こんにちは、マモルです。

さて、時系列がちょっと戻りますが、まだご紹介できていなかった、『F49+、光の大祓と浄化、そして祝福のセッション』『1/8祝詞無料遠隔』でいただいていたご感想です。

やっぱりいくつかお伝えしたいものもありまして、追加で取り上げさせていただきますね。

こちらのブログで、「12/30&1/3」のご感想としては、すでに紹介させていただいたAU様。

さらに、「1/8」の方も受けられて、その上で、新しくいただいたご感想です。

 

【AU様から、1/13にいただいたメール  ※一部略】

『その後のご報告です。

<1>気づき

完璧でなくてもいいんだ、と思えるようになりました。

家事、育児、仕事、趣味、なんでも私は中途半端、だから、私はダメなんだ、劣っているんだ、という意識があり、どうせダメなんだから、もう中途半端でいいや・・・という負の意識のループがございました。

でも、ふと、「ただ、その時できることをしていればいいのでは?それでもう、ダメではないのでは?」と、思えるようになりました。

<2>主人とおみくじのリンク

近くの神社に家族で参拝し、なんとなく、おみくじを引きました。

すると、結婚して10年になりますが、おみくじを引いたことのない主人が、「俺もひこうかな」と言い出したのです。

そして、引くと、「大吉」で、なんと私と全く同じ内容でした!

「勇」という文字とともに、「誰にでも平等に、ここ一番の時が訪れる」「その時、勇気をもって進んだ者だけが、誰よりも強い人間になれる」「自分に負けない勇気が、最大の好機を引き寄せる」というお言葉がございました。

勇気をもらった気がします。

そのおみくじには、ミニチュアの縁起物がおまけについていて、主人が大黒天様、私は恵比寿様、でした。

二人で、1セットのように思えました。

あと、年末、気が付くと、なぜだか背中が猫背になってしまっていたのですが、3日以降は、治っていました。

背筋はいい方だったので、いつの間にか猫背になることが不思議でした。

一分一秒が、今までとは異なり、心穏やかで、気持ちが満ち足りた感覚です。

「何はなくとも幸せ感がある」とは、こういうことなのかと知りました。

この状態をもたらしてくださったことに、あらためて感謝申し上げます』

 

・・・AU様、こちらこそ、ありがとうございます。

いやもう、素晴らしいですね。

「完璧でなくていい、そのときにできることをすればいい」というのは、まさに、「今、ここ、この瞬間」を、しっかり生きられるようになった、ということで。

そして、「何はなくとも幸せ感がある」ということなら、前のブログでも書かせていただきましたが、もう、人生、無敵です。

本当に、その領域に進んできておられるとお見受けします。

そして、ご主人とのパートナーシップも、相当強くなられたようで。

ここがしっかりしてさえいれば、家族関係は、もう何があっても、ほとんど揺らぐことはありません。

新年から、ご家族全員で、「前進の流れ」に、しっかり乗っていらっしゃると思います。

そして、1月もあっという間に最終週、来週はもう2月に入り、2日の節分、そして3日の立春からは、いよいよ、本当の意味での、「令和三年」のスタートです。

AU様、きっと、素晴らしい一年の始まりを、迎えられることと思います。

そしてそれは、AU様だけのことではなく、このブログをお読みの皆さんなら、全員そうなれるだけのことは、あるはずですから。

どうぞ皆様、「いまここ」を「何があろうと幸せ」に生きることで、素晴らしい「令和三年」のスタートを、飾ってくださいね。

私の方も、そのような流れの中で、引き続き、皆様の応援ができることを、楽しみにしております。

きょうも明るいほうへ   マモル