こんにちは、マモルです。

「(9/2)自分の本質を解放する光のセッション」満員御礼となりましたので、お申し込み受付は、終了させていただきました。お申し込みいただいた皆様、ありがとうございました。

さて、引き続き、「7/26隠された扉を開ける光のセッション」でいただいたご感想、その8です。

セッション1週間後、そして3週間後に、いろいろとご感想をお送りくださった、MI様。

つながっている部分があるので、抜粋になりますが、二つのメールを、あわせてご紹介します。

 

【MI様から約1週間後にいただいたメール ※抜粋です】

『当日、光を送っておられた時間帯は、まだ起きていたのですが、体感として、何かを感じることはありませんでした。

ただ、日曜夜にしては遅くまで起きていたにも関わらず、翌朝の目覚めはすっきりしていたので、それもセッションの効果ではなかったかと思います。

その後、月曜の昼間は、やはり仕事中かなり眠くなってしまって困りましたが・・・。その夜は早めに就寝しましたが、翌日も結構眠い時間帯があって、なかなか辛かったです。これもセッションの影響でしょうか?

ただ、この一週間は、たまに眠い時があるものの、朝の目覚めはわりとよい感じで、体調的にも、いつもより体が軽い感じがしました。

セッション前後から、夢はいろいろと見たのですが、残念ながらハッキリと覚えておらず、少しだけシェアします。

ひとつは、セッションの前くらいに見た夢。

何かバタバタと、動きまわっている夢でした。

外から見ると、高い板塀に囲まれたテーマパークのような所で、ちょっとしたジャングルの中に、いろいろな建物が建っている場所で、内容は忘れてしまったのですが、私は何かのミッションがあって、誰か仲間がいて、一緒にそこへ入っていく夢です。

ターザンのようにロープを使って、木から木へ飛び移って移動したり、木々の間を縫って隠れたりしながら、その敷地内にあるいろいろな建物へ入っていったりする、何かの遊びとも、潜入捜査ともつかないようなことをしていました。

入っていった建物のひとつには、友人も居て、そこで何やら話をしたのを覚えています。

友人は、私がここまでやって来たことに、少し驚いていたようです。

もうひとつは、昨日(8/1)の土曜日の朝、一旦目が覚めた後、すぐ起きずにまどろんでいた時の、夢とも何とも言えない(感覚の?)夢です。

うつぶせの状態で、後頭部を誰かに抑えつけられる圧迫感を感じ、何だろうと思って手をやると、誰かの片手が、私の頭を抑えつけているようでした。

触った手は大きく節くれだっていて、私はなぜか、その手を男性のものだと認識し、得体がしれなくて、「嫌だ!」と思って、手をつかんで頭からはずすと解放され、それは何事もなく、消えてなくなりました。

「今のは何だったのか・・・」と思って目を開けると、私はうつぶせになっているわけでもなく、ベッドに普通に寝ており、特に部屋の様子も変わりなく、夢だったのだと思いますが、ちょっと怖かったです。

また、もうひとつは、8/2(日)の目覚める前に見ていた夢です。

やっぱりどこか、ドタバタと動き回る夢で、職場の同僚が何人か出てきました。

何か見知らぬところに居て、どうやら、とある建物の中で、やたら解放感のあるエレベーターに乗って、40数階くらいまで上のフロアにいかなくてはいけないのですが、エレベーターなのに、まるで遊園地のアトラクションの乗り物みたいな作りで、扉や壁などがなく、見晴らしはかなりいいのですが、乗り場全体が手すりのような鉄の柵に囲まれていて、その中に、結構な人数が乗っていて、上昇するときにふり落ふりとされたりしないか、ヒヤヒヤしつつ、手すりにつかまりながら、乗っていくような夢でした。

夢ではなく、現実的なところでは、今現在、私は契約社員のようなものなので、来年度も継続して今の仕事をするのか、契約終了して新たに就活するのか、という悩ましい状態でズルズルと進んでいるのですが、偶然気になる職種の募集情報をキャッチし、次の月曜日までが応募期限になっていたので、とりあえず応募することができました。

この後どうなるかわかりませんが、まずは募集情報を逃すことなくキャッチできたので、こういうのも、今回のセッションのおかげかもしれません。

セッションから約一週間の間、身体的な面や気力の面でも、普段よりてきぱき動けるくらいには元気な状態が続いているので、いい感じで効果が出ているのではないかと思います』

 

【MI様から約3週間後にいただいたメール ※抜粋です】

『少しだけ、追加のご報告です。

手で抑えつけられたような、圧迫感の夢のその後。

前回のメールを送った日の夕方、お風呂掃除をしている時に、ほんの数分くらいの間でしたが、ちょうど抑えつけられた後頭部の辺りが、じんわりと温かく、少しピリピリした感じがして、お掃除しながら「もしかして、追加の光のせい?」などと、勝手に思っておりました。

その後、8月4日に、あらためて追加の光を送られたとのメールをいただきましたので、セッションの影響か、または、追加のエネルギーが先に来た?のかもしれません(笑)

温かさを感じたことで、何となく浄化されたような気がしました。

それ以外の身の回りの変化については、すごく変わったというのはあまりないのですが、4月~5月ごろに比べると、職場の環境や人間関係は良好な感じが続いていて、ずいぶんと気持ちが楽になったように思います』

 

・・・MI様、ありがとうございます。

まず、眠気ですが、大きくエネルギー変容が行われていると、とにかく眠くなります。

例えば、マッサージとかエステとか受けていて、いい気持ちになっていると、眠くなりますよね。

それと同じと考えてもらえばいいです。エネルギーと肉体は連動していますからね。

仕事にはちょっと差し障りがあるかもしれませんが、理想を言えば、そういうときは、できれば抵抗せずに、「寝てもらうのが一番!」です。寝ることによって、顕在意識をオフにすることで、より変容が進みますからね。

そして、動き回っている夢二つ、最初のターザンのような夢と、次のエレベーターの夢は、連動しています。

どちらも、エネルギー的に、「レベルがあがった」ことを示す夢。

最初の夢は、もっと宇宙全体を活発に動き回っていた頃の記憶を取り戻し、その当時の力、自由闊達さを取り戻してきたことを示しています。

友人が「ここまで来たの?」と驚いていたのも、納得ですよね。

そして、エレベーターの夢も、ポイントは「上昇」にあります。

これからさらに上がっていく、ヒヤヒヤしながらで怖いけど、でももう、上がるしかない。

そういう流れに乗ってきた、ということですね。

だから、気になる職種の募集情報も、キャッチすることができたんでしょう。

これから、いろんなシンクロ的な出来事も増え、目の前にいろんなチャンスが転がり込んでくることも多いと思いますので、どうぞ積極的に行動してみてくださいね。行動することが、また次のチャンスを呼び込みますので。

そして、頭の圧迫感の夢。

いろいろな要素が複合しているところはあるんですが、変化しようとすることに対しての、「恐れの解放」だと思います。

自分の中にある、変化を恐れる部分が、「男性の手」として現れ、「余計なことをするな」と、頭を押さえつけてきた。

でも、「怖い夢は解放」でもありますから。

この夢、この体験を通じて、変化変容していくとこ、エネルギー的に上がっていくことへの恐怖が、解放されたのだと考えていただければいいかと。

もしくは、「頭を押さえられる⇒出る杭は打たれる」みたいな構図で、様々な周囲からの“無意識の邪魔・横やり”が入り、それを感じ取ったのかもしれませんね。

でも、「追加の光」のせいかどうかはなんとも言えませんが、そのダメージの修復も、すでに済んでいるようですので、気にしなくても大丈夫です。

そして、長くなるのでここではカットしましたが、いろいろ「膿み出し」的なことも、同時並行的に起こっているとのこと。ただそれは、エネルギー変容に伴い、今までの自分にそぐわないものが外れているんだ、そのために起こっている現象なんだ、とお考えいただければ幸いです。

いずれにしても、MI様は、もう「上昇」のエレベーターに乗り込みました。怖がらずに上を目指せば、どんどん上がっていけるはずです。

夢の中に出てきたターザンのように、世界を自由に飛び回る、それがきっと、MI様の「本質」なのでしょうからね。

また何かいいご報告をいただけることを、楽しみにしております。

きょうも明るいほうへ  マモル