こんにちは、マモルです。

先月末、「宇宙エネルギー遠隔・個人版」を単発でお受けいただいた、J様からのご感想を、2回にわけてご紹介させていただきます。

J様は、自分のことはついつい後回しにしてしまい、ずっと人のために尽くしてばかり、という方。このため、これまでもずっと、「自分に愛を注ぐ」ということをテーマに、いろいろエネルギーワークにもとりくんでこられました。

そして、ヒーラーとしてもデビューしようとしているところですが、「やるぞ!」という気持ちにスイッチが入ると、何かストップをかけるような出来事が起こる、とのこと。今回も、友人にモニターをお願いしたタイミングで、お母様が骨折し、実家にたびたび帰らざるをえなくなった、とのこと。

そんな状態をなんとかできるなら、ということでの依頼でした。

【いただいたご感想】

『遠隔の後、母が手術することになり、その後の手続き等の関係もあって、都合3回、帰省しました。

3回目に帰省した日、父から、「ちょっと来てすぐ帰るくらいなら、来なくていい」と言われて、落ち込みました。

さらに、母に、「手術について保険の手続きを調べておいて」と頼まれたので、「これを機会に、保険の整理もしないとね」と言ったところ、「お前はいつもチクリといやなことを言う。世話になっているということも、よくわかってるのに、嫌なことをいつも言う」と言われてしまい、我慢できずに、爆発しました。

両親の夫婦間の不仲の問題を、なぜ私が引き受けないといけないのか。大号泣しました。

その後、4回目の帰省をして、父母に面会したところ、母は何事もなかったかのような対応で、正直驚き、振り回された自分にがっかりしました。

よかれと思って尽くしても、自分が後回しだと、ただ自分が疲弊して、空っぽになるばかりなんだなあと。

そして、母は、自分に愛を注いでいないので、人に何か言われただけでもすぐに傷つき、そんな自分を守るために、人に攻撃的になってしまうのだと。

母は、そういう姿を私に見せてくれていたんだな、と、今、ようやく、思えています。

自分ファーストでいたいと思います』

・・・J様、ありがとうございました。

大変きつい経験、きつい“膿み出し”でしたね。でも、だからこそ、心底から腹落ちしての、「自分ファーストでいたい」という気づきにつながったのだと思います。

もう、「振り回される自分」では、いられなくなっているはずです。

そして、特に女性の方は、このJ様のように、なぜか、不仲の両親の間を“とりもつ”ような形でついつい動いてしまう(動かされてしまう)という方も多いのではないかと思います。

でも、両親の問題は、あくまで両親の問題。家族だからといって、引き受けるのが当然のことではありません。まず、自分です。

どうか皆さんも、自分を大切にしてください。自分を温めてあげてください。そこからしか、本当の自分の幸せは、始まっていきませんから。

そして、明日は、「自分ファーストでいたい」と心底から思えるようになったJ様が、新しくとりくんだことについて、ご紹介させていただきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!