こんにちは、マモルです。

「1/22先祖解除セッション」、昨日いっぱいで受付終了の予定でしたが、枠にまだ余裕がありますので、締切を少し延長して、本日24時までとさせていただきます。まだ間に合いますので、こちらのブログをご確認いただき、よろしければどうぞ。

そして、今朝がた見た私の夢で、テーマのひとつが、「前進」と出ました。

昨日お伝えしたテーマのひとつが「大らかになる」でしたから、あわせて、「大らかになることで、前進する」ということになるのではないかと・・・まあこれ、「執着を捨てることで、かえってよくなる」「忘れた頃に願いが叶う」みたいな話かもしれませんけどね。

それでは、前回の「12/11先祖解除セッション」のご報告、その3です。

私の「先祖解除セッション」をお受けいただくのは、今回が2回目のKA様。

連日のように、たくさんの「解除・解放」の夢を見たということで、メールもたくさんいただいたのですが、一番印象的だったものを、ご紹介させていただきます。

 

【KA様から、セッション5日後の12/16にいただいたメール  ※一部略】

『まだまだ、毎日、夢を見ています。

覚えていないものもたくさんありますが、その中で、これは、「解除、解放」なのではないか?と思った夢をお伝えしますね。

●12/14(月)の夢

左耳から、金属の補聴器みたいなものが取れる。

中のネジが壊れて、ちぎれている。

黒い米粒みたいな埃がいくつかと、使用済みの、折り畳まれた絆創膏も、一緒に出てきた。

振ってみると、カチャカチャと、まだいくつかネジが入っている音がする。

・・・この様な夢は、今まで見たことがありません。

けいこヴァールハイトさん「セドナ呪術解除セッションディープ」の満了日がもうすぐですし、今回の先祖解除セッションと合わさって、何か大きなものが外れたのではないでしょうか。

またその日は、洗濯機の使い方について、簡単なことなのに、今更ながら気づいたことがあったのと、「自分は、人からこう思われていたんだ、ビックリ!」ということがあり、訂正する、ということも起きました。

●12/15日(火)の夢

自宅リビングで、観葉植物を眺めている。

(実際には置いてない)植物の鉢を、倒してしまう。

倒れた鉢に、ナメクジの這った跡を見つけて、「これは部屋のどこかにいるんじゃないか?」と、大パニックになる。

もしかしたら体についているかも?と思って、怖いけど確認する。

結局は床にいて、母がトングみたいなので捕ってくれたが、2匹もいて絶叫する。

・・・ナメクジは、子供の頃から、トラウマになるほど大の苦手なのです。嫌いなのに、よく出くわすので、これも呪術なんじゃないかと、思うぐらいです。

このほかにも、ゴキブリが出てくる、短い夢も見ました。

台所に2匹現れ、これも母が出てきて、一緒に外に逃がそうとするけど、ゴキブリが飛んで大変、という内容でした。

●12/16(水)の夢

人通りのない裏道にいる。

農家の方らしき人達が、座って何か作業している。

私が通ると、こちらを見てくる。

そのまま歩いていると、農作業をする様な格好の、知らないおばあさんと、すれ違う。

その際、「ここに入って来ちゃいけない」と怒られるが、そのまま裏山に登っていく。

気付くと、雨がかなり降っているが、そのまま進む。

途中の横道に白い車が停まっている。

頂上に向かう道は、箱根の旧街道みたいな石畳になっているのが見えて、そこまで行こうかな、と思うけど何となくひき返す。

帰りに、またさっきのおばあさんがいて、注意されたが、「Eです」(母の旧姓)と告げると、何も言われなくなる。

・・・そういう夢でした。

大きな膿み出しは父方にきましたが(※この話については割愛します)、夢は、母が出てきたり、母方に関わることが多めでした。

焦ったり、恐怖を感じる夢も、ふだん見ている夢より、多かった気がします

・・・KA様、ありがとうございました。

金属の補聴器みたいなものが外れた夢は、まさしく、「呪術の解除」。

ずっと何かしらの「取り仕切り」「コントロール」を受けていた、その「受信装置」にあたる部分が破壊され、もうその影響を受けなくなったことを、シンボリックに伝えています。

だからこそ、同じ日に、これまでまったく気づけていなかった2つのことに、初めて気づくことができ、その修正ができたわけです。

たぶん、こんな感じで、今まで「これが普通だ」と思っていたことが、「あれ、そうじゃなかったんだ、本当はこうだったんだ」と気づくことが、かなり増えてくるはずです。

同様に、ナメクジやゴキブリも、典型的な「呪術の解除」の夢ですね。

これまで「理由はよくわからないけど、怖いと思っていたもの、苦手だと思っていたもの」が、だんだんと、平気になってくる、ということが起きてくるかもしれません。

そして、農家のおばあさんらしき人に注意される夢は、おそらくは、「母方の先祖」と、何らかのいざこざ・因縁があった存在との、関係性の改善を示しています。

現実にどういう出来事があったのかは、具体的にはわかりませんが、円満解決とはいかないまでも、一応「矛を収める」ような感じには、なったのではないでしょうか。

もう少し時間がかかるかもしれませんが、これもまた、主にいま現在の環境の中での「生きやすさ」「暮らしやすさ」みたいなところに、反映してくるのではないかと思います。

いずれにしても、全部、まさしく「解除・解放」の夢であることは、間違いありません。

ご紹介できなかった夢もたくさんありますが、いずれも、主に母方から流れ込んできているKA様のエネルギーの、かなり深いところまで手がかけられて、たくさんの解放が行われたことを、示しているのではないかと思います。

今月末ぐらいの時点で、それまでの自分と、昨年秋ごろの自分との比較をしてみると、なんだか、「すごく変わった感」のようなものが、感じられるかもしれませんよ。

そして、その「感覚」を信じ、大事にして、毎日を明るく楽しくすごしていくことが、いよいよ、変な邪魔の入ってこない、本来の自分自身の人生を、進んでいくことにつながりますから。

2021年が、KA様にとって、素晴らしい一年になることを、祈念致しますね。

きょうも明るいほうへ  マモル