こんにちは、マモルです。

9/2に1回目、9/8に2回目、9/15に3回目の光を送らせていただいた、「自分の本質を解放する光のセッション」

さっそく、「3回目の光」を受けてのご報告もいただいておりますが、とりあえずは、引き続き、「2回目の光」までの時点でいただいている経過報告から。

以前、こちらのブログでご紹介させていただいた、「セッション前、自己否定癖が顕著になった」という、SS様からの、その後の経過報告のメールです。

 

【SS様から9/10(木)にいただいたご感想  ※一部略】

『1回目の光を送っていただいたのと前後して、私自身も、“体の浄化”が、始まったりしました。

眠い、というのは確かにそうだったのかもしれません。

夜、夢も見ないぐらいに、かなり、ぐっすり深く眠っていました。

そして、2回目の光を送っていただいてから、寝入りばなの少しうとうとしている状態で、鮮明なビジョンをみました。

食べ物が盛り付けられている皿の中に、なぜか巨大なGが・・・という映像が、頭の中に突然出てきました。

こういうものも、何かネガティブなものが、外れていっているのでしょうか?

そして、今朝見た夢は、会議室のような場所で、ミーティングなのか集会なのかをしなくてはいけなくて、その場所に、時間までに行こうとしていました。

なぜか、私が、他の人達の、案内係をしなくてはならない状況でした。

その場所は、遠いし、行ったことないし、他の人(あと5、6人ぐらいいる)をせかしても動かず、なかなか誘導できず、「困ったな、開始時間が来てしまう~」と思っているような夢でした。

そして、たどり着けないままタイムアップしてしまって、ほんのり焦りが出てくるような夢でした。

実生活では、最近ないシチュエーションなので、不思議な感じです』

・・・SS様、ありがとうございました。

まずは「顕著な自己否定癖」の方は、落ち着かれたようで、よかったです。

前段の「G」の夢は、もう典型的な、「呪術」の解放ですね。

ちょっと考えすぎかもしれませんが、食べ物の中に「G」ということで、もしかしたら、身体に悪い、よくないとは思っているものの、なかなかやめられない嗜好品のメタファーになっているのかもしれませんね。

もしくは、食べ物に限らず、なかなか治せない、やめられないでいる、悪い癖や習慣みたいなものに、連動しているのかもしれません。

この後しばらくして、ふと気がついたら、「そういや、最近あれを食べてないな、そういや、最近、あれをやらなくなったな、別にどうでもよくなったな」みたいな思いが、出てくるかもしれません。また何かわかったことがあったら、教えてくださいね。

そして後段の「焦り」の夢。

これは、セッション開始前に浮上してきた「顕著な自己否定癖」と連動していて、「自分には(何も)できない、自分ではダメだ」という思いの「解放」につながっています。

中でも、「他の人が、せかしてもなかなか動いてくれない」というあたりは、「自分の言うことなど、どうせ誰も聞いてくれない」という思いのメタファーにもなっています。そうした部分の「解放」につながっている。

ですので、着実に、SS様の中では、様々な「解放」、そして変化変容が進んでいる、ということだと思いますよ。

まだまだ途中ですし、明確に変化に気づけるまでには、もうちょっと時間がかかるかもしれませんが、どうぞ、毎日をリラックスしてお過ごしいただきながら、怖がらずに、ご自身を“変わるに任せて”くださいね。

ふと気がつくと、「以前とはどこか違う自分」に、もうなっていると思いますから。

SS様の飛躍上昇を、心より応援させていただきます。

きょうも明るいほうへ   マモル