こんにちは、マモルです。

引き続き、「1/14先祖解除セッション」で、いただいたご感想、その7です。

今回、私の先祖解除セッションをお受けいただくのは初めてとなる、K様。かなりのサイキックの持ち主です。

これまで、エネルギーワークにも熱心にとりくみ、ご自身の状況を大きく変化させてこられています。でも、家系の問題については、なかなかエネルギーワークだけでは動いていかないという実感もあったようで、今回のお申し込みとなりました。

詳しいことは控えますが、お父様との問題、ご主人との夫婦間の問題、ご自身のこれからの行くべき道・お仕事の問題(けいこヴァールハイトさん曰く、お役目のある方です)など、解決したい問題がいくつかあるご様子。その中でも、最も根幹とも思えるのが、お父様との問題でした。

以下、お父様との問題の部分に絞って、いただいた感想をご紹介させていただきます。

 

【セッション翌日、K様からいただいたご感想  ※お父様の部分だけ抜粋】

『父への怒りが凄まじいです。

一番の気づきは、私は父のせいにして、自分の人生を諦めていたんだってこと。

諦めてるつもりもなかったけど、諦めてました。

実際、父のせいである程度は嫌な思いをしてきて、諦めてきたこともあります。

3次元的に考えれば、奇跡でも起こらない限り、私は今後ものすごい大迷惑を被る可能性が高いのも事実です。

でも、その奇跡を諦めたくないと思いました。

父がああだからといって、自分の人生の幸せまで諦めたくない。

奪われたくない。

どうせダメだと諦めたくない。

そんな風に思いました。

だからといって、父に何かするとか言うとかではなくて、ひたすら自分に集中しようという気持ち。

今までより、とても静かで強い自分がいます』

 

・・・このご感想を受けた後、しばらく待って、21日すぎたのちに、私からお送りしたメールがこちら。

 

【私からK様にお送りしたメール】

『もう、“怒り”は、だいぶ収まられましたでしょうか?

K様の中に押し込められていた“怒り”を解放するには、やはり一度大きく噴出させる必要があったのだと思います。

時間とともに落ち着いてきているとは思いますので、“怒り”が放出された後の穴に、ぜひ“自分への愛”を注いであげてくださいね。K様なら、十分できるはずですので。

もうセッションから3週間(21日)がすぎましたし、今の感覚で、前の自分を振り返ってみると、“ああ、そういえば、何か変わってきているかも”と、気づくところがあるかもしれません。

そうしたところがあるとしたら、おそらくそこが、これまでエネルギーワークをしても、なかなか変わらなかった部分について、大きく変容させていくカギになると思います』

 

・・・そして、その返信として、いただいたメールがこちら

 

【K様から頂いたご返信】

『ものすごい怒りは、おさまりました。

マモルさんからのメールにあった、押し込められていた怒り、、、というくだり、本当にそうだと思いました。

いつもいつも、父への怒りを押し込めてましたから。

それで、その膿み出しが終わった今、父のことを考えたときに、感覚が前と全然違います。

怒りがありません。

父のことを、嫌いになったとか、好きになったとか、そういう感情は全くなくて、【無】なのです。

いい意味で、どうでもよくなったというか。

父の現状が何か変わったということではないのですが、変わってないのに、なぜか大丈夫になったというか、説明が難しいですが、距離ができたのでどうでもよくなって、関係無くなったというか。

自分の現実は自分次第だと、エネルギーや潜在意識のことを勉強しはじめてから、わかっていたつもりでしたが、それでも今まで、父の現状が変わらなければ、私は幸せになれない=自分の幸せは父次第だと思い込んでいたことに気づきました。

とにかく、父に関するネガティブな感情があった場所に、ぽっかり穴があいた感じで、あら、この穴はどうすればいいのかしら?と思っていたら、マモルさんからちょうど、【“怒り”が放出された後の穴に、ぜひ“自分への愛”を注いであげてくださいね。】とメールをいただき、なるほど、と。

それでですね、その自分への愛の一環だと思うんですけど、怒りがおさまると同時に、実は現実がちょっと動きまして、あるスクールに通うことにしたのです。

私には小さいころからの夢、というか、何でも叶うならこれしかないだろうというのがあるんですけど、いろいろ種類があって、どれで叶えるかがわからなかったのです。

ここからは全て例え話ですが、医療に関わる仕事をしたいとわかってはいるんだけど、医師なのか、看護師なのか、薬剤師なのか、わからなかった感じです。

で、親からの影響などで、看護師を選んでいたけれど、どうも違う。

エネルギーワークをすすめていくうちに、看護師は辞める流れになり、今は無職に。

そして、やっと、「医師になりたいんだ!」とわかったんだけど、今度は何科なのかがわからない。

なんとなく、過去の自分が慣れ親しんだ、(例えば)皮膚科かなあ、、、と思ってその勉強をするも、しっくりこなくて、進まなかった。

が、今回のセッション後に、いきなり【脳外科だ!!!】とわかった感じなのです。(あくまで例え話です)

今度通うスクールは、その脳外科医になるためのものです。

もう、とりあえずそれしかない。

今まででてきた、何の仕事よりもしっくりくる、と、今は思っています。

その証拠、というわけではないですけど、今までの人生で、「これ、無駄だったな」と思っていた経験が、その脳外科なら活かせるということがわかったからです。

ここで活かすために、あの経験をしていたのかあ、、、みたいな。

ただ、【え〜〜!! 脳外科かあ、、、、無茶苦茶難しいし、私がこの歳からできるのか???】という不安もでてきています。

脳外科医になるだけならなれるだろうけど、実績を残せるだろうか。多くの人々を癒すことができるのか。とか。

でも、やるしかないな、他にやりたいことないし。という感じで。

なので、次回の「先祖解除セッション」では、そのあたり、不安を払拭して、もっと前に進めるようになると嬉しいなあと思います。

本当にありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いいたします』

 

・・・K様、ありがとうございます。

今回の場合、お父様、そしてお父様をとりまく現実は、何も変わっていません。「問題」だと思う事実は、何一つ改善されてはいません。

でも、それが「問題」ではなくなった。

それこそが、「1/14先祖解除セッション」のテーマでもあった、“怒りの解放”に伴って、K様に起こった変化です。

どんな問題も、その人が問題だと思わなければ、別に問題ではない。

当たり前のことですが、それがなかなか難しい。

でも、先祖から流れ込む様々な因縁コードの解放や呪術の解除によって、自分の中にある“怒り”のもとがほどけていくと、それが自然とできるようになっていく。

もちろん、様々なエネルギーワークの下地があったK様だからこそ、すんなりそういう境地に移行できた、というところはありますが、それだけ、先祖がらみのネガティブエネルギーの解放は、大きな変化変容につながりうる、ということなのですね。

そしていま、K様は、自分の目指すところをしっかりと見つけ、踏み出されました。

それは、自分の中にあった余計なものがなくなり、より“本質”に戻ることができたから。それにより、止まっていた流れが、動き始めたから。

この流れはかならず、大きな変化変容と、ご自身の夢の実現、今世のご自身の役割の果たしへと、つながっていくはず。

そして、K様は、さらなる加速を期して、また「2/18先祖解除セッション」を、お申し込みくださっています。

どこまでご期待に沿える結果につながるかどうかはわかりませんが、ベストを尽くさせていただきますね。

本当の自己実現にむけて動き始めたK様を、これからも応援させていただきます。

ありがとうございました。

きょうも明るいほうへ  マモル