こんにちは、マモルです。

「12/11先祖解除セッション」、ただいまお申し込み受付中です。昨日のブログをご確認いただき、よろしければどうぞ。

では、遅くなりましたが、前回の「11/7先祖解除セッション」のご報告。

共通テーマは、「怒り」でした。

それが向けられているのは、おそらく、かなり近しい人に対して。

親兄弟、子供、親戚のような血のつながった関係、もしくは、恋人・配偶者、その家系、もしくは、一時的には仲の良かった、親友だったり仲間だったり、幼馴染だったり、そういったつながりの中で、大きくこじれたもの。

「怒り」とは、根本的には、「自分の思い通りにならない」「自分のことを理解して尊重してくれない」「自分を見てくれない」「自分を大事にしてくれない」ということに対する思いから、出てくるものですから。

要するに、「私を見て!」「私をもっと大事にして!」という思いの裏返し。

そして、その「怒り」は、先祖や過去世の自分自身が、誰かに「呪い」をかけたりかけられたりした、という形で、今に顕現していたものだったのかもしれません。

そして今回、身請け神社としては、いつもの愛宕神社・赤坂日枝神社に加え、変更した会場に近いということで、私のブログでたびたび紹介している、元神明宮・芝大神宮にお願いしました。

まず、愛宕神社。

手を合わせていると、小さな子供たちが、手をつないで仲良く踊っている様子が浮かんできました。

「小さな子供に返し、喜びを思い出させる」と言うのです。

正直、この時点では「?」。

とりあえず、疑問はそのままにして、次の赤坂日枝神社に向かいます。

すると、あっさり理由がわかりました。

赤坂日枝神社の境内は、「七五三詣り」の家族連れで、あふれていたのです。

家族みんな、笑顔で、楽しそう。(顔があまり写らないように撮っているので、写真ではわかりにくいかと思いますが)

そして、手を合わせていると、「この喜びのエネルギーをもっていくように」と伝えられました。なるほど。

「怒り」があるとは言っても、決して、生まれてから死ぬまで、生涯ずっと、怒り続けていたわけではないはず。

生まれたときは、家族に喜ばれただろうし、まだあまり物事がよくわかっていない幼い頃は、楽しかったこと、喜びごとも、それなりにあったはず。

そのときの思い、感覚、エネルギーを、あらためて呼び覚ます。

セッションを通じて、「喜び」のエネルギーを通じて、「怒り」のエネルギーを和らげ、解消・解放させていくんだな、と感じました。

そして元神明宮、芝大神宮からは、特にメッセージ的なものは何もありませんでしたが、「わかっておる、しっかりやんなさい」という激励のような印象を受けました。

メインで動いてくださったのは、やっぱり愛宕神社様、赤坂日枝神社様で、こちらの2つは、そのサポート、という立ち位置だったのかもしれません。

そして本番。

手順的には、これまでと特に変わることはなかったものの、光の柱を立て、そこから上に上がっていってもらうときには、これまでにまして、大きな「愛」のエネルギーが、広がっていったことを感じました。

そういう意味では、ロウソクが激しく燃え上がったりすることはなく、むしろ、終始穏やかに進んでいったセッションとなりました。

一方、お受けいただいた皆様に、このご報告をさせていただくと、感想として返信されてきたのは、「膿み出し」としての“怒り”“体調不良”、呪術解除のサインとして見た動物や虫、夢の話など。

どちらというと、「呪術解除」的なところに、大きく反応されているようでした。

そこもふまえて、セッションから3日後の11/10に、まず、「F49+」の領域からの、「呪術解除の光」を送らせていただきました。

詳しいことは割愛しますが、お受けいただいた皆様の魂に、ベッタリと貼りついていた護符・魔符の類を、全て“無”に帰し、まっさらの状態に戻し、そこに根源からの光を浴びせることで、「生の喜び」を目覚めさせる、そういうことを意図してお送りさせていただきました。

そして、そこからのご感想等をふまえ、11/18に、2回目の「F49+」の領域からの、「浄化と変化変容の光」をお送りさせていただきました。

このときは、ひたすら、圧倒的な光による、浄化。

肉体に現れている不調、疾患、そうしたものの原因を根本から解消し、さらに、自分で握りしめている執着や思いを解放し、徹底的にきれいにする。

さらに、薄くて透明で、ぱっと見ただけではよくわからないけれども、非常に強く頑丈で、ネガティブなものを一切弾き飛ばす、「光のベール」を、お申し込みの皆様の身体に、魂に、まとわせていただきました。

これにより、「他者の思い」「他者の横やり」の影響を、受けにくい状態となり、その結果としての「自分が大事にされていない感」が薄まっていき、それが原因となっている「怒り」が消えていく・・・そういう流れを、作らせていただいたつもりです。

もちろん、その効果がどのように現れてくるかは、その人の状態によって違います。より問題が根深い人の場合は、すぐには明確なことは、感じられないかもしれません。

ただ、この「11/7先祖解除セッション」では、私としては、これまでの最高レベルの「浄化」が、できたのではないかな、と思っております。あくまで「当社比」でのことではありますけどね。

そして、次回の「12/11先祖解除セッション」では、このところお伝えしてきたとおり、特に「呪術解除」の部分について、さらにバージョンアップした形で、とりくませていただくつもりです。繰り返しになって恐縮ですが、よかったらどうぞ。

それでは、明日からは、いただいているご感想等、ご紹介していきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル