こんにちは、マモルです。

『F49+、光の浄化セッション』、いただいたご感想、その6です。

息子さんと2人でお申し込みいただいたA様。

3日間終えて、不安感のない不安という、不思議な感覚を得られたそう。

 

【A様からいただいたご感想  ※一部略、多少内容を整理しております】

『この度は3日間、ありがとうございました。

毎日、朝方4時頃に目が覚めたり、ホラーチックな夢を見たり・・・目を閉じると、宇宙のようなイメージが広がったりもしました。

3日間、しっかりと、受け取らせていただけた?と思います。

1日目は、朝方に目が覚めると、その後、なかなか寝付けない。夢をみていたはずですが、すぐに忘れてしまいました。

2日目には、怖い夢。昼間は、頭がクラクラしたり、眠かったり、夜は久しぶりに、息子に怒っていました。

「これも浄化かな?」と思うと、それほど怒りを引きずることはありませんでした。

3日目は、たまたま早く帰宅できましたが、眠くなり、夕方2時間も寝てしまい。

申し込んだことを知らない息子も、何か感じることがあったようで、掃除機をかけていました。

話が前後しますが、2日目の怖い夢は、店(私は花屋です)の奥で、いつもお世話になっている、ある先生から、「ちゃんとかかっていなかったみたい、悪いからもう一度かけさせて」と、なんと、「呪いのかかりが悪かった」と言われる、というものでした。

「い、いや、大丈夫です」と、怖くなり、断りました。花を入れておく、大きな冷蔵庫の扉が、ほんの少しだけ動き、そして閉まったように感じて、そこで目が覚めました。

(中略)

また、主人の言動がマイルドで・・・というより、(私に)怯えてるような。今度地雷を踏んだら、いよいよ家出でもされるんじゃないか、という危機感を感じます。

お互い、先祖のやり残しや呪いのおかげで、うんざりしながらの夫婦関係だったのか・・・と思うと、これまでいろいろあったことや怒りの気持ちも、「どーでもいいや~」となってきて・・・消化できたような感じです。

これも解除なのですね。

コロナ騒ぎが始まった頃は不安もありましたが、今はあまり不安感がありません。

「どうにかなるっ‼️」という気持ちの方が断然大きく、逆に、不安感がないということに、「ナンテコト」と、違う意味での不安感にさいなまれています(笑)。

実は、5月にけいこヴァールハイトさんのセッションを受けていて、そろそろ1ヶ月でもあります。

こんなに変わるのですね、ビックリな日々が続いています。

これからも変化を楽しみに過ごしていきます。また気づいた事がありましたら、お伝えさせていただきますね。

今後ともよろしくお願いいたします』

・・・A様、ご報告、ありがとうございます。感謝申し上げます。

息子さんが掃除を始めていた、というのは面白いですね。まさに、部屋の浄化、そして自分自身の浄化です。

そして、夢の話。

「呪いのかかりが悪かった」と言われるとは、いや、ほんとに怖い。

お世話になっている先生が登場したこと自体は、ひとつのメタファーということでおいときまして、全体としては、明らかに「呪術の解除・解放」を示す夢ですよ。

たぶん、ちょっと意識して自分の人間関係を見つめ直してみたときに、おそらく誰か、「なんだかわからないけど、いつも自分を下に見て、高圧的に、支配的に振舞ってくる人」が、近くにいることに気づくんじゃないかと。

もしそういう人が思い当たる場合は、その方との関係性が、徐々に変化してくると思います。もしくは、A様の方で、これまでのような関係性を、受け入れられなくなってきて、距離を置くようになっていくというか。

それこそ、ご自身の心の変化を、じっくり見つめてみてくださいね。

そして、婦関係での気づきや感情の変化も、もちろん、ひとつの解除・解放。この部分には、けいこヴァールハイトさんのセッションの効果が、大きく反映されていると思います。

なにより、不安感がなくなったということ。

そもそも、今回のセッションは、「コロナ騒ぎによって募らされた恐怖や不安の浄化、解除・解放」がメインでしたから、私にとってみれば、一番どストライクで嬉しい報です。

アセンションが進む中、一度こうした変化の波に乗っていくと、どんどん進んでいくはずですから。

まだまだ、どんどん変わっていきますよ。どうぞ楽しみにおすごしください。

A様、またたくさんのご報告をいただけることを、お待ちしておりますね。ありがとうございました。

明日もまた、いただいたご感想、ご紹介していきます。

きょうも明るいほうへ  マモル