こんにちは、マモルです。

それでは、本日からしばらくの間、「1/14先祖解除セッション」をお受けいただいた皆様からいただいたご感想等、ご紹介させていただきますね。

今回、ご主人様とともに、ご夫婦でお受けいただいたH様。ご主人様は初めて、H様は4回目です。H様はこれまでもいろいろと体験や知覚があったのですが、今回は、初めてのご主人様にとって、大きな出来事につながりました。一部抜粋の形で、ご紹介させていただきます。

 

【H様からいただいたメール ※一部抜粋】

『先祖解除セッションのご報告です。

申し込みしてから、印象に残ってる夢が一つありまして、私は夫と子供がいて、吐血を何度もしていました。

自分がもう長く生きられない、子供たちを残して死ぬことを、憂いていました。

血を手の中に結構たくさん吐いていて、その感触が、リアルに夢から覚めても残っていました。

起きたら、鼻が詰まっていて、鼻をかんだら鼻血が一気に出ました。

夢の吐血と、朝起きてすぐの鼻血がリンクしていて、なんだったんだろうと考えてしまいました。

その日は12日の日曜日で、夫も家にいました。

すると、神社の同じお札が、何回も落ちたのです。

「こんなにお札が落ちるのは、なんかお知らせかな?」と夫が言うので、「たぶん、マモルさんの先祖解除セッションがあるからだよ」と、話していました。

そして次の日の、13日の夕方のこと。

お正月に飲んで残っていた日本酒が目に入り、無性に飲みたくなったので、私一人で、晩酌してました。

普段は、日本酒は飲まないのです。

でも、その日は、日本酒が美味しくて、思わず「美味い」って言葉にしたとたん、涙がぽろっとでました。

なんだか、私ではなく、誰かが私の体を借りて、飲んでいる気がしました。

私の先祖ではなく、夫側の先祖がふと浮かんで、なんだか近くにいる感じがしました。

そして、その日の夜。

夫の母から電話があり、「おばあちゃん(夫の母方の祖母)が、今日の夕方亡くなった」と言われたのです。

マモルさんの先祖解除セッションの日となった14日は、祖母のお通夜でした。

実は、夫の母も、13日の祖母が亡くなった日、胸騒ぎがして、老人ホームに行ったんだそうです。

たまたま行ったその日に、様態が急変して、そのまま亡くなったそうです。

「親の死に目に会えて良かった」と話していました。

夫は、マモルさんの先祖解除セッションのおかげで、ご先祖様がお母さんに伝えてくれたんだろう、と言っています。

おばあちゃんが亡くなったと聞いた時に、12日からの出来事が繋がりました。

私の吐血の夢と朝の鼻血に関しては、私の先祖の何かかもしれませんが…

私と夫、どちら側の膿み出しなんだろう?とわかりにくいところもあったので、次は、一人ずつ受けた方がいいかな、とも思ったりしています。

その週は、お葬式で慌ただしく過ごしていて、“膿みだし”という感覚を実感したのは、次の週からです。

だるいし、無気力、ときどき頭痛、という感じでした。

夫も、頭痛や、突然の体の痺れとかがあったみたいですが、長引くことはなかったです。

今回のセッションでは、夫側の先祖について、大きく出た感じがします。

しかも、ご先祖様が良い方向に動いてくれたのではないか?という感じがします。

夫も、これから定期的に受けたいと言っております。

私も、自分のご先祖様が、陰ながら支えてくれてることに気づかされ、浮かばれない先祖様を、これからも解放していかなければ、と思った次第です。

ありがとうございました。』

 

・・・H様、こちらこそ、詳細なご報告、ありがとうございます。感謝申し上げます。

大変でしたね。

でも、今回、ご主人様のおばあ様は、寿命だったと思いますし、お話を聞く限り、やすらかに逝かれたと思います。

そして、ご先祖様のご手配があって、お母様は、おばあ様を見送ることができた。亡くなられたことは残念ですが、それは本当によかったことだと思います。

たぶん、ご主人様のご先祖様の中に、かなりあちらの世界で、高いところにいらっしゃる存在、ありがちな言葉で言うと、“霊格の高い存在”がいらっしゃるのではないかと思います。その存在が、今回のセッションと連動して、いろいろ動いてくださったみたいですね。

そして、H様は、もちろんもうご主人様の家系の一員として迎え入れられていますから、今回は、ご自身の家系のお掃除だけでなく、ご主人様の家系のお掃除の方も、H様のエネルギーをより多く使うような形で、進めることになったのでしょう。その分、ご主人様の肉体的な膿み出しは、軽く済んだのかもしれませんね。

仰る通り、最初の夢と鼻血については、H様ご自身の家系の中に連なる、なかなか幸せな家族の状態が形成されていかないような流れの解放。こちらはこちらで、しっかりお掃除は進んでいます。

そして日本酒の件については、感じられた通り、H様の身体を通じて、ご主人様のご先祖のどなたかが、お酒を楽しまれたのでしょう。もし、亡くなられたおばあ様がお酒好きだったということでしたら、最後の晩酌を楽しむために、ちょっとお邪魔していたのかもしれませんね。

そして、この日本酒を、しみじみ「うまい」と思う感覚は、そのまま、「ああ、こんなにおいしいものを味わえるなんて、生きているって素晴らしい」という、“生の喜び”を、あらためて噛みしめる感覚・体験につながっていきます。

さらにそれは、もしH様の中に、ときおり「もういいや、どうだっていいや、別に死んだっていいや」と思うような、無気力だったり、諦めのような感覚がでてくることがあるとしたら、そういう感覚を解放することにも、つながっています。

こんなにおいしいものを飲めるなんて、生きてるって、それだけでもとっても素晴らしいじゃないか、と思えるようになっていくと、多少のしんどいことや辛いことも、「生きてるだけで丸もうけ(by明石家さんま)」的な感覚で、あまり悩みもなくなり、のりきっていけますよね。

今回の体験、ただ単に、ご先祖様が身体を借りただけではなくて、そういう大事なことも、あわせて伝えようとしたんじゃないかな、とも思いますよ。

そして、この場を借りて、H様、ご主人様には、あらためて感謝を申し上げさせていただきます。

なぜなら、こういうケースでは、人によっては、「先祖解除セッションなんて、そんなことバカなことをしたから、おばあちゃんが亡くなってしまったんだ」という気持ちになってしまうことも、決してありえないことではないからです。

それを、「セッションを受けていたからこそ、ちゃんと見送らせてもらうことができた」と言っていただいて、そんな風に信頼していただけていることが、私にとっては、大変うれしく、ありがたいことでした。重ねて、御礼申し上げます。

これからも、そんな思いにしっかりお応えしていけるよう研鑽を積んでいき、より多くの方に対し、何らかの貢献をしていくことができればと思います。

そして、話をH様のことに戻していきますと、もちろんまだまだ、いろいろお掃除をしていくところは多々あると思いますが、ご夫婦ともに、だいぶいい形で、ご先祖様のサポートが入ってきつつあると感じます。

今年は、いろいろと変化が起きやすい年。願望を叶えやすい年。

ご先祖様のサポートがあるということは、良い変化の方により乗っていきやすくなりますので、ぜひいろいろ、何かしら新しいことや、やってみようと思っていてなかなかやれていなかったことに、とりくんでみてください。とんとん拍子に、物事がうまくいくようなことも、あるかもしれませんよ。

H様ご夫婦の、今後のご活躍・ご発展を、心より祈念致します。

では、明日もまた、いただいたご感想、紹介していきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル