こんにちは、マモルです。

9/2に行わせていただく「自分の本質を解放する光のセッション」、さっそく、セッション前からいろいろと、夢や気づきや出来事のご感想等をいただいております。

私のセッションを、今回初めてお申し込みくださった、SS様から。

 

【SS様から、申し込み3日後にいただいたメール ※一部略】

『申し込みをさせていただいてから、自己否定癖が、顕著になっている気がします。

周囲の人からの好意や褒めていただく言葉があっても、「本当はポテンシャル的なものが凄い」と言っていただいても、三次元的には何もなしていない自分には何もないし、何も出来ていないので、あまり生きている意味はないのかなと、思ったりもします。

根深いです。

自分が思う自己像と、他の方がアクセスして見てくださっている自分が違いすぎていて、本質を発揮できないと、しんどいなと思えます。

もう必要ない自己像自体から、離れていければと思います。

あと、同居パートナーが、昨夜、体調を崩しました。

一晩たってみたら、大丈夫なようですが。

よろしくお願いいたします』

・・・SS様、ありがとうございます。さっそく始まっていますね。

このケースは、先日のブログでご紹介させていただいた、KY様のケースに似ていますね。

自己否定癖を手放すために、一時的に、自己否定癖と向き合わされる。自己否定がもっと強くなる。

これ、どうして起こるかというと、「お掃除をしていると、その最中は、自分も埃まみれになる」から。

エネルギーの世界では、SS様の内側にある「自己否定癖」をお掃除して、その塊を取り出して、外に捨てる作業が行われています。

お掃除して、塊を取り出すためには、そこにそれがあることを、見ないわけにはいかない。

そして、その作業の過程の中で、どうしても少しばかりは、その「自己否定癖」の細かい飛沫や粉じんが、エネルギーの世界に舞ってしまう。飛び散ってしまう。

すると、それがエネルギーの世界にあることで、それが「具現化」していってしまう。

これが、「膿み出し」という現象につながっていきます。

でも、あくまで一時的な現象にすぎず、お掃除が進み、大きな塊が取り出されていけば、収まっていきますので。

あとちょっとの我慢だと思って、あまり気にしないようにして、意識を向けないようにして、とにかくやり過ごしてみてください。

とにかく無理せず、早くたっぷり寝て、ゆっくり休む。リラックスする。

それが、エネルギーを全体的に落ち着かせることにつながりますから。

そして、ご夫婦や親子、パートナー間は、エネルギーコードが強くつながっているので、連動して、体調を崩したり、変な夢を見たり、ということも、よくあります。

でも、それも、ある程度したら、落ち着くはずですから。

そして、その時期をすぎたら、これまでにはない落ち着き感・スッキリ感を、感じることができるようになるはずです。

セッション、しっかり務めさせていただきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル