こんにちは、マモルです。

「12/11先祖解除セッション」今夜9時まで、お申し込みを受け付けております。残席5となりました。こちらのブログをご確認いただき、よかったらどうぞ。。

それでは、「11/7先祖解除セッション」のご感想、その4です。

昨日のブログでもご紹介させていただいたAS様から、セッション3週間後に、あらためていただいたご感想。

少しずつ少しずつ、家族の状態に、変化が現れてきていたようです。

 

【AS様から、セッション3週間後にいただいたメール ※一部略】

『一昨日、義妹さんが店に来たときに、“ご先祖供養が進んでいる”ということを、あらためて感じました。

義妹さんは、お義母さんへ、こう伝えたんだそうです。

「(主人が)お義母さんへきつく当たるのは、自分だけが、家族からはみ出しているように、感じているからではないか?

疎外感から、怒鳴るのではないか?

(主人のことを)頼れないとか言っていないで、少し頼ってみればいいのではないか?」と。

それを受けて、お義母さんは、恐る恐るながら、主人に頼んでみたそうです。

「自分の歩行器具を、2階の玄関から下へ、おろして欲しい」と。

すると、わりとすんなり、下ろしてくれたんだそうです。

このような話が聞けたのは、きっと、「先祖供養」の効果なのだと思います。

確かに、主人は、家族から浮いています。

わざわざ嫌われるような言動をする、という感じです。

でも、そんな口調も、角が取れてきて、さらに丸くなってきたようです。

同じ小言を言うにも、言葉も、トーンも、別人になってきました。

また、お義父さんは、「自分がしっかりしているのは、仕事があるからだ」と話しており、いつまでたっても、主人に仕事を譲れない、頼れないような感じでした。

でも、少し変化を感じてきました。

お義父さんとは、何年経っても、お互い他人行儀な感じなのですが、この数日、堅さが和らいだような話し方になってきたのです。

そして、「足元が少々しっかりしないので、ある現場に行ってほしい、自分が留守番しているから」と、言われたのです。

「そこまで自分が頑張らなくてもいいか」と、思い始めたように、感じました。

あらためて、お義妹さんの言葉、「(主人のことを)頼ってみれば」というのは、きっと、家族みんなに向けて、言わされているんだよなぁ…と。

そして、主人は、私が学んでいる算命学では、「親から全面的に頼られる方が、力が出せる」と、出ているのです。

マモルさんのお話、皆さまのご感想に、毎日頷きながら、楽しく過ごしています。

ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いします』

 

・・・AS様、ありがとうございます。

いい流れが、動き出してきましたね。

現象だけを見れば、お義父様・お母様の身体が弱ってきて、仕方なくご主人を頼らざるをえなくなってきて、その意向を、ご主人も受け入れて、お互いの距離が近づいて和解が進んで・・・という感じではあります。

でも、スピリチュアル的にみれば、昨日も少し触れましたが、ご主人の中にあった、「怒り」のエネルギーが解除・解放されてきたことで、それに反発していた、お義父様・お母様の側のエネルギーも、落ち着いてきた。ご主人のことを許し、認められるようになってきた。それが、関係改善につながってきた、そういう流れなんだと思います。

そして、義妹さんの言葉は、そうしたエネルギーの変化をふまえて、今がタイミングだと、S家のご先祖様達に、間違いなく、「言わされた」もの。

そこから、いろんなことが、少しずつ少しずつ、ほどけていく。

セッションを通じて、これまで邪魔をしていた様々なエネルギーが取り払われたことで、ご主人の中にもともとあった、「頼られて力を発揮できる」という資質が、しっかり発現できるようになってきたのだと思います。

きっとここから、家族間のいろんなことが、いい形で、変化していくと思いますよ。

楽しみですね。

そしてそれは、AS様が、けいこヴァールハイトさんや私や他のヒーラーさんも含め、懸命に各種セッションを受け続け、今の状況をなんとかしようととりくんできたからこそ、たどりついたもの。

どうぞ、これまでのご自身の奮闘を、自分で称えてあげてくださいね。

来年のお正月、家族全員、新しい気持ちで、笑顔で迎えられることを、祈念しております。

きょうも明るいほうへ  マモル