こんにちは、マモルです。

「11/7先祖解除セッション」本日まで、お申し込み受付中です。こちらのブログをご確認いただき、よろしければどうぞ。

では、前回の「8/14先祖解除セッション」でいただいているご感想、その4です。

私の他のセッションはお受けいただいたことがあるのですが、「先祖解除セッション」をお受けいただくのは、今回が初めてとなった、HU様。

ご先祖様からのサインとしか思えないようなことがあった、とのこと。

 

【HU様から、2回目の追加の光までお送りした後の、8/27にいただいたご感想 ※一部略】

ご先祖さまからのサイン?と、思うことがありました。

私の母の父方の土地が、M市にあるのですが、そこに生えている木の枝について、近所の方から母に対し、「電線にかかっていて危ないし、倒れたりすると賠償問題にもなりかねないから、切った方がいいのでは」との連絡が入ったのです。

お墓もすでに移しているので、もうあまり行くこともなく、毎年、草刈りだけを頼んでいる状態でしたので、盲点でした。

さっそく、切る手配をしたそうです。

大きい木でしたので、切るのには、抵抗もあったようですが、ご先祖さまから、お許しが出たのかもしれません。

また、追加の2回目の光を送っていただいた当日朝には、4歳と6歳の息子が同時に、「私が殺される夢」を見たようで、起きてから、「怖い夢をみた」と、グズっていました。

1人は、私が殺されているのを見つけた後、お姉さんが出てきて、「イチニのサンで、ジャンプね!」と言って、屋根の上にジャンプして、逃がしてくれたそうです。

もう1人は、部屋中血の海で、外に出て中を見ようとしたときに、目が覚めたそうです。

こういう怖い夢は、セッションの“良い効果”だと思っていますので、安心して聞いていられました。

また継続して、お願いしたいと思っています!

ありがとうございました』

・・・HU様、こちらこそありがとうございます。

こういうのは、ご先祖様からのサインで、もう間違いないですね。

こうした、「大きな問題になる前に、その芽を摘み取る」「事前に危険を回避する」というような現象も、先祖供養の後は、よく起きます。

供養する側としては、ついつい、“いま問題になっていることへの対処”を期待してしまうところですが、ある意味、見えない世界の方からは、“全てが見えている”わけなので、生きている者の思いとは、優先順位が異なってくることもあります。

実は、HU様からは、父方のお墓に関して抱えている問題が、少しでも好転していかないか、という期待を伺っていましたが、今回は、まず母方の方から、動いたようです。

でも、このように、父方の方の問題が大きいとき、まず「母方の方の守り」を先にしっかり固めてから、父方の問題への対応が始まる、というケースは、よくあります。(実際、私もそうでした)

できる範囲でかまいませんので、地道に「先祖供養」に取り組んでいただくと、いずれ、父方の方にも、手がかけられていくかと思います。

そして、息子さん2人、同時にそういう夢を見た、というのは、すごいですね。

でもこれは、間違いなく、息子さん2人の心の奥底にある、「恐れの解放」につながっていますから。

そして、連動して、お母様であるHU様の「恐れの解放」にも、つながっているはずです。

このあたり、現実的に目に見える成果としてわかってくるのは、もうちょっと時間がかかるかもしれませんが、こうしたことの積み重ねは、必ず現実を変えていきますから、安心して、継続していく変化変容を、楽しんでくださいね。

HU様のご家族皆様の日々の安寧と、さらなるご健勝・ご発展を、祈念しております!

きょうも明るいほうへ  マモル