こんにちは、マモルです。

引き続き、今度は、まだご紹介できていなかった、「1/8祝詞浄化無料遠隔」のご感想。

ご家族と一緒にお受けいただいた、KA様から。

 

【KA様から、1/15にいただいたメール  ※一部略】

『1月8日の遠隔から、少し時間がたってしまいましたが、気づいたことがあったので、メールしました。

当日、夜9時を過ぎると、左手の中指と薬指の関節がビリビリしだして、30秒ほどで、止みました。

その後、今日までに、2回ほど、同じ症状がでました。

実は、私には、食事や話している時に、顎がカクカクしたり、酷くなると、左側の顎の付け根が痛む、という症状が去年から出ていました。

でも、気づいてみると、遠隔からこの一週間、一度も出ていません!

いつも痛い訳ではないけど、鎮痛剤を飲まないとやってられない時もあり、もう病院行かなくちゃダメかも、と思っていたタイミングだったので、「アレッ?そういえば、痛くない!」と、大変嬉しい効果です!

また、父と母にできていた、湿疹や口唇炎も、すっかり良くなりました。

父は、遠隔の次の日から。コロナ対策をした上で、お墓参りとお散歩に、2日連続で出て行きましたし、ご飯やお酒も、美味しくいただいています。

母は、食が少し細いのですが、遠隔の次の日には、「今日はたくさん食べて苦しい」と言っていました。

「毎日美味しいものを食べて、コロナにかからないようにする!」と言っております。

もう一人、離れて暮らしている弟も受けさせてもらって、直接どうなったかを見ることはできないのですが、私と両親、家族3人が元気になったので、きっと弟も、エネルギーを受け取れていると思います。

顎も、何となく、もう痛まない気がします。

ありがとうございました』

・・・KA様、こちらこそありがとうございます。

顎の状態、よくなって、よかったですね。

この祝詞は、「浄化」という一言でひっくるめていますが、現実的には、身体の不調、心身のバランスの改善等にも、かなり役立つもので。

もちろん個人差はありますし、完全に「治療」ができるようなものではありませんが、逆に言えば、「病院に行くほどでもないが、しんどい」「病院に行っても、どうも原因がよくわからない」というような感じの「不調」には、意外と効果があるようです。

また、「見えない世界のよくない存在」による影響として出てきている体調不良の場合には、それなりに強いと思います。(その存在の力の程度にもよりますが)

その顎の不調の原因まではわかりかねますが、痛みや症状が消え、全体に調子がよくなってきたということであれば、本当によかったです。

そして、お父様・お母様も、お元気になられたということで、だいぶ安心されたのではないかと思います。

ただ、今回は、あくまで「浄化」なので、ほっとくと、またぶり返してくる、元に戻ってくる、ということはあり得ます。

ですので、これはお受けいただいた皆様に共通のお願いなのですが、痛みがなくなったり、調子がよくなってきたときにこそ、それまでの生活習慣を変えてみるとか、ストレスになっていたようなものをやめてみる、遠ざけてみるとか、いろいろ思い当たることがあれば、いまのうちに改善に着手しておくと、いいかと思いますよ。

そうすることで、来週2日の節分・3日の立春と、本当の意味での「令和三年」のスタートを、身体健全、よりよいコンディションで迎えることができますからね。

まだこの「祝詞」遠隔については、手探りでとりくんでいる部分も多いので、引き続き、お受けいただいた皆様からのご感想・ご体験など、お待ちしております!

きょうも明るいほうへ  マモル