こんにちは、マモルです。

来週火曜日の「2/18先祖解除セッション」を前に、さっそく、いろいろ事前のご報告をいただいています。特に、”親子・家族間の関係の修復”のような現象が、何人かの方に起きているみたいですね。もちろん、まだ数日ありますので、これからまだどんなことが起きてくるか・・・私も楽しみやら怖いやら、です。

さて、引き続き、「1/14先祖解除セッション」で、いただいたご感想、その5です。

3回目となる、C様からいただいたご感想。

C様は研究職の方。日々業務と真剣に向き合うとともに、業務にも関係するご自身の夢の実現のために、エネルギーワークにも真摯に取り組んでおられます。そして家庭では、よき妻、一児のよき母でもあります。

ただ、一昨年、第二子を授かったものの、いろいろ不幸が重なり、その子をその手に抱くことは、叶いませんでした・・・。

今回は、家系のお掃除とともに、その子の「一周忌」の供養にもなればと、お申し込みくださいました。

 

【C様からいただいたメール ※抜粋、少し内容を整理しています】

『毎度ですが、セッションの4日前ぐらいから、子供に高熱がでました。

すぐ下がったのですが、その後も上がったり下がったりで、下痢になったり等、体調が不安定でした。セッション3日後頃から、回復しました。

そして、当日の朝、久しぶりに、見た夢の内容を、覚えていました。いずれも、今の現実を、反映した夢だなという感じです。

●過去に付き合っていた方が、幸せそうに旦那と過ごしている私を見て、羨ましそうにしている。

●空のベビーカーをもって、ベビーカーの入る大きめのトイレに入る。少し汚れているが、目をつぶれる程度。待っている人がいるかもと早く用を足そうとするが、なかなかでない。そのうち、なぜか隣のトイレとカーテンの仕切りだったようでそれが開き掃除のおばちゃんに「あらごめん」といわれる。

●現実とは全く違う別分野の研究をしていて、ラボを間違えたかも?と、夢の中にいながら思う。でも所属はここだが、研究そのものは、興味のあることをやらせてもらっているのだったと、夢の中で気づいている。やめようかどうか迷っているが、あと少しなのだから、結果に関係なく、やりきろうと思う。

当日は、なぜか朝から背中上部が重く、こっていて、つらかったです。

日中は仕事でミスして、いつもならそこまで落ちこむ内容ではないのに、かなり落ち込みました。

ただ、夕方には、帰り道で、「あせっても仕方ない。いい勉強をさせてもらったと思えばいい。今いる子供と、研究の成功、どっちが欲しいかという質問には、迷いなく子供。リラックスして、家族と楽しく過ごし、今したいことをして、研究もあせらず一つ一つ丁寧にしていこう」と思えてきて、割り切った気持ちで、すっきり帰宅できました。今もその気持ちが、維持できています。

セッション後は、私も2~3日、きつめの腰痛がありました

あと面白かったのは、物が行方不明になることはそんなにないのですが、セッションの4日後、1年間ずっと行方不明になっていた、第一子を出産したときのお守り(義母からもらった天然石のブレスレット)が、いつも使っているエプロンのポケットから、ひょっこり出てきました。

第二子のときもお世話になろうと思っていたのに、紛失してしまっていたものです。

また、同じ日に、3か月くらい行方不明になっていた、子供のミニカーのおもちゃが、押し入れから出てきました。

その夜から朝にかけては、今回のセッションに関わっていそうな、質の違う夢を、たくさん見ました。

●別の世界(宇宙っぽい)で、そのときの相方とともに敵につかまり、相方の死を見送って、自分もこれから死んでいくんだ、と思っているという夢。この夢は、何度かパターンを変えながら、再生されました。

●たくさんの荷物を背負って、川か運河のようなところの中を下りながら家に帰ろうとしていて、難所にあたったが、通りがかりの昔の同級生に少しだけ助けてもらいながら、進んでいく夢

・・・このほかにも、濃い夢(トイレの夢など)をたくさんみました。

それからは、毎日のように、過去の浄化にかかわる、いろいろな夢をたくさん見ている感じです。

●旧友がエステで成功して、いい生活を送っている夢

●旦那とお寿司屋さんでイベントがあるというので食事がてら参加したところ、66000円の請求。そんなに払えないと泣きつき、その場は迷惑そうにされながらも許してもらう。何度か請求されてびくびくしている。

●大きな試験が近いのに、全然勉強していない夢

●親友と、なぜか険悪になり、帰り道一緒に帰らず、一人になる夢

などなど。

こんな感じで、なにかいろいろ動いていそうだ、と思える出来事が、たくさんありました。

今回は、先祖解除当日と数日後、1週間後と、見る夢の質の違いが感じられて、面白かったです。

やっと、受け取り上手になってきたかもなぁ、と思っています!

引き続き、またどうぞよろしくお願いいたします』

 

・・・C様、ありがとうございました。

夢も、体感も、起きる出来事も、いろいろ連動していましたね。

そして、私が一番驚いたのは、お守りとミニカーの話。

間違いなく、亡きお子さんからの、「供養してくれて、ありがとう。大事に思ってくれて、ありがとう」というメッセージですよ。

思いは、しっかり届いています。

お子さんは、ちゃんとあちらの世界に上がっていると思いますので、どうぞ悲しんだりすることなく、「あちらの世界で、元気に楽しく幸せにすごしてね。私たちも、こちらの世界で、元気に幸せにすごすからね」と、お互いに幸せでいるイメージを思い浮かべてあげてくださいね。お子さんにとっては、お母様が明るく笑顔でいてくれるのが、一番嬉しいことなのですから。

そして、夢での解放も、どんどん進んでいる様子。

おそらくですが、共通しているのは、死の恐怖、大事な人を失う恐怖、愛を失う恐怖など、「喪失」に関する恐れのブロックなのだと思います。

そして、「先祖解除セッション」では、よく、先祖のブロックが外れるのに連動して、子孫に受けつがれているブロックも外れる、と説明しております。でもこれ、視点を逆にすると、自分のブロックが外れていくことを夢で知覚したということは、先祖が抱えている同じブロックも、同時に解放されている、ということでもあります。

C様は、これまでにエネルギーワークを積み重ねてきて、もうかなりのエネルギー状態でもありますので、ご自身のエネルギーも使いながら、自分自身、そして先祖につながるブロックを、同時に解放していっているのだと思います。素晴らしいですね。

そして、何度もお伝えしておりますが、今年は変化の年、そして、“願いが叶いやすい、具現化しやすい”年回り。

たくさんブロックが外れてきた、いまの状態のC様なら、この流れにのって、どんどん進んでいけるはず。

C様、年内のうちに、嬉しい報告がいただけることを、楽しみにお待ちしておりますね!

ありがとうございました。

きょうも明るいほうへ  マモル