こんにちは、マモルです。

「3/17先祖解除セッション」、まだ枠は空いておりますので、よろしかったらどうぞ(※詳しくはこちら)。なお、事前の準備等があるため、お申し込み受付は、明日13日までとさせていただきますね。

そして、また新しく、今回のテーマが、なんとなく浮かんできました。それは、「孤独癖」と「修行・苦行癖」。このテーマが気になる方は、よかったらご検討くださいね。

そして、昨日のブログでもお伝えしましたが、やはり、受信設定等に関係なく、私からの返信がサーバーの方で削除されてしまい、メールが届かない、という方がいらっしゃるようです。

昨夜までにお申し込みいただいた方には、すでに全員返信メールをお送りさせていただいておりますが、やはり「メールが届いていない」という方は、申し訳ありませんが、再度ご連絡をいただければ幸いです。また、場合によっては、いただいた連絡先の電話番号に、直接お電話させていただくこともあるかと思いますが、ご了承いただければ幸いです。(※お電話させていただく場合は、土曜日か日曜日になります)

それでは、「2/18先祖解除セッション」でいただいたご感想、その6です。

今回、私の「先祖解除セッション」をお受けいただくのは、初めてのM様。

セッション後、さっそく現実が動き出したそうです。

 

【M様からいただいたご感想 ※一部整理しております】

『当日は、何時からはじまるのか分かりませんでしたが、午前中に、自分でもお線香と少しのお供え物、お茶、花をテーブルに飾って、15~20分ほどマントラを唱えて、ご先祖様に、真心からのご供養をさせていただきました。

私は、簡単なパートの他に、月に2~3回ほど、絵の教室で、子供たちに絵を教えています。先生の助手の様なかたちで、働かせてもらっています。

この日、仕事が終わってから、絵の先生に、世間話や私の悩み相談、そして、将来絵で食べていきたい!(生計を立てたい)などの、自分の心に秘めていた話を思い切って先生に伝えてみたのです。

すると翌日、先生から、「じゃあ、私メインの教室を何回か作ろうか」というまさかの話が持ち上がり、数ヵ月後には実現しそうになっています。

トントンと進んでいく現実に、驚いています。

本当は「画家になりたい」という夢があり、幼少の頃から学生時代にかけての20年ほど、毎日絵を描いていたのですが、今は少ししか描けなくなりました。もう一度描こうと絵の教室に通いだしてからすぐに、子供たちに絵を教えないか?とスカウトされ、いまは絵を教える方の先生になり、現在に至ります。

私は、自分が思っていることを素直に口に出すことが難しく、思っていることを口に上手く出せないことが多いのですが、口に出せたら、すぐに現実が動きだしました。

少し戸惑いも感じますが、「この道に進め」と言われているような気がして、目の前がすこし明るくなりました。

これも先祖供養のおかげなのかな!?と思っています。

少しですがご報告でした。ありがとうございました』

・・・M様、ありがとうございます。夢に向けての第一歩、よかったですね。

おそらくですが、「2/18先祖解除セッション」での主要な7つのテーマ(※詳しくはこちら)のうちの、⑤の変形バージョンかと思います。

なぜか緊張して言いたいことが言えない、ちゃんと自分を思いを伝えることができない・・・そうしたところに影響を与えていた、何らかの先祖の影響や呪術の解除・解放が行われた。

そして、ストレートに自分の思いを発信することができるようになったら、さっそくそれが具現化していく。

「今年は願いが叶いやすい年」と何度もお伝えしておりますが、本当に、混じりっけなく純粋な思いであれば、“願えば叶う”“声に出せば現実化する”のですね。

ただ、M様の場合は、これまでに、けいこヴァールハイトさんの各種解除セッションも何回かお受けになっているようで、一つずつ丁寧に、いろんなブロックを外し続けて前に進んできたことが、今回のタイミングにつながったのだと思います。

おそらく、M様にとっての「絵」は、魂が求める今世のテーマなのでしょう。

そしてそこに、ご先祖様からの後押しも動き出してきた。

後は、この流れに乗って、真摯にとりくんでいきさえすれば、どんどん夢の実現につながっていくのではないでしょうか。

M様の描いた絵、ぜひ一度拝見てみたいものです。応援しております!

きょうも明るいほうへ  マモル