こんにちは、マモルです。

引き続き、7/14「宇宙エネルギー遠隔・無料一斉版」でいただいたご感想、ご紹介させていただきます。こちらも、今回初めての体験報告となったA様から。遠隔翌日の朝、一番最初に、印象的な夢の話をいただきました。

【A様からいただいたご感想】

『当日は、疲れていて、遠隔が始まる前から寝てしまいました。すると、不思議な夢を見ました。覚えているのは、断片だけなのですが…

自分が住んでいるマンションのドアが開いていて、”空き巣だ!”と焦る。

管理人に伝えて、調べてもらうと、家の中で何かを探していたような荒らし方。そのとき、「ああ、“あれ”を探していたんだな」と、わかっている自分がいました。でも、何を盗られたのか、それとも、盗られていないのかは、まったくわかっていないのです。

そうしたら、上の階の住人も同じ被害に遭っていたことがわかりました。どうやら、マンション内で、いくつか起こっていた様子。

そして場面が変わり、今度は、台所で小バエが発生し、退治していました。すると、いつのまにか蝶も飛んでいて、それも退治するかどうか、悩んでいる、そんな夢でした。

もっとたくさん見たように思いますが、覚えていません。

ちなみに、けいこヴァールハイトさんに教えて頂き、過去世がらみで沖縄に来ていましたので、自宅ではなく、旅先の沖縄で受け取りました!

不思議な夢だったので報告させて頂きました。何かが解放されたのでしょうか?

またよろしくお願いいたします!ありがとうございました!』

・・・A様、ありがとうございます。これも、解放、もしくは、解放が始まった夢ですね。

夢で空き巣に入られるのは、実は吉夢です。家にあるものをきれいさっぱり持っていかれることは、そのまま、自分のいろんな「心配ごと」や「執着」を解放することにつながります。だから、どうせなら、何もかも盗まれて、部屋ががらんともぬけの殻になっている状態の方が、なおよかったですね(笑)。

で、ここでのポイントは、「ああ、“あれ”を探していたんだな」と、ご自身でわかっている点。“あれ”が具体的に何をさしているのか?はわからないとしても、ご自身の中に、“あれ”を探して取り出さなければならない、という流れが起きていたんだということでしょう。

そして、この夢を、自宅ではなく、過去世がらみの旅行先で見たということは、夢に出てきた“あれ”は、その過去世にからんで解放すべき何か、である可能性が高いです。

おそらく、空き巣も、本当は自分。

自分で、自分の部屋の中にどこかにある“あれ”を探し、見つけ出して、回収する。その一連の経過を、シンボリックに夢で見せられたのでしょう。遠隔でお送りしたエネルギーと、過去世がらみの旅が、うまくシンクロしあっての夢だったのではないかと思います。

そして、マンション内でいくつか同じことが、ということは、A様につながるグループソウルの皆さんにも、同様の解放が起きていたのかもしれません。

また、小バエを退治していたら蝶が出てきたというのは、いい方向への変化変容が進んでいることの象徴でしょう。でも、退治しようかどうしようか悩んでいるということは、それをまだしっかり受け取る準備ができていない、まだ抵抗がある、ということもかもしれません。

でも、こうした抵抗は、時間とともに変化変容が進んでいくことで、徐々に解けていきますから。あまり考え込んだりせずに、リラックスして気楽にすごしていれば、いつしか、“なんだか大きく変わっている自分”に、気づけるはずです。

というわけで、過去世の解放とからんだ、なかなか面白いA様からのご報告でした。いや、沖縄旅、大成功のようで、よかったですね。また、どのような変化変容が起きてきたとか、気づいたら教えていただけると嬉しいです。ありがとうございました。

明日も、いただいたご感想、紹介していきます!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!