こんにちは、マモルです。

『F49+、光の浄化セッション(3日間連続)』、引き続き、お申し込み受付中です。こちらのブログをご確認いただき、よろしければどうぞ。

なお、昨日お申し込みいただいた方には、本日、返信等させていただきますので、しばしお待ちくださいね。

さて、今回のこのセッションは、自分としてもまだまだトライアル的な部分が大きく、皆様からいただくご感想や体験のご報告が、自分にとってのエビデンス(証拠・根拠・裏付け)となります。

で、他のセッションであれば、いつも「エネルギーは先に行くので、お申し込みいただいた時点から始まりますから」とお伝えしているのですが、今回は、まったくそういう意識は持っておりませんでした。ヘミシンクを使いながらやるセッションでもあるので、ヘミシンク無しの状態で、事前から動くことはないだろうと思い込んでいたのです。

でも、もしかしたら、すでに動き出しているのかも?しれません。

募集開始初日にお申し込みしてくださったA様から、翌日、さっそくご報告をいただきました。

 

【A様から、募集開始翌日の朝にいただいたメール ※抜粋です】

『早速ですが、昨日から今朝にかけて、妙な夢を二つ見ました。

ひとつめは、体全体がぬめっていて、茶色の人間型の異星人が地球にいて、私は仲間と廃屋に隠れている。

外にいる異星人がこちらに気づいて寄ってきたので、仲間に逃げようと声をかけるが、仲間はなかなか動こうとしない、という夢でした。

もう一つは、夜、狭いのに車が多く通る住宅街の歩道に、2歳くらいの男の子が歩いていたので、「危ない」と保護しました。

近所の子供のようなので、その保護者のところに連れてゆくが、“自分は悪くない”というような態度をとられ、子供の命を軽視する様子に、同じ親として、情けなくなる夢でした。

(中略)

実は3月ごろから、けいこヴァールハイト様のチャネリングスクールをご卒業された畠山ようこ様の瞑想クラブに入り、日々瞑想をいたしております。

特に何か見ようとして瞑想しているわけではなく、自分に意識を向け、あいまいになりがちな自分という存在を固められたら、と思っております。

ただ、最近、腰が痛かったり、足が痛かったり、口内のできものが繰り返しできたとき、「痛みはいりません」とか「できものはいりません、お返しします」というようなことを考えると、すーっと痛みが消えたり、できものが消えたりしています。

サイキックというより、自分への罪科意識のようなものが、痛みやできものになって現れていて、「そんな自罰意識はいらない」と思うことで、痛みなどが消えていくのだろう、という風に感じています』

・・・A様、さっそくの夢のご報告、ありがとうございます。私の方ではまったく意識してませんでしたが、やっぱり、始まってるんですねぇ。

もともとA様は、宇宙由来の魂の方。

一つ目の夢は、まさに宇宙時代の過去世体験、宇宙戦争体験としてのメタファーで、捕まってひどい目にあわされるという「恐怖」のブロックの解放、そして、仲間が動いてくれないというのは、「仲間を救えなかった罪悪感」につながり、そこから、「自分の言うことなど、誰にもどうせ聞いてもらえない」という根深い思いや、「自罰ブロック」につながっています。そこの解放が始まっている。

二つ目の夢は、その2歳くらいの男の子の保護者に対する怒りを通じて、自分自身の中にある「母親である以上、子供の命第一であるべき、母としてふるまうべき」という、それはもちろん必要なものだけれども、ちょっと過剰?かもしれない思いの解放につながっています。

これは、ひとつめの夢の、「仲間を守れなかった」ことに対する思いとも連動していて、おそらくは、過去世体験として「子供を失った」、もしくは、先祖の流れの中に子供を失った女性が多くいて、その「執着」的な思いが、先祖からのエネルギーを通じて流れ込んできていることの解放。ものすごく大きなくくりで言えば、女性に受け継がれやすい先祖系呪術の解放、と言えるのかもしれません。

そして、それこそ、瞑想クラブを通じて感じている「自罰ブロックの解放」というテーマにも、連動しているんですね。

そう考えてみると、やっぱり、今回のセッションでお送りするエネルギーは、おそらく、今のその方にとって、そのタイミングで必要かつ最適なテーマに、手をかけていくんではないかと思います。

A様、気づかせていただき、ありがとうございます。

そして、すでにお申し込みの皆様も、何か気づいたり感じたりすることがありましたら、よかったらお教えくださいませ。そこを私が知っているかいないかで、また手をかけられることも、変わっていく部分もあるかと思いますので。

というわけで、『F49+、光の浄化セッション(3日間連続)』、引き続き、お申し込み、お待ちしております!

きょうも明るいほうへ  マモル