こんにちは、マモルです。

本日、「12/11先祖解除セッション」、行わせていただきます。お申し込みの皆様、どうぞよろしくお願い致しますね。

そして、本日でいったんラストにしますが、引き続き、「11/7先祖解除セッション」のご感想、その10です。

昨日のブログでもご紹介させていただいた、YN様からの、12月に入ってからのご報告。

ここでも、時系列をまとめて日記のようにして、たくさんの出来事や夢の話を、お送りくださいましたが、大変なことばかりだった11月の状況から、徐々に、流れが変わっていきました。

 

【YN様からいただいた、12月以降分のメールの内容  ※抜粋です】

●12月初めの現実の出来事

約一年ぶりの身体と顔のマッサージに、ある方のサロンに行きました。昨年から、3回目です。

コンパクトなマンションの一室に伺い、「お邪魔します。玄関の鍵を閉めますねー」と、ドアノブの真ん中の鍵を90度ほど回すと、、、なんと、ドアノブが外れて、落ちて、玄関に転がりました!!

びっくりしました。

慌てて、「ドアノブが取れました!鍵をかけただけなんですが、壊しちゃいました、ごめんなさい!」と言うと、その方は、「いやー、古いですからねー」とさらっと言ってくれて、もう一度、ドアノブをカチッと取り付けてくださいました。

「そのドアノブ、よくとれるんですか?」と聞くと、「いえ、初めてです」とのこと。

自宅だけでなく、他所様のものも、壊れてしまいました・・・。

●その翌日の現実の出来事

父方の親戚宅から、みかんやお米、さつまいもなどが、届きました。

ちょうどどれも、そろそろ無くなりそうで、買わなければ、と思っていたタイミングだったので、幸運でした。

●その翌日の明け方の夢

広くて明るい銭湯に、年配の男性1人だけが、お湯に浸かっていて、スマホで自撮りをしている。楽しそう。

すると、その人?が、そのまま、私の父に変わる。

いつのまにか、服を着て、場面も変わって、旅館の和室に、床の間を背にして、座っている。

父はニコニコしている。

座卓の向かい側に、私もいる。

床の間には、何故か薄型テレビもあり、ほかには、普通に生け花や、これまた何故か、結納の飾り、お正月の飾り?など、沢山の、それもおめでたいものばかりが、たくさん飾られている。

さっきのお風呂の人みたいに、私たちも自撮りしようか!と、父と一緒に、その派手な床の間をバックに、スマホで自撮りしようとしている。

父も、とても楽しそう。

床の間に置いているテレビでは、私達夫婦の、昔の結婚式の映像が流れている。

お色直しの後の様子、私も主人も笑顔で、並んでいる横顔が見える。

そこで、たぶん父の声ではない、誰か別の男性の声で、夢の中の私の右側から、関西ことばで、「あの愛が、この愛になったんやなあ」と、はっきり聞こえる。

「あの愛、この愛」って、どれがどれ?と思った。

目が覚めてからも、「めでたいなあ、いや、楽しかった」と思いました(笑)。

●その日の現実

ずっとしようと思っていた、花の種を植える。

その種は、母が通販で買っていた蜂蜜の会社から、「お誕生日おめでとうございます」と、母が亡くなった後に、送られてきたもの。

ハナビシソウといって、4弁の、菱形っぽい花が咲くみたいです。

いつかの夢で、「家紋」とか「菱形」とかが、出てきたことがります。心当たりはないのですが。

●その翌日の現実の出来事。

ふと気づくと、12/4の夜を最後に、ゴキブリの子どもには遭遇していない。

今朝、洗濯物を干そうと外に出たら、足元にショウリョウバッタの子どもがいた。

何年ぶりかに遭遇した。踏まなくて良かった。

薄い黄緑で綺麗で、可愛かったです。

怒涛の1か月でしたが、、、今日はお天気も良く、心穏やかです。

重ね重ね、ありがとうございました。』

 

・・・YN様、こちらこそ、ありがとうございます。

12月に入ってから、だいぶ流れが変わってきたようで、何よりです。

ドアノブが壊れたのを最後に、一応、何かが壊れる流れは終わったようで。

これ、「ドアノブ」っていうのが、実はなかなかシンボリックで。

自分の中にあった負のエネルギーを排出しきったところで、さらに、これまで流れ込んできていた負のエネルギーの入り口をしっかり閉めた、シャットダウンした、ということを、象徴的に見せてくれています。

そして、父方のご親戚からのお届け物、そして夢へのお父様の登場は、もうそのまんま、父方のご先祖様からの御礼です。感謝の気持ちが、のせられています。

この流れをへて、「花の種をまく」という行動は、YN様の中に、お母様が亡くなられたことを受け入れた上で、受け継いだ命を、ちゃんと花開かせていこう、という気持ちが芽生えてきた証拠。

それは、これまで、「悲しみごとにばかり意識が向く傾向」から、「喜びごと、楽しいことに意識を向けていく」方向に、切り替わってきた、ということ。

YN様の人生、ここから、劇的に変化していく可能性があると思います。

というか、そうなっていっていただきたい。

YN様が、「生きていることの喜び」を満喫しながら、笑顔で人生を楽しんでいけるよう、これからも応援させていただきますね。

そして、このような、嬉しい報告が、もっとたくさんいただけるよう、本日、「12/11先祖解除セッション」、行わせていただきます。

お申し込みの皆様、どうぞよろしくお願い致しますね。

きょうも明るいほうへ  マモル