こんにちは、マモルです。

『F49+、自分を好きになる徹底浄化の光セッション』、初日からお申し込みいただいた方には、「事前の祝詞浄化」、すでに4日間にわたって、とりくんでおります。いろいろご感想もいただいていて、それなりに効いてきているんじゃないかなと思っております。

さて、セッションの大きなテーマである「自分嫌い」をつくっていく要因について。

昨日のブログでは、「呪術」をとりあげましたが、きょうは、「先祖」の話。

そもそも、「先祖解除セッション」等を通じて、ご先祖様の状態がよくなることで、今を生きている子孫の自分にいい影響が出てくるとしたら。

逆に言えば、自分自身がいろいろ解除・解放されて状態がよくなっていくと、同時に、ご先祖様の状態もよくなっていく、そういう連動も、十分ありえます。

先日のブログで、「ZOOM浄化グループセッション」を経て、「自分を認めて愛することができるようになってきた」とご紹介させていただいたK子様から、その後にいただいたメールです。

 

【K子様から、9/24にいただいたメール ※一部略、文言多少整理】

『9/22のことです。

父がお風呂からあがってくるなり、「○○のおじいちゃん、何て名前だったっけ?(おじいちゃんは母の父で、○○は母の実家のある土地の名前です)」と、急に聞いてきたんです。

「えっ?忘れちゃったの?」と不思議に思いながら、「○○だよ。」と答えたら、「そうだ!」と言って、何かを探し始めました。

そして、メモを出してきて、見ながら、「やっぱりそうだ、今日、おじいちゃんの命日だよ、しかも33回忌だよ」と言うのです。

「えーっ、本当?」と思ったところ、リビングの照明が、一度消えて真っ暗になり、また、点いたのです。

テレビと扇風機は何とも無かったので、家族で、「おじいちゃんじゃないの?思い出してくれた?って、言ってるんじゃないの?」となりました。

それで、「ごめんね」と思いながら、お線香をあげて、手を合わせました。

ちょうど、そのやりとりをしていた時に、テレビで流れていたのが、“小泉孝太郎が自分の祖父のルーツを辿る”という内容のもので、「やっぱり祖父かも」と思いました。

祖父もご先祖様ですし、何かが解放され始めて、繋がりやすくなったのかな、と思いました。

翌23日の出来事です。

朝、弟の部屋(今は使っていません)の前で、小さいゴキブリが死んでいました。

その日は、もともと母方のお墓参りに行く予定だったので、行ってきました。

あらためて、祖父に謝りました。

トカゲも見ましたが、土手に咲いている彼岸花に黒い蝶々が何匹も集まり、トンボも飛んでいて、夢みたいで綺麗でした。

そして、古い時代のご先祖様のお墓にも行きました。

すると、2つの墓石の隙間から、雑草が生えてしまっていました。

引っ張ってみたら、思ったより長い根っこが、ズルズルッと、出てきたんです。

隣の墓石のも抜いてみたら、細いゴボウみたいな根っこが、またズルズルと、出てきました。

母と思わず、「長っ!」と言ってしまいました。

こういうのは、今までになかったことなので、何かご先祖様に関わることが、解放されたのかもしれないなあ、と思いました。

さらに、母は、知り合いにバッタリ会い、父に紹介していました。

この方、後で聞いたら、父方の親戚らしいのです。

父方の曽祖父が、お婿さんにくる前の実家の方だそうで、母の実家と近所で、面識があったようです。

父は生まれる前に祖父(曽祖父)を亡くしていて、その辺りは、詳しく知らないみたいでした。

そして、家に帰ってからも、色々思い出した様に、「どこどこの家も親戚にあたる」という話をしていました。

ご先祖様のことを知りたいと思っていたので、ちょこっとですが、知ることができて良かったです。

思いがけず、いろいろ話が聞けたのも、解放が進んでいるからかもしれません。

あと、早速、「ちょっといいこと」が、ありました。

化粧品が当たりました!

応募したことも忘れていたので、嬉しいです!』

 

・・・K子様、お彼岸中ならでのような出来事のご報告、ありがとうございました。

で、これ、どういうことが起きていたかというと。

おそらく、K子様がしっかり浄化され、「自分を愛し、そのまま受け入れて認める気持ち」が育ってくると、それに連動して、「ご先祖様を愛し、そのまま受け入れて認める気持ち」も、育ってきていたんですね。

それは、K子様を通じて、ご家族の皆様にも連動していきます。

そうすると、K子様、そしてご家族の皆様に、ご先祖様の思いが、届きやすくなる。

実際にメッセージを受け取ったのは、お父様でしたが。

照明が消えたのは、「やっと気づいてくれたか」という、お祖父様からのリアクションだったのでしょうね。

ちなみに、「33回忌」というのは、年忌の中でも、けっこう特別です。

「親の33回忌をすれば、子供の役目は終えた」という人もいるぐらいです。

ちょうどお彼岸でしたし、お祖父様も、思い出してもらいたかったんでしょう。

そして、翌23日のお墓参りで、雑草を引っこ抜いて、お墓をきれいにすることができた。

お祖父様、そしてお墓に入っているご先祖様皆様、きっと大変喜ばれたことと思います。

化粧品が当たったのは、ご先祖様からの御礼だったかもしれませんね。

今回は、お彼岸のタイミングということもあり、特にご先祖様につながりやすかった、ということもあるかと思いますが、自分自身の浄化、そしていろんな解除・解放が進むと、それに連動して、ご先祖様の浄化、いろいろな解除・解放も進んでいくんだ、という、実に興味深いケースだったと思います。

けいこヴァールハイトさんが、先日のブログで、「先祖解除セッションを終えたら、母から祖母や曽祖母の話しを聞かされ、”家系のツボに何かあったんだろうなあ”と思った」という感想を述べていましたが、まったく同じようなことが起きています。

K子様、たぶんこれから、ご先祖様とのつながりを大事にしていけばいくほど、いろいろなサポートが受けられるようになっていくと思いますよ。

そして、今回の『F49+、自分を好きになる徹底浄化の光セッション』でも、またさらに大きな展開につながっていくことは、十分ありえるかと思います。

そんなご報告がいただけることも、楽しみにしております!

きょうも明るいほうへ  マモル