こんにちは、マモルです。

9/30に行わせていただいた、「山幸彦様・豊玉姫様の“幸魂様”セッション」のご感想、その3の1です。

以前、こちらのブログ「やっぱり事前から」で、「人格者の先取り体験をしたのでは?」とお寄せくださった、AU様から。

実は、終了後、立て続けに3通のご報告メールをいただきまして、できれば全部ご紹介したいので、きょうはまず、セッション翌日に、さっそくいただいたご感想から。

 

【AU様から、セッション翌日の10/1にいただいたメール ※一部略】

『セッションを受けさせて頂き、誠に有難うございました。

先日ご報告いたしました、「人格者とはこんな感じかな」という状態の体験ですが、その後、「人格者ならこうするのか、こう考えるのかな」と、いろいろ思えるようになりました。

人格者になるには、自分で自分の性格やものの考え方、とらえ方を、変えてゆかねばなりません。

でも、一度、「人格者の先取り体験」をしたおかげで、全然何もわからずに人格者を目指すのではなく、あの状態を目指すにはどうすればいいのか、と筋道を考えやすいですし、理想があるので、頑張れます。

またセッション当日の昨日は、膿み出しなのか、職場のチーム内でミスが発覚したほか、車を駐車場に停める時、車の後ろをものにぶつける、ということがございました。

ただ、ミスをきっかけに、チームの連帯が更に強まりましたし、車も、特に傷はございませんでした。

以前なら、こういうことがあると、気分が落ち込みイライラし、自分を責め、家族にあったったりしましたが、ミスは反省しつつも、今後どうすればいいか、と前向きになれましたし、車のバック駐車も、カーナビ画面で注意表示が出ているのを、今までは、「もうちょっといける、まだいける」と無理していたところがあったので、今後は、その注意表示を守ろうと、前向きに考えることができ、気分の落ち込みがありませんでした。

あと申し込んでから昨日に至るまで、思ってもみなかったプレゼントを、3人の方から頂きました。

貴重な書籍、お菓子の詰め合わせ、鰻と、どれも嬉しいものばかりでした。

 

そして、セッション当日に見た夢です。

実家にいて、外は雨が降っています。

家の中では、両親、父方と母方の両方の祖父母が旅行から帰ってきて、荷物を広げています。

私は、学校に行く日のようで、母からお弁当のサンドイッチを受け取りました。

ラップがうまくかかっていないせいか、「自分でかけなおすね」と言うと、母が、「そうすればいいのかー」と、にこにこ話しかけてきました。

手帳を見ると、昨日までは、1・2限は授業がなかったのですが、今日は1限目から授業があるようです。でも、もう時間は、3限目くらいになっています。

しかし、焦ることもなく、「まあ仕方ないな、家族が帰ってきたんだし」と、悠長です。

祖父母たちのところに行くと、知らない外国人の少年がいました。そこで、たわいもない話をしました。

誘拐とかではなく、少年ですが、旅行先からついてきた、という感じでした。

以上が、夢の話です。

現実には、母とは、物心ついたときから、うまくいっていませんでした。

最近は改善しましたが、大学を卒業するくらいまで、母からは、心無い言葉をかけられたり、態度が冷たかったりして、「自分は生まれてこなければよかった」と、心底思っていた時期がありました。

でも、この夢で、そういう傷が、さらに癒されたのかな、と思っております。

また気づき等がございましたら、ご報告申し上げます』

 

・・・AU様、ありがとうございます。

膿み出し的なこともあったようですが、それを前向きにとらえることができ、気分が落ち込むこともなかったというのは、本当に素晴らしいですね。

嬉しいプレゼントが続いたというのも、見えない世界からのギフトが、具現化してきている証拠。

そして夢は、おっしゃる通り、AU様の心の奥の奥の根幹にある傷の癒し、解放につながっています。

いや、短期間に、すごいですね。

そして、AU様からは、2日後にもメールをいただきました。そちらのご紹介は、また明日。

きょうも明るいほうへ  マモル