こんにちは、マモルです。

引き続き、「11/7先祖解除セッション」のご感想、その6です。

セッション前の事前のご報告(そのときのブログはこちら)として、「怒りが噴出した、蛇に遭遇した」と、メールをお送りくださった、NA様のその後。

何回かやりとりさせていただいているのですが、一番直近でいただいたメールをご紹介します。

 

【NA様から、先週いただいたメール ※一部略】

『先月の先祖供養の報告が、またあります。

蛇に遭遇のメールの後からは、驚くほど体が軽くなって、毎日ウォーキングしたり、忙しくしていても、あまり疲れることも無く、過ごしておりました。

 

その後、マモルさんから11/24にメールをいただき、それを読んでから、もう眠くて眠くて、久しぶりに昼寝をしました。

すると、虹の夢を見ました。

二重の虹で、色もハッキリとしていて、とっても綺麗な虹でした。

その後、別の日には、空を見上げていたら、彩雲が次から次へと出て来る夢を見ました。

これは良い傾向かと喜んでいたところ、11/27の明け方のこと。

2人の女子から、イジメというか嫌がらせをされていて、それに対して、抵抗はするものの、反論されて歯が立たず、悔しく思っているところで、目が覚めました。

これも、「怒り」の思いの夢だったのでしょうか。

その後、嫌なことがあった人達の顔が浮かんだり、急に離れていってしまった友達の顔が浮かんだりしていのですが、しばらくたって、「そんな経験をさせてもらって、それで今の私があるんだから、感謝だよね」と、なぜか、それはそれで良しとしようと、前に進もうとしている自分がいることに気づきました。

これは、アフターフォローとして送っていただいた、2回の光のお陰かなと、感謝しております。

いまだ、先月の先祖供養の膿み出しが続いているような気がしているのですが、今回も、申し込みさせていただきました。

またいろいろと感じることなどありましたら、メールさせて頂きますね』

・・・NA様、いろいろとご報告、ありがとうございます。

「いじめ」の夢ですが、おそらくは、「11/7先祖解除セッション」での、ひとつの仕上げとしての、「怒り」の解放の夢だったかと思います。

そのときは、きっとイヤ~な気分になったこととは思いますが、その後、特に引きずることもなく、「まあいいか、それはそれで良しとしよう」という気持ちになれたのが、何よりの証拠。

内側にある「怒り」のエネルギーが、一通り解放されたことで、もう「怒り」「悔しさ」を、継続させることができなくなってきたからですね。

このブログをお読みの皆様は、もう十分理解されていることとは思いますが、自分の内側にあるエネルギーが、現実を創ります。

内側に、「怒り」がある人は、現実でも、「怒り」を噴出させるような出来事が、次々に起こる。

そして、NA様が体験してきた人生も、そういう部分が多かった、ということ。

そして、ブログでは割愛しておりますが、NA様には、このほか、ご自身にもご家族にも、身体的な「痛み」「不調」としての「膿み出し」も、けっこうあったようで、大変だったみたいです。

でも、それも含めて、しっかりいろいろと解放されたはずですので、今回、一段階、「軽く」なったはずです。

目の前の現実としては、どちらかというと、いい流れが始まりつつあるように思いますので、どうぞ毎日をリラックスして楽しみながら、おすごしくださいね。

きょうも明るいほうへ  マモル