こんにちは、マモルです。

「6/27先祖解除セッション」、あさって24日まで、お申し込み受付中です。まだ枠には余裕がありますので、どうぞご遠慮なく(笑)。詳しくは、こちらのブログをご確認いただき、よろしければどうぞ!

それでは、「5/14先祖解除セッション」でいただいたご感想、その2です。

私の「先祖解除セッション」をお受けいただくのは、今回が初めてのM様。

もともとは、親族間の問題や、お墓の今後のことなどをなんとかしたい、ということでのお申し込みでしたが、メインテーマでもあった、「女性の哀しみ」に関係するような夢を見ることが多かったそうです。

 

【M様からいただいたご感想 ※一部略、多少表現を整理しています】

『当初お伝えしていた、お墓などのことについては、とくだん、何も起きていません。

しかし、以前より、父と穏やかに会話をしている自分に、気づきました。

また、以前から夢をよく見るのですが、今回は、「女性性」のテーマにつながっていると思われる夢をいくつか見たので、気づいたことと合わせて、ご報告いたします。

まず、セッションの翌日、5/15に見た夢です。

たくさん並ぶトイレの一室に小さい扉がある。 そこから違う場所に行ける。そこからやって来る女性がいて、扉の向こうの世界に誘われる。その女性の家族にばれるとまずいと思い、私は行かない。

そして、翌5/16、昼寝時の夢。

住宅展示場にいる取引先の人に書類を届ける(現実の職種ではありません)。妹もそこにいる。

すると、上の立場の男性が出てきて、別室に行き、性行為を強要される。

間一髪で逃れ、立ち去ろうとする時に、母がやってくる。母を抱えて逃げ切るしかないと決心する。

場面が変わり、フレンチを食べた後、レシートに、後日カード請求されるはずの金額の記載がなく、不安に思う

地下に「請求額を確認したいお客様はこちら」と看板があり、外から中を覗くと、暇そうなスタッフ同士が食事をしている。その空気の中、入っていくのに気が引けて、聞くのをやめる。

さらに場面が変わり、履歴書を持って飲食店に面接に行く。

お店のドアの前で、これから面接をしてくれる男性が、私のことを悪く言っているのを聞く。向こうは私がいることに気づいていなかったが、私は相手を呼び止め、一言文句をいい放ち、怒って立ち去る。

続いて、5/18に、現実に起きたことです。

早朝、珍しくすっきり目覚めた。

まだ起きるには早く、横になってスマホ画面を見ていると、画面の枠外、あきらかにスマホ上の画面ではない空間に、何か映像が見えた(何が起きたのか、内心かなり焦りました)。

スーツを着た30代くらいの男性が、こちら側向きに椅子に腰かけていて、ステンレスの腕時計をしている。男性は私には全く気づかず、私が覗き見しているような、透視みたいな、不思議な感じ。今現在の映像を見ているのだなと思う。第3の目あたりで見る感じ。妹が、たまに「パラパラ漫画のような映像を見る」「第3の目あたりで見える」と言っていたことを思い出す。このような出来事は初めてで、何だったのか、今もよく分かりません。

続いて5/21、男性からつきまとわれ、性行為をする夢を見る。

そして、その日に起きたこと。

昼間、父がたくさん話をしだした。

私は夕方、突如、部屋の模様替えをしたくなって、作業を始めた(後で振り返ると、まさにマモルさんが変化変容の光を送って下さっていた時)。 最近、父もよく片付けをしている。

また、職場の苦手な女性に数年ストレスを感じており、仕事以外の時も、変な存在を感じていたが、その存在が、気にならなくなった。

これは、マモルさんがコードを断ちきって下さったからだと思う(私にとってその女性は、まさにチビ恐竜みたいな存在)。

とてもすっきりした、全身ビリビリした感じ。

頭が無になり、久しぶりに自分に戻った気がする。

5/23の夢。

焼き魚を食べていると、蝶もくっついているのに気づく。気持ち悪いので、お箸ではがす。

5/24の気づき。

今までは、ストレスを感じる職場環境であっても、周りに悟られないよう、なに食わぬ顔でやり過ごせたが、無理できなくなってきた。

苦手な女性の理不尽な扱いに我慢できなくなり、そのような場面で怒りの感情を抑えられず、機嫌の悪い態度をとるようになった。

体調不良だからか、エネルギーの影響か分からないが、私の態度が今までと変わったことに対し、職場の人も、何らかの違和感を感じているよう。

(中略)

以上です。

これまでに受けたけいこヴァールハイトさんのセッションでも、「女性性にまつわるブロックがかなりある」と指摘されてきましたが、本当に、まだまだあるのだなと、実感しています。

私自身、結婚したいのに潜在意識で男性を嫌っているところがあり、それが現実化しているということでした。

どんどん解放が進み、女性性を受け入れられる自分になっていきたいと、切に願います。

焦る気持ちもありますが、まず自分自身が心地よいと思える環境を整えて、そういったことにお金を使うことを、自分に許していきたいと思います。

本当にありがとうございました』

・・・M様、詳しいご報告、ありがとうございました。感謝申し上げます。

お申し込み時に希望されていた親族間の問題は、様々な原因がもつれ絡みまくっていることもあり、ちょっとまだそこまでは手がかけられなかったよう。おそらくは、M様自身の問題やご家族の状態を解除・解放することの方が、先に必要だったのだと思います。お父様の変化も、その一環ですね。

そして、ひとつひとつの細かいひもときはしませんが、「女性性」に関する夢、本当にたっぷりでしたね。

「性行為を強要される」夢は、もちろん、メインテーマでもあった「虐げられた女性の哀しみ」とリンクしており、そこに妹様やお母様が絡んでくるということは、こうした因縁・呪術が、女性に代々受け継がれてきていることを示します。

さらに、「男性」に怒る夢は、まさしく潜在意識での「男性嫌い」「男性拒否」の現われ。

でも、夢で見たということは、すべて解除・解放につながっているということですから。

透視的な不思議体験も、見ていたのが男性の姿ということで、何かしら、パートナー関係に関わってくるビジョンなのかもしれませんね。

そして、もういろいろ理不尽なことに我慢できなくなってきているということ、それは本当に、大事なことですから。その感覚を大事にして、そうした自分を、抑え込まないでくださいね。

こうしてみてくると、「女性性」だけに限らず、この短期間に、すごく大きな変化変容が、進んでおられると思います。

この流れに乗って、迷わず進んでいくことで、きっとその先に、パートナーとの出会いにも、つながっていく道があると思いますから。そしてさらにその先に、親族間の問題が自然とほどけていく道も、つながっているのだと思います。

M様、どんどんご自身の「女性性」を、開いていってくださいね。応援しております!

きょうも明るいほうへ  マモル