こんにちは、マモルです。

大変申し訳ありませんが、来週行う「1/14先祖解除セッション」については、満員御礼につき、すでに受付を締め切っております。ご希望の方には大変申し訳ありませんが、また来月も行う予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、引き続き、前回の「11/14先祖解除セッション」で、いただいたご感想をご紹介していきます。

今回は、セッションの後に見た夢のお話です。

【A様からいただいたご感想】

『14日の先祖解除セッション、ありがとうございました。

続けていくつか不思議な夢をみたので、報告させていただきます。覚えているのは、わずかなんですが。

① 14日。ホタルを見つけて、きれいだなと思って眺めている。すると近くに飛んできて、よく見ると、蛍光色した蜂のような虫に変わっている。怖くて避けていたら、目が覚める。

② 15日。なぜか中学時代の同級生と、その兄が出てくる。その兄と私は、付き合っている関係のよう。三人で話したりご飯を食べたり、楽しくすごしている。でも、どうやら私達は親戚?みたいで、「だめだ。付き合ってはいけないんだ」と、自分に言い聞かせている、という夢。

③ 16日。知り合いと3人で、何かの会?ツアー?に申し込んでいて、会場に行く。会場は、お寺のような?神社のような?そんな場所。中には年配の方が多い感じ。会の内容は覚えていないが、終わって、ツアーバスに乗ろうと思ったら、私だけ乗り遅れて、バスが発車してしまう。

同じ会社?のバスを見つけて、「助けて」と声をかけると、バスの中の人は、外国人ばかり。インド、ミャンマー、ネパールあたりのアジア系?言葉が通じるガイドさんに、連絡してもらい、ツアーバスを呼び戻してもらう。

もっと見ていたと思いますが、覚えているのはこれだけです。

また何かの折に解説が伺えると嬉しいです』

A様、ありがとうございました。メールでもお伝えさせていただきましたが、あらためて私の見解を。

これらの夢ですが、先祖から代々受け継ぐエネルギー影響としての、外部と縁をつないでいこうとせず、血縁や近しいコミュニティの中から出ていきたがらない部分の解除・解放に、手をかけていると思います。

①は、遠くから見ている分にはいいが、近くによると怖くなってしまう、という気持ち。恋愛ブロックでもありますね。

②は、外と縁をつなぐのは怖いので、身内だけで固まりたいけど、身内で結婚はできないし、というジレンマ。実際に、ご先祖様にあったことの追体験なのかもしれません。

③は、これもまた、自分の身内、気心の知れたよく知っている関係の人以外は、とにかく無条件にこわい、という恐れの気持ち。

いずれにしても、あんまり社交的・外交的ではなく、身内、もしくは気の合う人たちとだけ関わっていたいという気持ち、外の世界とつながることを恐れ、内側の狭い範囲の世界に閉じこもりがちな思いの、解除・解放につながっています。

今回のテーマでもあった「閉じ込められている御魂」のご先祖の影響のせいで、A様の中に、知らず知らずのうちに、他者にあまり心を開けず、他者の視線を恐れ、自分を小さく閉じ込めてしまう、内気になってしまう、という傾向が出てきている、ということなのでしょう。

そうすると、やはり、恋愛にしても結婚にしても、ご縁は広がっていきにくい。

でも、夢でみて、その感情を追体験しているこということは、解放が行われているということですから。

A様は、いまご自身の様々な解除・解放、そして変化変容にむけて真摯にとりくんでおられますから、変化のスピードの速い今年は、きっと大きく飛躍していけるはず。

「そうなる」と決めて、迷いなく進んでいってくださいね。応援しております!

きょうも明るいほうへ  マモル