こんにちは、マモルです。

本日、「11/7先祖解除セッション」、取り組ませていただきます。

お申し込みの皆様、どうぞよろしくお願い致しますね。

そして、昨日に引き続き、事前のご感想、その2。

正直、この話は、自分にとってもかなりプレッシャーなのですが、しっかりやらねば!という気合を入れる意味でも、あえてご紹介させていただきますね。なお、プライバシーに関わる部分は、多少整理し、表現をいじらせていただいております。ご了承くださいませ。

ご主人の家系の供養をお申し込みくださった、HS様から。

 

【HS様からいただいた、事前のご感想  ※かなり略】

『年明けに、マモルさんの先祖解除セッションを、夫と二人で受けて以来の、申し込みとなります。

その後、けいこヴァールハイトさん「ワールド先祖解除セッション」、「呪術解除セッション」等を、夫婦で、変わりばんこに、受けていました。

実は去年の夏、夫に、ある症状が見つかり、経過観察となっていました。

そして、今年の夏に検査したところ、早めに手術した方がいい、という話になり、大きな病院を紹介して頂きました。

しかし、その病院の先生の話を聞き、手術のやり方等について、やりとりをしているうちに、「この先生は、夫の手術に関して、失敗するリスクを恐れているんじゃないか?」と、思うようになりました。

私自身、自分の身体の事で、普通の人よりは多く、いろんな先生と接してきたので、「このタイプか」と、がっかりしました。

自信のない先生は、プライドが高い人ほど、リスクがある手術とかになると、口調がきつくなり、質問されるのを嫌がるので。

二人で、がっかりして帰ってきました。

その後、ネットでいろいろ調べて、その分野については「神の手」と言われる先生のサイトに、たどりつきました。

メール相談が可能だったので、相談のメールを送りました。

とても忙しい先生で、アメリカと日本を行ったり来たりしてるので、あまり期待せずに、返信を待ってみようと思っていました。

そしたら、次の日の朝に、先生の秘書から電話があり、先生の代理で回答をいただきました。

先生が日本で手術を行ってる何件かの病院の家から、近い病院院の先生に、すでに話をつけていただいたそうで、その先生から電話がくるようにしてある、とまで、おっしゃって頂きました。

ちょうど10月から12月まで日本におられる予定だったそうで、タイミングが良かったとのこと。

もう、びっくりです。

こんな有名な先生なのに、夜に送ったメールの次の日の朝に電話がきて、しかも診てもらう病院の先生にも話をつけておいてくれて。

そこから、10/26に、その先生のところに、話を聞きに行くことが決まり、夫とけっこう話し合いました。

というのは、やはり手術をするとなると、後遺症が残る可能性もあり、夫には、かなり不安があります。

で、実は、けいこヴァールハイトさんの「10/25ワールド先祖解除セッション」を、私が申し込んでおりまして、そのせいか、いろんなトラウマや恐れが、「膿み出し」として出てきました。

私は、今回間違えた選択をしてしまったのではないか、手術をすすめられるのは当たり前、夫が手術をやりたくないと思っているのに、紹介してくれた先生にも、迷惑をかけてしまうことになるのではないか、と。

先走った行動をしてしまったのではないかと、前日の25日の夜は、眠れませんでした。

そして、26日朝、マモルさんのブログを見たら、「先祖解除セッション」の募集をしており、速攻申し込ませて頂きました。

病院の待合室で、夫に、「マモルさんの先祖解除セッションの募集が、たまたま今日だったから、申し込んでおいたよ」と報告したら、本人も不安だったんでしょう、「ありがとう」って、言っていました。

そして、紹介して頂いた先生と対面。

その先生の、明確・的確かつ丁寧な説明を聞いて、夫は、ここで手術すると、すぐに決めました。

こんなにあっさりと決めることになるとは、夢にも思いませんでした。

マモルさんが「お申し込みの時点からいろいろと動いていきます」と、いつもメールでおっしゃっていますが、おかげさまで、ありがとうございます。

26日、病院に話を聞きに行く前に、ご先祖様に、「良い先生(人柄と腕)の元で、最善の手術ができ、後遺症も残りませんように」と、拝んでいきました。

手術日は、11月中旬と決まりました。

どうぞよろしくお願いいたします』

 

・・・HS様、ありがとうございます。

大きな決断をされましたね。

でも、ここまでの流れをみると、最終的に、その先生にたどりつくまで、様々なご先祖様からの“サポート”が、入っていると思います。

「神の手」とまで呼ばれる先生から、メール相談の翌日にすぐ回答があり、しかもいろいろ話をつけてくださっていた、これはもう、ほとんど『奇跡』ですね。

そして、実際に、安心して信頼できるよい先生に巡り合え、募っていた不安も吹き飛び、すぐに決断できた。

こうした流れ、きっと、ご先祖様やガイドを中心とした、HS様ご夫婦を守ろうとする、「見えない世界の存在」が、つくってくれたものだと思います。

特に、ご先祖様からすれば、「子孫」の生命を守ることは、最大の優先事項ですからね。

当日の朝、私のセッションを申し込まれたのは、そうした流れの、単に最後の後押しの1ピースになっただけだとは思いますが、それもまた、必要なピースだったのではないかと。

でもまだ、「手術が決まった」だけで、本番は、これからです。

その成功に向けた1ピースとしても、本日の「先祖解除セッション」が位置付けられているのだとすれば、私も、これまで以上に気を引き締めて、しっかりやらせていただきたいと思っております。

全力で務めさせていただきますね。

というわけで、本日、「11/7先祖解除セッション」、どうぞよろしくお願い致します。

きょうも明るいほうへ  マモル