こんにちは、マモルです。

まず、ご連絡です。

ちょっと今週キャパオーバーになるほど忙しく、一週間ほど、ブログ更新をお休みさせていただく予定です。余裕があれば、短くアップするかもしれませんが、基本的には、今週いっぱい、新規更新はないと思っていただければと。

毎日チェックしてくださっている方がいるとしたら申し訳ありませんが、ご了承いただければ幸いです。

なお、メールは随時目を通しておりますので、セッションのご感想やご報告、問い合わせ等は、遠慮なくどうぞ。ただ、今週中は、返信をする余裕はないと思いますので、そこはお許しくださいませ。

で、このご連絡だけで終わってしまうのもあんまりなので、ここからは、いただいたご感想のご紹介を一つ。

9/2に1回目、9/8に2回目、9/15に3回目の光を送らせていただいた、「自分の本質を解放する光のセッション」

経過報告7でご紹介させていただいたHT様から、「3回目の光」を受け取った後に起きたことのご報告です。

実際には、このメールの前に、「明らかに呪術の解除だな」という夢のご報告もいただいていたのですが、その内容は割愛します。

 

【HT様からのメール ※一部略】

『3回目の光を受け取ったあとの変化を、お知らせします!

とてもいいことがありました。

同業者で、一緒に活動していくために、親しくつきあっていかないといけない人がいたのです。

でも、私の中に、「この人、突然ピリッとしたこと言うから、怖い」と感じがあって、あまり近づけないでいたのです。

でも、その感覚がポロッと取れて、カジュアルに親しくやりとりができるようになりました!

とっても助かりました。

私には無い魅力のある、素敵な方なので、憧れる気持ちがありました。

また、彼女にも、実は困っていたり弱かったりする部分があって、そこを、私がサポートできることも、わかりました。

私の怖がりと、彼女の棘が、一緒に取れた感じです。ちょうどよくなりました。

なんだかぐっと距離が縮まって、今後が楽しみです。

そして夢では、先のメールでお知らせ済の夢に出てきた祖父が、また、出てきました。

前回の夢では、祖父は布団に寝ていて、大蜘蛛にたかられていましたね。(※このあたり、家系から流れてくる呪術の解除でしょう)

でも、今回の夢では、私と娘と3人で、小旅行に出かけている夢でした。

実際には、祖父は、生前耳が遠く、そのために旅行に行くこともありませんでしたし、娘は、祖父の死後に生まれていますので、祖父と会ったことはありません。

夢の中の祖父は、前リュック姿で、その中を見ると、空っぽの水差しや器が、10個ほど入っていました。

どれも古そうですが、きれいです。

娘も、新しい花柄の丼のような器を、嬉しそうに抱えていました。

3人で、小綺麗な小京都のような町の橋を、渡りました。

何か、お掃除がすすんだのでしょうか。

いい夢でした。

ありがとうございました。』

 

・・・HT様、こちらこそ、ありがとうございました。

まずは、お仕事での人間関係について、素晴らしい変化があったようで、よかったですね。

やっぱりそれは、HT様のエネルギーが変わったからで。

HT様の中にあった“恐れ”が消え、その“恐れ”が創り上げていた、防御としてかまえていた盾、近寄ってきたら攻撃するぞと向けていた剣が消えて、それが柔らかな物腰の態度として表出してくるとき、目の前のその人も、攻撃態勢を解き、笑顔で握手を求めてくる。そして、心を開いた会話が弾み、お互いをサポートしあう関係が構築されていく。

この流れが、一言でまとめれば、「自分が変わり、自分が放つ周波数が変わると、現実が変わる」ということであって。

たぶんその方との関係が、いまこのタイミングで、HT様の成長にとって、必要なのでしょう。せっかく築き上げた関係、どうぞ大事にされてくださいね。

そして、前回の夢が、わかりやすい「呪術の解除・解放」であったとすれば、今回の夢は、おっしゃる通り、「一定のお掃除終了」のメッセージですね。

抱えている水差しや器が、「古そうだけどきれい」というところがポイントで。

たぶんお掃除前までは、埃をかぶって、ゴミの中に埋もれて、見つけることができなかったもの。

それを見つけ出してきれいにお掃除したことで、その器の中に「何かを受け取れる」状態がつくれた。準備ができた。そして、橋を渡って、それを受け取りに行く、楽しい旅路が始まった。

その「何か」が具体的に何なのかはわかりませんが、たぶんHT様なら、直感でわかると思いますので、「これだ!」と思うことがあったら、しっかり受け取ってくださいね。

HT様の、これからの飛躍上昇を応援しております!

そして、あらためまして、一週間ほど、ブログ更新お休みいただきますね。お許しくださいませ。

きょうも明るいほうへ  マモル