こんにちは、マモルです。

「2/18先祖解除セッション」でいただいたご感想、その3です。

きょうも、「SEX、恋愛、結婚」テーマでのご報告です。1月、2月と連続してお受けいただいた、J様から。

 

【J様からいただいたご報告 ※抜粋です】

『今回は、セッションの後、特に何かが起きたような感じは、しばらく受けませんでした。

セッション前日は、また頭が重いような感覚ではあったのですが、このところ、体調はずっとすっきりしていない状態だったので、はっきりとはわかりません。

そして、セッションから数日たって、夢を見ました。

知り合いの男性に、「親に会ってほしいから、きょう来てほしい」みたいなことを言われたのです。

私が、「きょうは、親は仕事でいないし、家にはおじいさんとおばあさんしかいない。親がいないのに、そちらの家になんていけない。親がいないときに、そんなことできないよ」と伝えると、その男性から、「じゃあ、もう無理だ」みたいなことを言われ、うろたえる・・・、といった夢でした。

祖父母はもう無くなっているので、どうして夢の中でまだ生きているときだったのか?は、わからないです。

その後、マモルさんのメールやブログ等を読んで、「自分は本当は、今の状況が寂しいのかな・・・」などと考えています。

今から子供を作るには遅すぎですので、弟に頑張ってもらうしか、家系を継ぐ子孫を残すことはできないのですが・・・』

・・・J様、ありがとうございます。

この夢のシチュエーション、“相手の両親へのご挨拶(結婚話)を、自分から断ってしまう”というのは、もう間違いなく、恋愛・結婚ブロックに関わる解除・解放ですね。

そして、その理由が、“両親不在””祖父母在宅”にあるということは、祖父母や両親から流れ込む先祖系のエネルギーの流れ、因縁コードや呪術が、恋愛・結婚ブロックの根本原因につながっている、ということを示しています。

でも、夢で見たということは、そのあたりの解除・解放が行われたということですから。

何より、「自分は、本当は寂しいのかな⇒恋愛・結婚には関心がないつもりだったけど、実はそうでもなかったのかな」ということに、気づくことができた、ということが大きいです。人は本来の自然の状態なら、パートナーを求めていきたい思いが湧いてくるもの。もしこれまでの自分がそうではなかった、ということであれば、そもそも、何らかの原因で、不自然な状態にあった、ということです。

その原因が具体的に何だったのかは、明確なことはわかりませんが、とにかく、セッションを通じて、その原因の解除・解放に手がかけられた。そして、ひとつ、自然な状態に戻った、ということですね。

もちろん、これだけで、いきなりパートナーが現れ結婚して子宝に恵まれる、なんてトントン拍子に現実が変化していくわけではないでしょうが(もちろん、そうなれば一番いいのですが)、まずは、そこにつながっていく、一つ目のステップを踏むことができたのだと思います。

とりあえず、家を継ぐ云々の具体的なことはちょっと保留にしておいて、まずは、変化していくご自身の意識に、ぜひ注目してみてくださいね。

そしてさらに、ご感想その1(こちらのブログ)でご紹介したA様から、あらためて追加でいただいたご感想です。

 

【A様から追加でいただいたご感想 ※抜粋です】

『セッション後、なぜか現在放映中の大河ドラマに急に興味がわき、私と同年代の、ある男性俳優のファンになりました。

アイドルとか俳優とかには、子供の頃から、全く興味が持つことがなかったので、ちょっと驚いています。

また、男性のことを“かっこいいなー”と思う程度のことはありましたが、その対象は、いつも初老というくらいの、だいぶ年上の男性でした。

これまで同年代には、興味を持てなかったので、この点も驚いてます』

・・・A様、ありがとうございます。

これは、第2チャクラの調整を通じて、これまで封印されていた、“男性に魅力を感じる”という「女性としての本来の状態」が、ようやく表に出てきたということなんだろうと思います。

ファンとして心ときめかせる、そんな気持ちが、“喜び”の感情を、大きく広げていくことにつながります。そうすると、日常の小さなことや、これまでは当たり前だと思っていたことにも“喜び”を感じることができて、結果として、毎日が楽しくなっていきます。そういう状態こそが、家族円満や豊かな人間関係、さらには経済的な豊かさをも、自分に呼び込んでいきます

何より、女性は、年齢に関係なく、恋をしていると、美しくイキイキとして魅力的になります。この変化を恐れず受け入れて、楽しんでいくことで、これからどんどん、現実の方も、変わっていくと思いますよ。

J様・A様から、また大きな変化変容のご報告をいただけることを、楽しみにしておりますね。

きょうも明るいほうへ  マモル