こんにちは、マモルです。

9/30に行わせていただいた、「山幸彦様・豊玉姫様の“幸魂様”セッション」のご感想、その3の2です。

昨日のブログの続き、AU様からいただいた感想の2通目になります。

 

【AU様から、10/3にいただいたメール ※一部略】

『その後のことです。

上司から、「君しかできない、任せた」と、会社の年間生産量を決める仕事を任されました。

変化というと、今の仕事を辞めて他の仕事に、という話をよく聞きますが、私の場合は、今の仕事が面白く、やりがいを感じているので、このことは、大変励みになりました。

また、春先に録画していたドラマを、やっと視聴できました。

実は、上の子は見たいと言っていたのですが、下の子が見たくないと言うので、ずっと見られないままでいたのです。

でも、あるとき、ふと、「見てもいい?」と尋ねてみたら、下の子が、「いいよ」と言ってくれたのです。

今までは、何度確認しても首を振っていたので、その変化に驚きました。

そのドラマは、源氏物語の光源氏が、現代にタイムスリップしたという設定のもの(※これですね)で、光源氏は、現代の暮らしを楽しみつつ、しかしやっぱり元の世界に戻りたくて、でも、戻れないままでいました。

やっと見られた最終話。

光源氏は、「意に沿わず、現代に来てしまったが、戻れるか戻れないかわからない元の世界に執着することなく、今を大事にしたい」と、決心していました。(※画像はネットからお借りしました)

その言葉が、心に響きました。

「執着しないこと」「今を大事にすること」、そういう姿勢が大事であることを、このタイミングで見せられたのかな、と思いました。

また、昨夜見た夢ですが、母と、自分の子供たちと、高級旅館に泊まっていました。

客室でのんびりして、ちょっと外に出ようか、と部屋を出たら、実はこの旅館は、執筆家仕様で、部屋でも廊下でも執筆できるスペースがあり、廊下でも、執筆している人がいました。

階段を降りようとすると、従業員の方が、清掃を終えて、立ち去るところでした。

その階段、なぜか、一段が、一メートルくらいあります。

しかし、私も、子供も、楽に降りられました。

母も、恐る恐るながら降りることができ、あれ?という感じでした。

さまざまな思い込みをなくし、今、側にある、既にあるものに気づき、大事にすることで、自分の幸福とは何かに気づき、実現できるのかな、と思いました。

「今の自分が幸福であることを許す」、という感じですね。

今までの自分は、子育てが終わったら、退職したら、そのときには、好きなことをしよう、楽しいことをしよう、したいことをしよう、と思っていて、「今」を見ていない面があったと思います。

また変化変容、気づきがあれば、ご報告致します』

 

・・・AU様、ありがとうございます。

会社から認められ、大きな仕事を任された、素晴らしいですね。

これもまた、ギフトですね。

そして、ドラマからも、夢からも、「今を大事に」と、メッセージを送られていて、それをしっかり受け取ることができている。

また、一段が一メートルもある大きな階段をあっさり降りられるのは、「恐れ」の解放と連動しています。

だから、何でも、怖がらずにやってみれば、あっさりできる。

大きな変化変容が進み、素晴らしい流れに乗りつつあると思います。

AU様からのメール、あすまた、3通目をご紹介させていただきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル