こんにちは、マモルです。

「1/22先祖解除セッション」、さっそく「膿み出し」というか、たくさんのいろんなご感想をいただいております。

私の方も、連日、いろいろテーマ的な夢を見せられておりますし、体調が一時的におかしくなることもたびたび。

先日は、一時的に左目が開かなくなって、ちょっとびっくりしました。小一時間ほどで回復しましたが。(※実は、この左目のシンクロがあった方がいらっしゃいました・・・びっくりです)

でも、目に「膿み出し」がきたということは、それをクリアしたら、「よく見えるようになる」ということ。

それは、「物理的に視力が回復する」ということではなく、「これまで見えているようで見えていなかったもの、見えていたけど間違って理解していたものが、見えてくる、わかる、気づく」という感じで出てくるはずです。

そしてそれは、お申し込みの皆さんに共通して起きてくることだと思いますので、どのような変化変容につながっていくか、私自身も楽しみです。

それでは、前回の「12/11先祖解除セッション」のご報告、その5です。

私の「先祖解除セッション」をお受けいただくのは初めての、KP様。受験生のお嬢様がいらっしゃいます。

まずは、セッション前にいただいていたメールから。

 

【KP様から、セッション開始前にいただいていたメール ※一部略】

『今回のセッションでは、母方の供養ができたらな、と考えています。

母は、夜眠れないことが多く、時々、一睡も出来ない日もあるようです。もともと睡眠が浅く、若い時からぐっすり眠ることができない体質でしたが、近年は年齢のせいもあると思いますが、ますます状態が悪くなっています。

そして私が気になっている事は、祖父(母方の父)のことです。

私が産まれる前に亡くなっていますので、幼い頃に、母に亡くなった理由を、何度か尋ねたことがあります。

「戦争に行って帰ってきたけれども、その後色々と苦しんだ」と、母はいつも曖昧な答えをするばかりで、亡くなった理由は聞かされていません。

私は祖父と会ったことがありませんし、ずっと気にしていませんでした。しかし、急に、数年前あたりから、きっと自死だったのかもしれない、と思っています。

勝手な思い込みかもしれませんが、母が眠れない、というのはそういった事も関係しているのかな、とも思ったりします』

 

・・・上記のことをふまえ、セッションでは、お祖父様が成仏されていないのであれば、成仏されるように、そしてお母様の具合が少しでもよくなりますように、そういうところをしっかり意図して、とりくませていただきました。

そして、セッション後にいただいたメールです。

 

【KP様からいただいたご感想 ※一部略】

『申し込み後からセッション日あたりまでは、イライラさせられる事が何回か重なったり、またとても不安になったり、自分でも驚くほど、感情が安定していない日々が続いていました。

娘の塾の先生との連絡が上手く行かなかったり、また文系担当の先生に対しては、生徒に対する(娘にだけかも?)熱意が感じられず、とても不信感を抱くことがありました。

しかし、セッションの次の日、理系担当の先生から連絡があり(もともと連絡をくれる予定でした)、個別に作文の書き直しなどを、見てくれることになりました。

それからは、イライラも収まり、気持ちに余裕が出てきたと思います。

受験前なので、親子共に焦る時期であり、多少のイライラは仕方がないのかもしれませんが、2月の本番までは、ポジティブな気持ちを持ち続けるということにしました。

そして、今回、一番お伝えしたい内容です。

もしかして先祖からのメッセージを受け取ったのかも???という出来事がありました。

セッションの翌朝、目覚まし時計が鳴り、起きようとしたのですが、二度寝をしてしまい、起きた時間が、いつもより遅くなってしまいました。

朝のニュースを見るのですが、家事や支度があるので、途中でテレビを消します。

この日は、遅くなってしまっていたため、いつものテレビを消す時間を過ぎても、ニュース番組を見ていました。

すると、その番組の中で、「元日本兵の心の傷」という特集が、放送されたのです。

自分の親に対し、「戦争から帰ってきた後、PTSDに苦しんでいる姿を、子供の頃は理解できずにいた、ダメな親だとばかり思っていた」というご家族の姿が、放送されていました。

祖父もそのように周りから思われていたかもしれず、今では、PTSDについて理解がありますが、当時は、あまり理解されなくて辛かっただろうと。

涙が出ました。

今回、母方の祖父の事をお伝えさせていただいておりましたので、祖父にメッセージが届き、また私も、祖父からのメッセージを受け取ったのだろうと、感じております。

セッションをお願いして良かったです!有難うございました』

 

・・・KP様、こちらこそ、ありがとうございます。

間違いなく、KP様の思い、お祖父様へ届いていますよ。

こういうのって、本当に、「偶然」ではないので。

そして、お祖父様は、KP様が理解してくれたことで、完全に「成仏」ができ、これから、KP様やお母様、お嬢様を、守護してくれる側に回ってくれるはずです。

とはいえ、お母様の状態がすぐよくなるかどうかについては、なんとも言えないところはありますが、お祖父様の件がその要因のひとつとなっているということでしたら、その部分については、このセッションで、確実にお掃除ができているはず。

お母様については、「祝詞浄化」あたりで、別途サポートできることもあるかもしれませんので、またよかったら、ご相談ください。

そして、KP様には、その後、「12/30&1/3年末年始遠隔」「1/8祝詞浄化遠隔」もお受けいただきました。

その感想も、あわせてご紹介させていただきますね。

 

【年末年始・祝詞浄化遠隔の後にいただいたご感想】

『娘は、「1/8祝詞浄化」の日に、先月練習のつもりで入試プレテストを受けた学校から、「結果が良かったので、特待を差し上げたい」という連絡を受けました。

本番じゃないのに、こんなこともあるんだなぁと思いました。

娘も、少しほっとしたみたいです。

私は、年明けあたりから、肌の調子がいつもより良く、自然と、食生活も健康的になっています。

いつもならこの時期は、肌は乾燥、正月太りなどで、乱れがちなのです。

ありがとうございました』

 

・・・KP様、いい流れに乗っていらっしゃるようで、何よりです。

お嬢様の無事合格、そしてお母様の状況の改善、PK様のご健康とご多幸をあらためて祈念致しますね。

きょうも明るいほうへ  マモル