こんにちは、マモルです。

『F49+、光の浄化セッション』、2日目終了しました。詳しいご報告は、全日程終了してからということにさせていただきますね。

そして、まだ途中ですが、昨日いただいた感想です。

ご家族でお申し込みいただいたH様から。毎日、楽しみながら、お受けいただいているようです。

 

【H様からのご感想 ※多少整理してお伝えします】

『初日の6/2は、光あふれる一日となりました。

娘の誕生日で、私も仕事を休んで 庭園美術館に一緒に行きました。

クレマチスやバラが咲き乱れ、太陽の光がキラキラ!

マモルさんに光をいただきました。(美術館を出たあとは曇ったので・・)

うつ病の娘の(随分元気になりました)、沢山の笑顔を見られました。

また、5/31のこと。

初めて有料セッションを申し込んだ夫でしたが、いま熱心にとりくんでいる猫撮影で、子猫にガブーっと指を3本も噛まれてしまい、お医者さんに、傷口の中まで、ぐりぐりと消毒されました。

夢でなく、リアルに浄化です(笑)

私は、毎日仕事に追われる、“忙しい病”なのですが、ここ一週間ぐらいは、罪悪感なく、仕事を断ることができています。

そして、セッション申込時から いくつか印象に残る夢を見ています。6/3に見た夢です。

=======

大学のゼミのような感じで、男女4、5人で机を囲んで、外国人男性の先生の話を聞いている。

私はみんなのための食べ物(パック惣菜)から 手づかみでスライス胡瓜にたまごを挟んでまとめた みたいなものを、男性学生の口に入れてあげている。

こっちの人にあげたから 次はこっちの人にあげなくちゃ、と事務的にです。

そうするうちに、いま、先生の大事な話を、半分くらい聞けてないんじゃないか?と気づきました。

私は教授の大ファンなのに、そして教授も私を成長株だと思ってくれてるのに、なぜか私は、みんなが各々つまめばよいはずの食べ物を、自分の手で丸めては、口に入れてあげていた。平等になるように気をつけながら。

=======

・・・後から考えたのですが、これは、「そんなことやめて、教授の話を聞くことに集中するべき」、つまり、「大事な仕事(私でなくてはできない、私だからと期待されている仕事)に集中するために、自分にとって重要じゃない仕事は、断らなくてはいけない」ということを、夢で示しているんじゃないか。変な平等主義(罪悪感)の呪術が、解放されたんじゃないのだろうか?

おお、たぶん解釈が合ってる気がする!

というわけで、このメールをお送りさせていただきました。

この他にも、こわーーい夢も見ています(泣)

ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします』

 

・・・H様、こちらこそありがとうございます。怖い夢はともかくとして、全体的には、とても楽しみながらお受けいただいているようで、感謝申し上げます。夢の解釈も、もちろんそういうことでかまいません。さすがですね。

ただ、これはお申し込みいただいた皆様全員に言えることですが、昨日が「呪術の解除・解放」だったということで、本日は、どちらかというと、ネガティブな体験の方が多いかもしれません膿み出し的な体調の悪さを感じたり、嫌な思いをすることがあるかもしれません。もしかしたら、ご家族での諍いごとなども、起きるかもしれません。

ですが、本日の3日目をもって仕上げとなりますので、どんなことがあっても、それに振り回されることなく、スルーしてすごしてくださいね。もし何かネガティブな感情が湧き上がってきたりしたら、「ああ、私の中に、こんな思いがあったんだ」と思って、いったん受け入れてみてください。「それも私なんだから」と。そこから、解放が始まっていきますからね。

では、本日3日目、「変化変容促進の光」をお送りさせていただきます。1日目でたっぷり浄化をし、2日目で「呪術」として縛り付けているものを解放し、「本来の自分を取り戻した」状態から、さらに「本来の自分らしさを、より発揮していけるように」と、とりくませていただきます。

特に構えておく必要はありませんので、どうぞ一日、リラックスしておすごしください!

きょうも明るいほうへ  マモル