こんにちは、マモルです。

引き続き、「1/14先祖解除セッション」で、いただいたご感想、その6です。

「先祖解除セッション」をお受けいただくのは、今回が初めてとなる、J様からいただいたご感想。

 

【J様からいただいたメール ※抜粋です】

『セッション前日は、風邪かな?と思うような頭の痛さや症状がありました。

また、当日の朝は、テレビを見ていたら画面が緑になってしまい、チャンネルを変えても画面が復活しない・・・そんなことが起こりました。テレビが古いのかもしれませんが。

その後、変な夢を見ました。

近所の駅の出口なのですが、見慣れない場所が見えて、「こんなところあったっけ?」って思いながら出ていくと、変な団体に勧誘されて、よく覚えてないけど、近代的な刑務所?悪い人が人質を入れておくところ?偉い人に選ばれた人が変なところに送られていく?ような、変な夢を見て、疲れてしまいました。

話は少しそれるのですが、7月からけいこヴァ―ルハイトさんのいくつかのセッションを受けさせて頂いたのですが、それから仕事でありえないミスを何度も連発。すっかり職場での信用を無くしてしまい辛い毎日です。

あまり人生が好転してないように感じるのは私の努力が足りない、またはすべきことを怠慢でしていないからでしょうか。

正直、何もする気になれない、何に対しても喜びを感じない毎日です。

実際のところ、生きづらい理由がわからないのが辛いといったところです。

どうして自分は他の人に認めてもらえないのか、バカにされるのか、人ができることができないのか。

なにか解決の糸口があると分かれば幸いです』

・・・J様、ありがとうございます。生き辛いという気持ち、大変ですよね。

まず、夢の話ですが、これはもう、端的に言って、争いに負けたり、騙されたりして、捕らえられたりして、ひどい目にあったご先祖達の体験を、メタファーとしてなぞったものです。昔のことですから、無実の罪で投獄されたり、理不尽な暴力を受けたり、ということもあったでしょう。

そうしたご先祖様の無念の思いや、どうせ自分はこういう目に遭うんだ、自分はダメな奴なんだ、悪い奴なんだ、という諦めの思い、ネガティブエネルギーみたいなものが、複雑にからまったコードとなり、J様にまとわりついている。

でも、夢でそれを見たということは、そうした先祖からの因縁コードの解放が、始まってきているという証拠ですから。

そして、けいこヴァールハイトさんの遠隔を受け始めてから、仕事等でいろいろミスを起こすようになったというのは、まさに”膿み出し”で、自分自身の中にあったネガティブな部分を、どんどん外に解放していくのに伴って起きている現象ですね。

実際、メールをやりとりさせていただくと、J様は、両親からも「お前は悪い子だ、いけない子だ」みたいな扱いを受けて育ってきたそう。そして、「きっと前世でもろくなことしてこなかったに違いない、だからこんなに現世はついてなくて何やってもダメなんだ。これは償いなんだ」と、勝手に思い込んでいる部分があったそうです。

自分でもそれだけ自覚できるほど、ネガティブで強い思い込みを持っていたわけですから、さすがにちょっと、時間がかかるかもしれません。

でも、今回しっかり、風邪のような悪寒という形での体感があり、夢での知覚もあったということは、いよいよこれから、上向いていくはずですから。

そして、努力が足りないのではないかとか、怠慢なのではないかとか、自分を責めるのは、もうやめましょう。

むしろ、「そんな因縁を背負ってきたのに、ここまでよく頑張ってきたね、たいしたもんだよね」と、自分を褒めてあげてください。自分を愛してあげてください。

ありがちな言葉かもしれませんが、自分を愛していない人が、他人から愛されるわけがありません。自分で自分を悪く言う人が、他人からよく言われるわけがありませんから。

「喜びを感じない毎日」とありましたが、それでも、これをしていれば幸せ、これをしていると気分がよくなる、ということが何かあるはずです。ぜひ一度、思い切りハメを外して、朝から晩まで、好きなことに没頭する、そんな一日を設けて、思い切り楽しんでみてはいかがでしょうか。そして、気分が沈んだり落ち込んできたりしたら、そのときのことを思いだしてみる。それだけで、気分はあがってくるはずです。

そして、J様は、今回も続けて、私の「先祖解除セッション」を、お受けいただいています。ありがとうございます。

また一歩、必ず前に進むはずですから。

いいご報告をいただけることを、楽しみにしていますね!

きょうも明るいほうへ  マモル