

体感的には、今回は特に感じるものはなかったです』

 

【AF様からいただいたご感想 ※一部略】

『娘は、5日は、終日ずっと眠くて、たまらなかったそうです。

私は、自分の思考・ソウルの傾向性を、つぶさに観させられるような出来事が起こりました。

これまでなら、翻弄されるばかりでしたが・・・。

どんなエネルギーの癖で、このような結果が表面化したのか、を考えるいいチャンスとなりました。

母も、心配性のあまり、周りに図らずも迷惑をかけてしまう…という行動のクセが、久しぶりに表面化しました。

私的には、こういう“魂の癖と呪術”を、手放して解放したんだな、ととらえております

 

・・・皆様、ありがとうございます。このほかにもいくつか、「膿み出し」的な現象のご報告もあったのですが、割愛させていただきました。

お腹を下すこととか、ひどい睡魔に襲われることについては、「浄化の一環」と理解してくださっている方も多いかと思いますが、「花粉症の症状がひどくなった」とか、「謎の悪寒、腫れ、痛み」等は、ちょっともう、「浄化」のレベルを超えて、「膿み出し」ですよね。

でも、おそらくですが、これはすべて、それぞれの方にとって、「かなり強い、深いレベルの浄化が行われた」ことに連動して、「これはもう膿み出しだよね」という出来事が、起きてきたのだと思います。

ひとつひとつの現象に細かい解説は控えますが、逆に言えば、それだけ深い浄化があったのだ、という風に、前向きに受けとめていただければ幸いです。

そして、私が思うに、こういう「膿み出し」的な現象が強く出た皆様は、どちらかというと、世間一般から、「きちんとした人」という目線で受け止められていて、ご自身も「ちゃんとしよう」という思いが強い、そういう傾向がある方が多いように思います。

それはそれで悪いことではないかもしれませんが、その裏側には、「我慢」「自分を抑え込む」というところが、まだまだけっこう強くあるような。

そういうエネルギーの解放、という意味での「浄化」が、体調不良等の出来事と連動して、行われたのではないかと思います。

大変な思い、嫌な思いをさせてしまったことはお詫びしますが、それはそれで、7日からの「地球の急上昇」前の準備として、必要なことだったのだと、受け止めていただければ、ありがたいです。

というわけで、これまでは、この「無料遠隔・祝詞浄化セッション」、『膿み出しはありません』と謳っておりましたが、人によっては、そういうこともありうる、ということで、ご了承いただければ幸いです。

でもまあ、「先祖解除」「呪術解除」みたいなセッションと比較すると、そこまでひどいことにはならないかと思いますので、これから新しくお申し込みする方は、あまり気にしないでいただけるといいかな、とは思います。

では、「3/13無料遠隔」分の新規お申し込みの方、お待ちしておりますね!

きょうも明るいほうへ  マモル